FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

Mさんファミリー全員集合!

相次いで深夜の東京を出発し、早朝に到着。
私達高齢者に言わせると〝若いというのは素晴らしい!〟です。
28日にはペンション周辺でこの時季には珍しく20cmほどの積雪となり、途中除雪車を追い越して走って来た人もいました。
パフパフの新雪を滑りたくて、まだリフト運転には早いうちにゲレンデにスタンバイ、一睡もしていないのも何のその...の人もいました。

CIMG0005m_20190403113910aed.jpg 
2日目は晴天となりました。
ライザレストラン前で記念撮影。
私はゲレンデをスキーでなくランニングでやって来ました。


9_201904031139121ce.jpg
3日目の朝、全員集合




結婚されたばかりのお二人の門出を、私の手作りケーキで祝福しました。
BGMの結婚行進曲が新鮮に感じました。

11_2019040311391333f.jpg  
お帰りの日も雪降りになりました。

皆さん、毎年有難うございます。どうぞお気をつけて!! hisa
[ 2019/03/31 23:49 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

FISライザGSL大会終了

今シーズン最後の大会が終了しました。
少ないながら雪ももって、2日間とも良い天気で経過しました。
いつも来ていただいている岩手県盛岡中央高、宮城県東北福祉大、久し振りの石川県鶴来高校、そのほか大学生の皆さんにお泊りいただきました。

CIMG0010m_20190327024150a9f.jpg 
ワックスルームに並んでいたスキー

CIMG0011k.jpg 
「来シーズンも来ますネ」と、最後に帰られた東北福祉大の皆さん

皆さんお疲れ様でした。 hisa
[ 2019/03/26 23:26 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

ゲレンデの様子

 
CIMG0006m_20190325085741fc2.jpg 
3月に入ってだいぶ暖かい日が続いたので、雪がなくなってしまうのではと心配していました。

CIMG0008m_20190325085743e2f.jpg 
お清水の右斜面が出ています。

CIMG0007m_20190325085742f31.jpg 
今日はFISライザGSL 大会が開催されています。

CIMG0009m_20190325085745532.jpg 

充分ではありませんが、3月いっぱいはなんとか滑れそうです。
尚、4月1日からは、ペア1、クワットリフトのみの運行になるそうです(ペア2運休)。

[ 2019/03/25 09:11 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

Nさんのスキーシーズン終了!!

Nさんのお帰りです。
年末年始、2月連休、そして今回と12日間、十分に滑られました。
もちろんリフトシーズン券です。

CIMG0005m_20190325084837c38.jpg 

来シーズンもお待ちしています。
ありがとうございました。    hisa

[ 2019/03/24 15:32 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

Oさんのスキーレッスン3日間

茨城のOさんは遡ること43年、ペンションがオープンして3か月目に来ていただいた方です。
その当時は学生で、なんと、あのマッターホルン北壁の日本人初登をなしとげ、スポーツ用品の問屋を営んでいた芳野満彦さんの店でバイトをしていて、芳野さんの紹介できたのが最初なのです。
もうだいぶ前に教師だった職をリタイヤ、スキーだけではなく渓流釣り、自転車、さらに家庭菜園、料理と幅広く活動しているのです。
そして今年2月、家族でスキーにいらした時ライザのスクールに入ったのです。
レッスンの中でバッジテストが浮かんできたのです。
親友でうちにもよく来ていただいていたHさんはもう30年も前に1級を取得しているのです。
そこで目覚め、まず近くの那須で2級を取得し1級は来シーズン受けることにし、今回は一人1級を受けるためのレッスンを受けに来たのです。
3日間マンツーマンでのレッスンはきつく、夕食を終えると8時にはもう爆睡だったようです。
充実した3日間、来シーズンに手ごたえを感じて帰途につかれました。   hisa

1_201903210931040ee.jpg 


[ 2019/03/20 22:21 ] 日常 | TB(-) | CM(1)

登山日和

 東京にお住まいのSさんご夫妻、冬の蔵王に憧れて好天を待ち、天気予報とにらめっこの日が続きました。
そして18日に登山することに決定し、17日にペンションにやって来ました。
夕方はこの周辺でスノーシューで足慣らし、翌日に備えました。

そして当日、朝稜線には少し雲がありましたが、それも間もなく消えてすっかり快晴となりました。
下から見てもじっとしていられない程の好天でした。
     ・ ・ ・
     ・ ・ ・

刈田岳に登り午後3時、無事帰ってきました。
樹氷も見られ、大展望も見られ大満足のお二人。
最終のシャトルバスでお帰りです。
有難うございました。

CIMG0065m_2019031822224633d.jpg

たいらぐら前にて
[ 2019/03/18 23:07 ] 日常 | TB(-) | CM(2)

第3回坊平ラングラウフ大会

この大会のコンセプトは「蔵王坊平高原の素晴らしい環境の中で、歩くスキーの楽しさを体感する健康スポーツとして開催する」という事で、タイムレースではありません。
スキーシーズンも終盤を迎え、暖かい日差しが降り注ぐ日も多くなりました。
冬の間家に籠りがちだった人もそろそろ外に出て身体を動かしてみませんか?
これを機会に歩くスキーを楽しんでみませんか? と、そんなところでしょうか。

CIMG0004m_2019031814403361d.jpg 
大会前の風景

CIMG0006m_201903181440342b6.jpg 
準備運動

CIMG0009m_20190318144035e19.jpg 
クロスカントリースキーとはの模範演技



スタート風景 最後尾はかんじき隊です。

CIMG0041m_201903181445035e5.jpg 
小さい子も頑張っています。

CIMG0045m_20190318144505011.jpg 

CIMG0050m_20190318144506962.jpg 
連番ですね、ご家族のようです。

CIMG0051m.jpg 
速くてカッコイイ兄弟!!

