蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

9月から10月に・・・

山形では梅雨明け宣言がないまま秋になり、例年よりは少し早めに木々の紅葉が始まり、あっという間に9月も過ぎて行きました。
9月最後のお客さんは飯豊町のSさんご夫婦、お子さんたちがまだ小学生のころお正月には毎年来ていただきました。
何年か前に定年されて、いまは奥様と二人、半林半農の生活をされてるそうです。

今春小国町の五味沢の奥にある徳網山に登ったのですが、その五味沢に廃校があって、Sさんが教師になり初めての赴任先がこの学校だったとか。また、Sさんのお父さんは林業をされていて、いま私が秘かに憧れている朝日連峰の南端にある三体山や柴倉山、このあたりで仕事をされてたそうです。
ご自宅からは美しい山並みが望めることでしょう。

10月に入って1日の早朝、東京から夜行バスでやってきたのは野火止山の会の皆さん、私は早起きして迎えに行きました。
平均年齢は73歳とか、皆さんお元気です。
それもそのはず、リーダーのFさんは70歳でマナスルに登頂しているのですから。
朝食後は今日の予定の南蔵王へ行きました。
2日目には中丸山から蔵王の縦走、2日間とも晴天に恵まれ満喫されたようです。


CIMG0016m_201710032257505b5.jpg
中丸山へ向かわれる皆さん。


CIMG0019m_2017100322575196f.jpg
2日間の日程が終わり今日は市内の観光をして帰途に就かれます。
ありがとうございました。        hisa

[ 2017/10/03 17:32 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する