蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

北月山へ

今年も姥沢から月山を越えて北月山へツアーしてきました。
早朝の高速から見える月山は、だいぶ雲もとれてきていました。

1366334309.jpg 


 

月山口から姥沢への道。
いつも通り雪の壁の最も高い所です。
昨夜雪も降ったようで、路面がシャーベットになっています。
1366334329.jpg



 

姥沢で仲間と合流して歩き始めます。
早朝の月山は雲に覆われて風も強く、「今日の山行は中止か?」などと話していたようですが、すっかり晴れてきました。
稜線の雪煙だけは気になっていましたが・・・
今年倒壊した姥沢小屋(前方)は、すっかり片付けられて土台だけになっていました。
1366334346.jpg


 

牛首に向かって歩いて行きます。
1366334373.jpg

 

 

牛首からは、リーダーはちょっと様子を見てみるとクトーを付けて登っていきました。
残りの人達は、アイゼンを履いてスキーをザックに付けて登っていきます。
担いだスキーが風をうけて、体重の軽い人などは飛ばされそうです。
風の吹いてくる方向に体を倒して耐風姿勢で歩き、山頂に到着。
山頂神社の陰でアイゼンを外し、そそくさと行動食を口に入れ滑降準備をします。

時々地吹雪が視界を遮る中、吹き溜まった滑らない新雪に注意しながら滑っていきます。
1366334392.jpg

 

 

仏生池小屋でひと休みして、さらに滑って行きます。
だいぶ雲が出てきました。
1366371752.jpg




 

弥陀ヶ原小屋を通過。
1366371769.jpg




 

尾根への入り口1206ポイント目指して滑って行きます。 
ガスられるといやらしい場所です。
1366372066.jpg  

 

 

振り返りました。
右側の白い稜線から滑ってきました。
1366371841.jpg 

 

 

腐れ雪から快適なザラメになった頃には雪の汚れも目立ち、ゴールの北月山荘も目前となりました。
お天気も下り坂です。
降られなくてよかったです。
1366334443.jpg

[ 2013/04/16 23:31 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する