蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

姥が岳まで

2日間お天気に恵まれて予定をこなしたTさんグループ、聞けば晴れ女がいるのだそうです。
帰る日は、晴れ女に期待して月山まで足を延ばしました。


1279038331.jpg 

姥が岳登山道沿いのチングルマ

晴れの神様も、「3日間は無理だぁ~」と言ったようですね。
下界では晴れ間も出たようですが、山はだめでした。
それでも雨の中、姥が岳まで登って帰ってきました。

Tさん、芝草平のチングルマは6月下旬がいいですね。
次回是非お待ちしています。

 
1279038364.jpg

Tさんグループをお送りした翌日、主人はサクランボもぎに行きました。
果樹園では、もうサクランボをもがないのだそうです。
だからジャム用にもらってきました。
今年は豊作だったのに、春先の低温や日照不足が影響して、なかなか色が付かない、酸味が多いと果樹園泣かせになってしまいました。
いつもお願いしているサクランボ農家では、頼まれている分は発送が終わり、これからの分は農協出荷用だったようですが、周りの状況からもう出荷しても二束三文、箱代にもならないということから断念したようです。
ジャムとしてはあまり個性のない佐藤錦ですが、酸味の利いた美味しいジャムができました。
サクランボ農家の苦労が忍ばれます。

[ 2010/07/12 23:08 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する