蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

落雪システム おみごと君 レビュー

朝起きて外を見ると、屋根の雪が通路に落ちていました。
昔は滅多に通路に落ちる事はなかったのですが・・・
夜のうちで良かったです。

CIMG0001s_2014120513573054c.jpg


 
除雪は昨日の続きで、傾斜の緩い食堂の屋根の雪下ろしです。
除雪機のご機嫌を伺いながらやっていましたが、大丈夫そうなので一気に落とす事にしました。
雪が重くて大変です。 
CIMG0003s_20141205135732d17.jpg 



なんとか一通り除雪が終わった所に、部品が入ったからと除雪機を取りに来てくれました。
町まで下して修理するのです。
CIMG0013s_201412051357359a5.jpg 



湿った雪で気温も低くないので屋根の雪は自然に落ちました。
軒先に残った雪を落としています。
CIMG0018s_20141205135829a27.jpg 



三角屋根の上にはトトロのネコバスみたいな雪が残りました。
CIMG0005s_20141205135729f95.jpg




又雪との戦いの冬が始まります。
屋根の上にこんもり乗った雪は絵になってペンションとしてもとても良い景色なのですが、たくさん積もると落とさなければいけないし、落雪時の危険も心配しなければいけません。
最近の傾向として寒暖の差の激しさが有り、屋根の上で青氷になった雪が気温が緩んだ時にとてつもなく遠くまで飛ぶ事があるのです。
そんな心配をなんとか解消したいという思いで昨年屋根の上にヒーター線の入った「おみごと君」なる物を取り付けました。

CIMG0008s_2014120513573374c.jpg


しかしこれは使い物になりませんでした。
12月初めに取付け、1月中旬埋もれた雪を取り除きパイプを握りしめてみたらなんと暖かいどころか凍傷になりそうなほど冷たかったのです。
65度までパイプを熱し雪を解かすというふれこみでしたが握りしめたパイプのどこにも暖かさは感じられませんでした。
納得がいかないので説明を求めると、想定外(外気温が)と言う言葉が返ってきました。
ヒーター線の熱で雪を解かす事ができないのなら、それは雪割以下です。

yukiwari_2014120513583189b.jpg 
雪割りの付いた雪国(豪雪地域)の屋根

私達は10年の実証実績という謳い文句と、パンフレットに書かれていることを信じて取リ付けてもらいました。
これを外気温などの説明も一切なく、想定外だとか65度にならないケースもあるようですとか、後から言いますか?
その他にも色々ありましたがもう一つ、ひと冬無人だった隣家の屋根と比較した写真を印刷してきて、おみごと君の効果で雪は落ちていると言われました。
これには開いた口がふさがりませんでした。事前に隣家と比較することのないよう言っておいたにもかかわらずです。工事前に設置例の写真をたくさん見せてもらったので、いつかうちも次なるお客さんの説明に使われるかもしれない、〝それはまずい!〟との思いがありました。
人の住まない家の積雪の凄さは雪国に暮らしている人にとっては周知の事実です。

私達はパイプが暖まらない事にはいずれにしてもおみごと君効果は期待できないと判断し、1月下旬におみごと君の電源を切りました。


私達がもらったパンフレット及び当時のホームページには
自己制御式サーモヒーターが入っています。パイプの温度が積雪により5度C以下になると自動的に通電し、パイプを65度に熱して雪を解かすので経済的で安全です〟
 と書かれていました。

おみごと君の会社ボックスブレインは、ヒーターの中にサーモスタットがついていると力説していたのですが、ヒーターの中にはサーモスタットなど付いていませんでした。
65度C以上になると安全制御が働いてそれ以上温度が上がらないようにする・・そういう意味だったのです。

これは、ど素人の私達が一生懸命調べる中で分かったことでした。
ボックスブレインは完全に勘違いをしておみごと君を売り出していました。

私達の指摘により現在は
〝このヒーターは65度以上になると自動制御がはたらきこれ以上温度が上がらないため安全です〟
に書き替えています。以前の文言と違う事は明記されていません。 

