蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

トプコンOB会の皆さん

まだ冬の頃でした。
50年前に私が勤務していたことのある東京光学(現トプコン)のSさんから、10月の予約が入ったのです。
Sさんとは面識はありましたが、もう既に退社して50年という月日が流れていましたし、ただ、びっくりするばかりでした。
トプコンにはOB会があって、ハイキング、囲碁、俳句など色々あるようですが、今度来る皆さんは写真の会で“デジフォト”というクラブなのだそうです。

予約をいただいてからというもの、50年前を思い出しながら、会社の人達と行った楽しかった山登りの日々を回想していました。
しかし、私はその当時入会した町の山岳会の合宿に行くため休暇願を提出したものの受け入れてもらえず、早々に退社してしまったのです。
一緒に山に行っていた人達は、ペンションにも来てくれたり、100キロマラソンを共に走ったり、そして、山の会のOB会に入ることもでき、そのOB会の皆さんが来てくれたこともありました。

当日、皆さんはバスでやってきました。
Sさんとは50年ぶり、名前だけは知っていた人、そして、山の会で来てくれた人も2名、年齢的には私と同年齢の人達、まるで同窓会のようでした。
夕食後のひと時、「野口さんの山の話を聞きたい」ということで、入社してる頃から、夢中で登っていたころ、ペンションに辿り着くまでなどのお話をさせていただきました。
翌朝、私たちが起きた時には、紅葉の撮影をしに皆さん出かけていました。
本当は早朝に刈田岳まで行って日の出の撮影をする予定だったのですが、あいにく20日からエコーラインは夜間通行止めになってしまい実現できませんでした。

来ていただいた皆さんは定年までしっかり働いてきた人達、私は趣味のために4年で退社・・・にもかかわらず旧知の友のように接していただき本当に有難うございました。


CIMG0016ss.jpg  

上杉神社、裏磐梯経由で帰途につかれる皆さん、楽しい、嬉しい時間はあっという間に過ぎていきました。  hisa

topcon1.jpg 

懐かしい写真をup。 昭和38年8月 飯豊縦走     左奥が私です。
[ 2014/10/21 23:11 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する