蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

蔵王アザミが咲く頃

9月に入り、台風崩れの熱帯低気圧が通過する頃からなんとか涼しくなりました。


1283871966.jpg 

やっと出かける元気が出て・・・ここは蔵王の中央高原散策路。
やっぱり直射日光を避けて日陰を歩きます。

 


1283872100.jpg 

白い花を咲かせていたマイズルソウは、たくさんの実をつけていました。

 


1283872182.jpg 

標高1500m付近にキアゲハの幼虫が一匹・・・早く蝶々にならないと秋が来てしまうよ!

 


1283872309.jpg 

シラタマも大玉、ぎっしりと実っていました。
写真を撮ろうと近づいたら、ヒカゲノカズラがまるで砂埃のように胞子を飛ばしました。

 


1283873195.jpg 

蔵王アザミはパラダイスゲレンデ付近から見られ、ザンゲ坂では登山道脇にたくさん咲いています。

 


1283872635.jpg

 ナンブアザミと似ていますが、違いは総苞と呼ばれるトゲトゲの部分が蔵王アザミは斜上するのに対し、ナンブアザミは反り返るか開出すること。
左が蔵王アザミです。
今回の目的は蔵王アザミの接写・・・でした。
ピークは少し過ぎていますが、まだ十分間に合いました。

 
1283872374.jpg 
お地蔵さんは、よだれかけが真新しくなっていました。
ふと思い出して、パラリンピックで金メダルを取った新田君と、銀メダルを取った太田渉子ちゃんの報告、お礼をしました。
二人とも、トレイルランの途中でお地蔵さんに手を合わせていましたものね。

 


1283872978.jpg

地蔵山に登ると熊野岳がすくそこに見えます。
今日はここで引き返します。
明日から暫くお天気もぐずつくようです。
リンドウが真っ盛りの山は、少しづつ秋の気配を漂わせていました。

[ 2010/09/06 22:51 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する