蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

国体が終わりました

3日間の競技日程を終え、国体は無事終了いたしました。
天気にも恵まれ、選手の皆さん、日ごろのトレーニングの成果を存分に発揮されました。
スラローム、ジャンプは蔵王温泉、XCスキーは坊平、コンバインドは両方で行われました。



20140224-2.jpg   

22日は男子10キロのクラシカルと女子5キロのクラシカルが行われました。
力走する京都の女子選手(左)です。
山梨チームは個人レースのみでしたので、この日で帰られました。
記録的な大雪で、山梨県を出発すること自体大変な中での参加、本当にお疲れさまでした。




20140224-1.jpg  

23日は女子リレーとコンバインドが行われました。
前日にジャンプを行い、きょうは2.5キロを4周するコンバインドは、ノルディック複合とも言われています。
力走する京都の選手です。

 

20140224-3.jpg  

23日の朝食後、監督がいきな計らいをしてくれました。
記念写真ですが、私たち夫婦が京都のウェアーを着て中央に陣取っています。
さしずめ、1日監督ならぬ、3分間監督?というところでしょうか。

 

 

24日は少年男子と成年男子の10キロリレーです。


20140224-4.jpg

少年男子のスタート直後、熾烈な争いの始まりです。
地元の子供たちの応援も選手の皆さんを元気づけてくれます。

 

20140224-5.jpg 

このあと、10分して成年男子もスタートしました。

 

20140224-6.jpg  
京都成年男子(右端69番)



20140224-7.jpg
京都少年男子

京都の選手の皆さんは、3大会のハシゴで25日間の日程を終えられ、午後元気に帰途につかれました。
上位入賞こそできませんでしたが、来年への大きな足掛かりになったと監督がおっしゃっていました。
皆さん、お疲れ様でした。



20140224-8.jpg

開催地として・・・
暴風雪で埋もれてしまった雪だるまの作り直しを、自衛隊の皆さんが手伝ってくれました。
応援ののぼり旗は、地元の高校生が絵や言葉を描いてくれました。


20140224-9.jpg  
可愛いキャンドルは、地元の小学生が作ってくれました。

競技を支えてくれた大勢の皆さん、有難うございました。
そして役員の皆さん、お疲れ様でした。

 


[ 2014/02/24 23:10 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する