FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

8月最後のお客さん

Aさんは東京トレッキングクラブ所属の、定年後に山登りを始めたという私とは同年齢の方です。
宿泊日の日曜日は午前2時に流山を出発、早朝に刈田岳に到着し、地蔵山を往復し、まだ早いので山寺の観光をしてきました。
翌朝は午前4時に出発、刈田岳でご来光を見てから、南蔵王を不忘山まで往復して帰途につかれました。
本当にお元気でした。


otanokami_201708311409029e8.jpg

Tさんご夫妻は火曜日にいらっしゃいました。
私がまだ東京にいて山岳ガイドをしていたころからのお付き合いで、スキーをはじめいろいろな季節に来ていただいています。
東京を1番の新幹線で来る予定でしたが、その日は、なんとJアラートがとんでもないことを伝えていました。
そして、新幹線も運転見合わせとのこと、〝あらら・・・〟と思っていると動き始めました。
そしてシャトルバスで刈田岳まで行き、付近を散策後、坊平に戻り周辺の散策を楽しんでからいらっしゃいました。
翌日は刈田岳から登山道を降りる予定でしたが天気もあまりよくないので、私たちと一緒に御田の神を歩き、夏の終わりの花たちを楽しみました。  hisa

[ 2017/08/30 22:33 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する