FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

刈田岳へ

ピーカンの後は雨が降りました。
暖かいこともあって山の上も雪でなく雨だったようです。
Yさんと入れ替わりにTTC(東京トレッキングクラブ)のKさんグループがやってきました。
なんだか申し訳ない気持ちで「雨が降ってしまったんですよ」と言うと、「来れただけで幸せ」という返事が返ってきました。
なんとも嬉しい言葉です。

到着日はペンション周辺で足慣らし。翌14日に刈田岳まで行ってきました

CIMG0007m_20200215162418b7c.jpg
リフトトップからの歩き始め

CIMG0009m_2020021516241968f.jpg 

CIMG0010m_20200215162421623.jpg 
御田の神は濃霧でした。こんな中でも霧をかき消すような楽しいおしゃべりをしながら歩いて行きます。

CIMG0018m_20200215162422770.jpg 
初参加のKさんは「吹雪け~吹雪け~」と叫んでいます。そんな景色を体験したくてやって来たみたいです。
そう叫ぶ余裕のあるあたたかい稜線です。

CIMG0019m_20200215162424d1b.jpg 
間もなく刈田岳

CIMG0027m_20200215162924993.jpg 
鳥居の雪庇は落ちてしまっていましたが、神社はまだびっしりと張り付いていました。
お釜は見えませんでしたが、刈田岳のピークを踏めたことは良かったと思います。

CIMG0030m_20200215165501f5f.jpg 
御田の神の樹氷は、復活する事ができるでしょうか? 
まだ樹氷の土台が残っている木もあるので期待したいですね。

CIMG0038m_2020021516292505b.jpg 

CIMG0040m_20200215162927dec.jpg
ブナ林を歩き

1_20200216005122742.jpg 
〝バンザイをしている仮面ライダー〟みたいなオオカメノキの冬芽を見ながら

CIMG0042m_202002151629285fc.jpg 
シリセードを楽しみ、ライザレンタルショップ裏まで歩いてきました。



翌日はリフトを1本乗り、巨木に会いに行ってきました。
下りはお清水の森を抜け、ペア1リフト沿いの林を歩き、キャンプ場を通って帰ってきました。
CIMG0048m_20200215162930281.jpg 

新しいメンバーを交え、今年も元気に楽しく歩きました。
皆さん、お疲れ様でした。
[ 2020/02/15 21:13 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する