蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

レスキューの第一人者

阿部さん には一昨年にも来ていただきましたが、今年も蔵王での、テクニカル ロープ レスキュー テクニシャンの研修があり宿泊していただきました。
住まいは札幌で、かつては秀岳荘という登山用品の専門店に勤務し、クライミング、テレマークスキー、カヌーカヤックなどの企画を担当していました。
国後島の最高峰、チャチャ岳にもモンベル社長の辰野氏らと登ったことがあり、それは第2登という大変貴重な体験もされています。
現在はレスキュー3ジャパンに所属し、消防を対象としたレスキューの研修で全国をめぐり、札幌にはほとんど戻れないそうです。
このあとも講習は草津、富士吉田、沖縄と続きます。
今年は東日本大震災や台風での被害が多かったのですが、消防による救助活動の影に、消防有志隊員の志と、こうした阿部さんの努力も生きていることでしょう。


1317304177.jpg
            
阿部さん(右)と、山崎さんです。研修器材が重くて後部がかなり沈んでます!!

山崎さんはレスキューやクライミング用品の輸入をしているKEM社の方で、主にレスキューを担当しています。
山岳耐久レースに親子で参戦したり、今年の夏は家族でモンブランに挑戦しました。
K.E.Mの社員旅行で、ご家族でスキーにもいらしています。
先日、日航ジャンボが落ちた御巣鷹山に、その時真っ先に救助に向った自衛隊の友人と登ってきたそうです。
26年経過した今でも、その当時の事が思いおこされるのか、機体の衝撃でえぐれた山の斜面をじっと見つめていたその友人の目から大粒の涙が溢れていたそうです。
風化させてはいけない、想像を絶する事故だったのです。

年月と共に進化しているレスキューの現場、阿部さんは多忙な日常の中でも常に新たな技術を学ぶために、レスキューの本場アメリカに行き研修を受けているそうです。

 

[ 2011/09/29 22:26 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する