FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

高源ゆ 山形県内の小中高生に朗報

期間限定ですが坊平の宿泊施設にお泊りの山形県内の小中高生、この機会に是非どうぞ。

 IMG.jpg 


高源ゆ 館内の様子です。
[ 2020/06/27 17:48 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

坊平リカバリー温泉〝高源ゆ〟 内覧会

先日、坊平観光協議会総会の後、〝高源ゆ〟の内覧会がありました。
場所は「たいらぐら」の隣です。
昔々、国民宿舎があった場所で、建物が無くなってから暫くの間は駐車場として使われていた所です。
高源ゆは、合宿等をするアスリート向けのケア施設ですが、地域住民や周辺のスキー場やキャンプ場を利用した人向けの日帰り温泉として誰でも利用が出来ます。
【泉質】硫酸塩・炭酸水素塩泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進 

1_20200618114142741.jpg 
外観

2_20200618114143cda.jpg 
この浴槽が、一般にお風呂として入る温泉になります。男女別有、もちろんですね。

3_2020061811414564a.jpg 
洗い場は、男女それぞれ6人分

4_20200618114146ce0.jpg 
温かい風呂と水風呂の交代浴、奥はリハビリプール(ジェットバス)。
水着着用です。

5_20200618114148788.jpg 


6_20200618114217068.jpg 
フィンランド式サウナ

7_20200618114219b5b.jpg 
酸素カプセル

8_202006181142208d6.jpg 

IMG_20200615_151348.jpg 
その他、スタジオや多目的ルーム、プロテインbarなどがあります。


10_20200620004638297.jpg  
高源ゆ 料金表

一般に「温泉に入りに行こう」という場合は、温浴エリア、タオル持参で大人800円、中高生600円、小学生400円の入浴料になりますね。
ペンション宿泊の方(大学生以上)は割引料金が有ります。又合宿アスリート向け、フリーパス優待チケットもあります。
夏などアスリートの団体が入っている時は、一般の人は少し待つようになることもあるかもしれません。

グランドオープンは、2020年7月3日(金)です。


[ 2020/06/18 12:31 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

御田の神~熊野岳

御田の神の様子を見に行って来ました。
車を止めた刈田駐車場から、主人は下り10キロのランニングです。

20200608_113011m.jpg
刈田リフト

CIMG0015m_20200609033339420.jpg 

IMG_20200608_104222.jpg
photo by hisa  ホシガラス

IMG_20200608_104731m.jpg 
photo by hisa  御田の神より下の道路脇に群生していたチングルマ

5_202006090408387aa.jpg 
御田の神 ミツバオウレン

IMG_20200608_103940.jpg 
御田の神のワタスゲ 完全な綿毛にはもう少し
 
CIMG0018m_20200609032811669.jpg 
ミネズオウが満開

CIMG0026m_20200609033940a42.jpg 
避難小屋のそばのチングルマ

CIMG0027m_20200609052801e17.jpg 

CIMG0029m_20200609033942a84.jpg 

CIMG0034m_20200609033943623.jpg 
ヒナザクラ

CIMG0037m_2020060903394531f.jpg
チングルマは場所によって咲き具合が違うけれど、全体的には六分咲きくらいです。

この後、熊野岳へ向かいます。

CIMG0049m_202006090339465e7.jpg 
ミネザクラ

CIMG0056m_20200609034548dfe.jpg 
熊野岳の登山道を、白いいで立ちの人達が下りてきます。

1_2020060903454818d.jpg 
白装束の人たちでした。月山ではお馴染みですが蔵王では珍しい光景かな?
何年か前に、御田の神で登山道を登って来た山伏さんに会ったことがあるけれど、それもかなり珍しい 事でした。

CIMG0060m_20200609034550e30.jpg 
熊野岳

2_202006090345538ed.jpg
さっきまでいた御田の神が見えます。

CIMG0075m_20200609034553296.jpg 
お釜は、ぐっと渋い色でした。

4_20200609034813763.jpg
登りは廃線リフト沿いに登りましたが、帰りは登山道を下ります。
倒れたままだった坊平への分岐の指導票が直っているのを確認しました。
昨年直して欲しいとお願いしました。これは山形県の緑自然課の管轄です。

CIMG0082m_202006090348129b8.jpg 
爽やかな風の吹く気持ちの良い稜線でした。
人の出も、ほどほどにありました。
[ 2020/06/08 23:37 ] | TB(-) | CM(0)

御田の神往復ランニング

このところ雨の日以外はほとんど走りに行っています。
今日は初夏のとてもすがすがしい天気、いつもより早めに出かけました。
ランニングのシューズは軽いロード用、ウルトラマラソン用、トレイルラン用とあるのですが、こんないい季節の時には、ためらいもなくトレイル用を選んでいます。
グラウンドやクロカンコースはすぐ飽きてしまうからです。
そして、足は自然と山の上に向かっているのです。
平地を走るより登りばかりできついのですがそれが快感なのかもしれません。
御田の神までは標高差600メートル、往復8キロぐらいです。
登山道と一部エコーラインを走ります。
9日前にも来たのですがまだ花は全くありませんでした。
しかし、今日は早く咲く花が咲き始めていました。

IMG_20200602_160145.jpg 
ミネズオウ

IMG_20200602_160545.jpg 
ヒナザクラ

IMG_20200602_161001.jpg 
ミネザクラと刈田岳

IMG_20200602_162508.jpg 
高山植物ではありませんが、ツクシが見事に群生している所がありました。

チングルマもいくつかありました。間もなく一面に咲き乱れることでしょう。


photo by  y

心地よい風、それは下界とは異なります。
至福のひと時でした。     hisa




[ 2020/06/02 22:24 ] 日常 | TB(-) | CM(0)