蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

誰かとどこかで・・・永六輔さん

 先日、永六輔さんが亡くなられました。
私の大好きな人生の大先輩、言いたいことをズバズバとはっきり言うところが特に好きでした。
辛く苦しいことの多かった私の青春時代、永さんの作詞した、上を向いて歩こうや見上げてごらん夜の星を、遠くへ行きたいといった歌にどれだけの元気をもらったことでしょう。

永さんと遠藤泰子さんとの絶妙コンビで46年間続いた長寿番組、TBSラジオの、誰かとどこかでは12.629回を数えました。
この誰かとどこかでが10.000回行くかどうかと、おふたりの会話にたびたび出ていた頃、私の投書した文章が番組の中で読まれることになったのです。
平成6年、1994年のことでした。
本当にたくさんの同じような投書があったのでしょうが、お二人は私のを選んでくれたのです。
とてもうれしかったのです。
歯を直したばかりとのことでしたが、快活な永さんのおしゃべりをお聞きください。



お二人のサインと似顔絵の入ったはがきも届きました。
大切にしまってあります。      hisa



追記
yamashin-ei_1.jpg 

 
[ 2016/07/14 22:23 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する