-------------------------------------------------

ある時「外気温が何度の時にパイプは65度になるのですか?」と質問しましたが答えは返ってきませんでした。
そういうデータは一切持ち合わせていないようでした。
しかたがないので自分達でできる範囲で実験してみました。

2014.9.4 晴れ 外気温約20度

CIMG0052s_20141206100151784.jpg


IMG_0002s_201412061001520fc.jpg 

 
温度計を差し込みました。
CIMG0055s_2014120610015394a.jpg  



2時間経過した時点で29度まで上がりました。
CIMG0056s.jpg

その後30分しても温度に大した変化がないので実験はここまでとしました。
外気温20度でこんな感じですから、氷点下の外気温で、まして金属パイプでは本当に温度を上げることができるのか疑問に思いました。
冷え切ったパイプが雪に埋もれ、何時間経ったら何度まで温度を上げることができるのでしょうか?そういう事が知りたいですね。積もった雪を熱で割るのがおみごと君本来の仕事なのですから。

雪国で雪に苦労している人達に商品を売るのなら、商品の事をしっかり勉強して、データーを集め、正しい情報の元売って欲しいです。会津で通用していた物が山形でも又蔵王でも通用するのかも含め。
普通は一連の事をクリアして商品を売るのが筋だと思うのですが・・・
(おみごと君のヒーター線は西都電機で扱っている物だそうで、会津の会社が扱っている物とは違うとの事です。違いは分かりませんが念の為)


さて除雪機も直ってきました。おそまつ君などあてにせず雪かきに精を出します!
[ 2014/12/05 15:30 ] 日常 | TB(-) | CM(4)
初めまして。設置を検討していた者です。
この会社、肝心要の部分をとんだ勘違いをして商品を売っていた訳ですね。
企業として大変恥ずかしい事ですね。
当時の宣伝と違う物が屋根に取り付けられた事になりますが、割引とか返金とか部品交換とか・・・なにかしてくれましたか?
[ 2015/01/08 11:39 ] [ 編集 ]
こんにちは。コメント有難うございます。
私達は質問、解答のやり取りの中で、せめて謳い文句通り5度C以上の時は通電しない様サーモスタットをとりつけて欲しいと要望しました。
それに対して「当社の手違い、思い違いで誠に申し訳ありませんでした。 唯し、電気料金につきましてはつけっぱなしの状況での料金計算としておりますので、仮にサーモスタット機能が無いからと言ってなんらかの被害が発生するケースは一切考えられませんので、その対応はできかねます」 と言う解答がきました。
付いているべき機能が付いていない事自体が問題なのに、話を電気料金にふって被害がないというのです。 解答書には上記のような的を得ない解答と共に「被害がない」という言葉が何度もでてきます。
何のことかと思ったのですが色々調べていくうちに「裁判にもっていっても被害がなければ罪は問えないよ」と言いたいらしい事が分かりました。
こういう対応なので返金、割引、商品の改良など一切ありません。
[ 2015/01/09 01:27 ] [ 編集 ]
お忙しい中返信有難うございます。
いや~そうですか。
この会社、一度発信した情報に対して責任を持たないのでしょうか?
「思い違いでした、申し訳ありませんでした」で済むのなら世の中の会社やりたい放題です。有り得ませんね。

やはりマメにペンキの塗り替えをした方が正解のようですね。
[ 2015/01/09 02:00 ] [ 編集 ]
屋根のペンキの塗り替えは絶大な効果がありますね。
汚れ落とし等の下処理も必ずしてください。
しないと雪が落ちる時にペンキも一緒に剥がれやすいです。
うちは業者さんが丁寧にやってくれたので、6年経ちますが周りのペンションと比較するとまだ効果があるように感じます。
でもそろそろ塗り替えを検討する時期かと思っています。
[ 2015/01/09 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する