蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

冬のシーズン最後のお客様

wさんファミリーのスキーは10年ぶりになります。
その時は乳児から小学生4人のお子さんを連れてのスキーでした。
小学生の子供たちはハイジのスクール、大人は自由に滑っているというのが何年か続きました。
Wさんご本人は、さかのぼること三十数年、小学生の時にも来ているのです。

今回、4姉妹のお子さんたちも小学高学年から大学生と成長し、その長女のMさんの大学入学祝いを兼ねてのスキー旅行のはずでした。
しかし直前に大学での行事が入り、残念ながら本人は不参加になってしまったのです。
お子さんたちはとても楽しみにしていて、昨夜はゴーグルをして寝たそうです。
そして3日間、天気にも恵まれて楽しみました。
「来年も来ようよ!!」子供たちにせがまれて、嬉しい悲鳴のお父さんでした。


CIMG0011s_20150406052552bc9.jpg
大満足の笑顔のみなさん、これから温泉に入り、神奈川の藤沢まで帰ります。
有難うございました。


1月のFISの大会に引き続き、スキーシーズンの最後を飾るFISジャイアントスラローム大会のため岩手県の選手の皆さんにも来ていただきました。
今回も盛岡周辺の4つの高校の皆さんです。
中でも人数の多い中央高校は、八幡平での合宿を終えての参加です。
昨年は雪不足で大会ができなかったのですが、今年は雪もたっぷり、男女合わせて120人の選手の皆さんが健闘いたしました。

20150403-1.jpg
大会の日の朝食は6時から・・・たくさん食べて頑張ってくださいね。

2週間後、今シーズンの最後のレースが八幡平であるそうです。
今回以上にいい滑りをし、来シーズンに繋げてください。


FISスキー大会は、ルール通りの運営をしているかをSAJの立場から派遣されたTD=いわゆる〝技術代表〟に委ねています。
今回は韓国のchung in subさんがTDとして派遣され、うちに泊まられました。
昨年も韓国の方で通訳付きでしたが、chungさんは日本語も達者で困りません。
食事も毎回喜んでいただけました。
chungさんをお見送りして冬のシーズンのお客さんが終了しました。

この冬お出でいただいた皆様、有難うございました。 hisa
[ 2015/04/04 23:20 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する