蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

田部井淳子さんのお別れ会

昨日、淳子さんのお別れ会が母校、昭和女子大で行われ出席してきました。
あの元気な淳子さんが亡くなるなんて本当に信じられません。
GWにうちに来られた時にも、いつもと変わらず山を歩かれ、今後のスケジュールに夢を育んでいました。
それから5か月後、悲しい日が来てしまいました。


1.png   
月山~石跳沢へ(左から、ご主人、淳子さん、hisa)

12年前には田部井さんご夫妻と私達2人と4月の月山に山スキーで行きました。
月山に登ったのは初めてとのことで大喜びしていたのが忘れられません。



owakarekai.png
式次第
送る歌は全員起立し”ふるさと”を歌いました。
祭壇には皇太子様と雅子様から贈られた白い花がきれいでした。



CIMG0004m-1.png 
「田部井淳子さんを送る会」の方々が作られた小冊子には、淳子さんが亡くなる5日前に書いた
「みなさん本当にありがとう、ありがとう!!百万遍もありがとう!」の手書きメモが載せられていました。
最後の最後まで、人々のことを忘れないで、力いっぱい生き抜いた素敵な方でした。
そして、「再発!それでもわたしは山に登る」もいただいてきました。
病魔と闘いながらも、講演のため全国を巡り、山に登り、その生き様は凄まじいものでした。
元気をなくしてしまった人に是非読んでもらいたい本です。
77歳、いえ実際には倍以上の人生を生きられた素晴らしい方でした。
心よりお悔やみ申し上げます。安らかにお休みください。  hisa

[ 2016/12/19 13:58 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する