FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

気候・地形療法

「蔵王上山、気候・地形療法」の実演講習に参加しました。

1242143209.jpg 
芽吹きが始まったクロカンコースを和やかに気持ちよく歩きます。

 


1242143218.jpg
15分位歩いては心拍数と、腕で体表面温度を測ります。
負荷をかけて歩くのではなく、160ー年齢、慣れてきたら180-年齢位の心拍数であるくのが良いとか。




1242143227.jpg  
お清水の森の湧き水で、歩いて汗ばんだ腕を冷やします。
汗をかいたら上着を脱いだりしてどんどん蒸発させ、体温を下げる(平温を保つ)のが良いのだそうです。

 
1242143235.jpg 
ドイツ気候療法士資格者 小関氏(中央)

木に手を当て上の方を見ましょう。下を向いて歩いていた腰を伸ばしフィトンチッドをたくさん取り入れましょう・・・というような説明でした。
このあと草原となっているゲレンデを、開放的な気分になって歩いて帰ってきました。

主に体力や健康に不安を感じるような方には最適な健康療法のようです。
定期的に歩くことによって、医学的にも効果が証明されている療法だそうです。
若い人も現在健康な人も、いずれ歳をとっていくのですから、こんな療法があることを心に留めておくと良いのではないでしょうか。

[ 2009/05/11 22:22 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する