蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

蔵王縦走と番城山

 山登りが目的でTさんグループがいらっしゃいました。
Tさんは今年85歳になりますが、月1度の山行を欠かしたことはなく、それもご自分で企画され仲間を募る、所属する山の会の中心人物なのです。
ペンションに来るようになってもう30年は過ぎました。
お孫さんとスキーに来られたり、もう蔵王の四季を知り尽くしている方でもあります。


初日は熊野岳から地蔵山へとスノーシューで歩きました。
三日前までは大きな厳冬期の樹氷でしたが、すっかりと春の景色に変わってしまいました。


1298602870.jpg
御田の神付近の樹氷は健在でした

 



1298603023.jpg
 熊野岳への途中 お釜をバックに





1298603161.jpg  
熊野岳の頂上で記念撮影

 



1298603539.jpg
熊野岳を背に地蔵へ向かう

 


1298603694.jpg
地蔵山からユートピアに向って樹氷の中を下るのは爽快そのものです





1298603980.jpg  
今降りてきた地蔵山が美しく望めました。

 


 翌日は早めに出発し番城山に向いました。
Tさんの以前からの憧れの山で、山頂から蔵王のパノラマを見るのが夢だったのです。
1298604499.jpg
スノーブリッジを渡るTさん

 


1298604568.jpg
背の低い杉の林を抜けると昨日歩いた地蔵山から熊野岳が見えるようになりました。




1298604826.jpg  
急な支稜を登り、山頂への主稜線に出ると山頂は間近かです。
しかし、下山の時間を考えると帰りの新幹線に乗れなくなるので標高差で200メートルを残して降りることにしました。

 

1298604943.jpg
山頂こそ踏めませんでしたが、2日間お天気にも恵まれ楽しんでいただけたようです。
皆さん、お疲れ様でした。

 

帰られてからメールをいただきました。

「いつもみたいな、ちんたら歩きとは全然ちがって
スリル満点、久しぶりに充実した2日間、
まだまだ、頑張れるとみんなも喜んでました。
かみのやま温泉はとてもいいお湯でした。ゆっくり温まって
疲れもとれ、寝て帰りました。¥150!なんてウソみたいです。
85にもなって我ながらもの好きだなぁと思います。」

元気の秘訣は好奇心でしょうか ^^
「80歳を過ぎてもあれだけ歩けるのはすごい!」と私たちはいつも話しています。
また遊びにいらしてください。お待ちしています。

[ 2011/02/24 22:07 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する