蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

雨の中頑張りました

尾花沢市福原地区のクロスカントリースキーのスポ少の皆さんに来ていただきました。
今回は小学生中心で、体力強化の目的で熊野岳への登山をすることになっていて私が案内することになっています。
今冬1月に坊平であったXCスキーの県大会の時には中学生の皆さんが宿泊し、その時来られた父兄の方々が今回もいらしていました。

午前9時30分、ペンションから歩き始めます。
私が先頭、続いて子供たち、そして父兄の方々と続きます。
最初は子供たちのおしゃべりが楽しそうに聞こえてきました。
雨も降ってるのにさすがに子供たちは元気です。


1379460865.jpg
草の刈り終わった青い鳥コースを登ります。

 


1379460889.jpg   
お清水の森の中の急な登山道を登る頃、子供たちの声が聞こえなくなりました。

 


1379460912.jpg 
 御田の神付近の木道、夏の間、さまざまな花が楽しませてくれましたが、今はわずかにリンドウがあるだけでした。  

馬の背まで来ると、近づく台風の影響で風雨は背後から激しさを増します。
私はちゃんとついてきているかどうか時々振り返るのですが、いつもぴったりとついていて待つことはありませんでした。

 

 1379460941_201406131342446ec.jpg
こんな天候の中でも、お釜は見ることができました。

熊野岳の山頂に立ち、避難小屋内で休憩した後、下山を始めますが、向かい風なので雨具のフードを抑えていなければなりませんでした。
雨はずっと降ってましたが、ライザのゲレンデに来るころ、皮肉にも雨がやみ青空ものぞきました。
しかし、皆さん雨の中頑張りました。
今日の頑張りが、XCスキーの大会での結果に繋がっていくことでしょう。
お疲れ様でした。

翌日も同じコースを歩く予定でしたが、折からの台風の影響で風雨も増し登山どころではありません。
体育館での練習後、昼食を食べてお帰りになりました。

尾花沢福原地区の田んぼアートご覧ください。
立体的なのがじぇじぇじぇです。 hisa

[ 2013/09/16 22:25 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する