蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

月山~石跳沢

 再び月山へ

IMG_0001m_20160421144351c45.jpg
車を志津のキャンプ場に置いて、バスで姥沢に向かいました。
リフトを下りて出発です。
月山は最近降った雪で、以前より白くなっていました。


IMG_0003m_20160421144352a8b.jpg 
牛首からの登り。
登山者はアイゼンを付けていました。


IMG_0007m_20160421144354bba.jpg 
途中、前を行く単独半袖のボーダーが四つん這いになってもがいていました。
先に通過した人が心配そうに見ていました。
そこは新雪の下がツルツルの氷になっていたのです。
ソフトブーツのボーダーにはキツイ所です。
私達は一旦クトーを付けかけたのですが、スキーの板をデポして行くことにしました。
なるだけ雪が積もっている所を探してキックステップで登って行きます。

IMG_0009m_20160421144357801.jpg
月山山頂 遠く左肩に鳥海山が見えています。


IMG_0008m_201604211443556e2.jpg 
山頂には、あっちの山こっちの山と東北巡業中の松本のOさんが待っていてくれました。
月山周辺に何日か滞在していて、昨日は悪天で月山を敗退し今日は鳥海山に向かう予定でした。
早朝は鳥海山方面には雲が出ていたそうで、途中から月山に戻ってきたのです。


10.jpg 
Oさんは月山東斜面一番乗りだったと嬉しそうに話して、2度目のダウンヒル。
今日で長旅を終え松本に帰る予定だそうです。


IMG_0017m_20160421144625a11.jpg 
私達はスキーのデポ地点まで戻り、金姥に向かいます。


IMG_0025m.jpg 
金姥から回り込み、石跳沢目指して滑って行きます。


IMG_0028m_20160421153714f18.jpg 
装束場で暫し休憩し、再び滑って行きます。


IMG_0030m.jpg 
太陽に暈がかかっていました。


IMG_0031m.jpg 
湯殿山の斜面には、ず~っとトラバースした一筋の跡がありました。 (クリックで拡大)


IMG_0033m.jpg
ネイチャーセンターが近くなると沢が顔を出すようになりました。
明日は又下り坂の天気予報です。
[ 2016/04/20 23:48 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する