FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

御田の神、往復ランニング

このところ週末になると天気が悪いという悪循環となってしまっています。農林水産だけで1700億の被害とか、すべてを合わせたらとんでもない数字になるでしょう。予算がないから堤防を高くできないではなく、もっと方法はあるはずです。河川には上流から流れてきた土砂が絶えず堆積しているのですから。

月曜日、週末のお客さんには申し訳ないくらいの抜けるような青空、快晴になりました。

20191028-1.jpg 
午後、御田の神までの往復ランをしてきました。

DSC_0652.jpg 

20191028-2.jpg 
草紅葉もとうに終わり寒々しい晩秋の湿原でした。

 DSC_0655.jpg 
日没の美しい時の移ろいに何度も足を止めてしまいました。

DSC_0656.jpg 
ゲレンデの標識の向こうに沈んでいく太陽
飯豊、朝日、月山の山並みが黒いシルエットになり、空がオレンジ色に染まって神秘的でした。 hisa
[ 2019/10/28 23:52 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

最後のカルガモ旅立ち?

ペンション村の池で育ったカルガモ9羽は、台風19号の近づく前に8羽が飛び立ちました。
残った1羽はどうして飛び立たないのか?飛べないのか?心配していましたが、昨日の夕方4時頃、池から飛び立つのを目撃しました。
力強く西の方向に飛んで行きました。
「なんだ飛べるんじゃない」と、ひと安心。
ちょっと気になって今朝池に行ってみましたが、やはりいませんでした。
又戻って来ても来なくても、立派に飛べるので心配ないでしょう。
いつもの年より一か月遅れで生まれた雛も、1羽も欠けることなく成長し地域住民を和ませてくれました。

20191022_094105.jpg 

小雨降る朝の池です。
紅葉が坊平高原まで下りてきました。
[ 2019/10/22 10:57 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

カルガモ君たちの訪問

池のほとりで生まれたカルガモ君たち9匹も早2か月が過ぎ、もうすっかり大人と変わりません。
池から流れる川に近いペンションには前から遊びに行っているようでしたが、今日はうちの方にもやってきました。
もう大きくなったし、雪に閉ざされる坊平を離れる日も間近でしょう。
もうじき見られなくなるのかと思うと、ちょっと寂しい気にもなります。hisa


[ 2019/10/08 14:44 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

紅葉の月山へ

春の月山以来すっかり山に魅せられてしまった我が家の長男。
その後、鳥海山3回、秋田駒、4~5日前には大朝日に行ってきました。
秋の月山に行った事がないと話していたら、誘ってくれました。
ちょうど仕事の切れ目で、休みを取ったのだそう。
月山は6月以来なんと4回目だそうです^^;

CIMG0003m_20191003132030543.jpg 
良いお天気です。


CIMG0010m_2019100313203200d.jpg 

CIMG0013m_20191003132033159.jpg 

CIMG0017m_201910031320349d5.jpg 

DSC_0091m.jpg 
山頂直下で懐かしい声にふと顔を上げると、なんと山スキー仲間のkさん夫妻が下山するところでした。
栗駒、鳥海山、月山と見頃の紅葉を楽しんできて、今日東京に帰るのだそうです。
思いがけないところで会えて嬉しかったです。

20191002_114942m.jpg 
ビックリマーク?

top.jpg 
月山山頂

CIMG0020m_2019100313245857b.jpg 
月山の三角点は、山頂神社から庄内側に少し下った所にあります。

CIMG0022m_20191003132501d1a.jpg 
米どころ、庄内平野。

CIMG0031m_201910031408211c6.jpg 

DSC_0552m.jpg 

CIMG0005m_2019100313252232d.jpg 
帰るのが惜しいようなきれいな紅葉でした。
[ 2019/10/02 22:22 ] | TB(-) | CM(0)