59.jpg 
エイドステーションでは、玉コン、バナナ、スポドリが用意されていました。

CIMG0060m_20190318144509891.jpg 
カンジキ隊が行きます。もぐらなくなったのでツボ足の人も多いですね。

CIMG0063m_2019031814452773d.jpg

全員ゴール後は、たいらぐらで空くじなしの抽選会、子供さんと最高齢の方には〝頑張ったで賞〟がプレゼントされました。
美味しい豚汁も振る舞われました。

[ 2019/03/17 23:41 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

新雪が積もりました

昨日は山スキーの友達と馬の背まで行ったのですが、ホワイトアウトにつかまり退散となりました。
ライザリフトトップまで戻って来ると視界は良くなりましたが、強風でライザⅡは止まっていました。
私達2人は後片付けもそこそこに出かけてきたのでそのまま帰りましたが、皆は周辺の林の中の新雪を滑り、シールを貼って登り返して楽しんできました。流石に元気な人達です。

最終日、吹雪いてペンション周りは20cmの積雪となりました。久し振りの除雪です。
皆さんはゲレンデに向かいましたが1本滑るとリフトは全て運休になってしまいました。
残念ですがお天気もめぐり合わせ...また次(来年)に期待しましょう。

昨日の濃霧の中のポール探しも今思えば楽しかったかな・・・皆と居ればこそですが。
2年振りの再会、嬉しかったです。
有難うございました。 hisa

DSC_0253.jpg 

春めいている関東の人には新雪も新鮮!?
「クルマの除雪が楽しかった!」と言っていただきました^^


[ 2019/03/14 22:58 ] | TB(-) | CM(0)

御田の神の樹氷健在です

 山スキーの友達が遊びにきてくれました。
今日は刈田岳、そしてできたら熊野岳を目指す予定です。
後ろからじわじわと押し寄せる雲が気になっていました。

CIMG0001m_2019031314574237d.jpg 
リフトトップで。

CIMG0003m_201903131457446b0.jpg 
クラストした雪面に載った新雪が気持ち良いです。

8_2019031314574584c.jpg 
11日の雨もなんのその。御田の神の樹氷は健在でした。

CIMG0015m_20190313145747e45.jpg 
天気の変わり目の好天もこの頃まででした。

CIMG0017m_20190313145748575.jpg 


CIMG0018m_20190313145813ed7.jpg 
廃線リフト跡を登る頃には吹雪いてきました。
リフトトップ跡まで登りましたが、相談の結果引き返すことにしました。

CIMG0019m_20190313145815823.jpg 
次のポールが見えないホワイトアウトに苦労しながら御田の神避難小屋まで戻ってきました。
暫し休憩後下山です。

ゲレンデに戻るとペアⅡリフトが止まっていました。
皆刈田岳も熊野岳も登っているし....きれいな樹氷の景色が見られただけでも良しとしましょうか。

[ 2019/03/13 15:19 ] | TB(-) | CM(0)

週末のお客さん

 お客さんと刈田岳まで行ってきました。

CIMG0002m_201903101531220f4.jpg 
リフトトップにはもう樹氷はありません。

CIMG0003m_20190310153123a7f.jpg 
この先にも、もう樹氷はないだろうと思っていました。

CIMG0004m_2019031015312444f.jpg 
熊野岳が見えています。

CIMG0007m_20190310153126537.jpg 
御田の神まで来たら意外にも樹氷らしきものが残っていました。皆大喜び!
そして雲一つない快晴!!

CIMG0015m_20190310153127983.jpg 
スフィンクスみたいな樹氷。

CIMG0019m_201903101532249e7.jpg 
稜線は思いのほか強風でした。

CIMG0023m_20190310153225b19.jpg 
刈田岳への登り。雪煙が上がっています。

CIMG0026m_20190310153227f35.jpg 
お釜もきれいでした。

CIMG0038m_20190310153229501.jpg 
刈田嶺神社をバックに記念撮影。

CIMG0040m_201903101532303c0.jpg 
新雪が舞っています。

CIMG0048m_201903101553441bd.jpg 
稜線の風がウソのような穏やかな御田の神まで戻ってきました。

CIMG0055m_20190310153338814.jpg 
ゲレンデではスキー大会、GSL2本目が開催されていました。

CIMG0070m_20190310160029602.jpg 
お清水ゲレンデの右側は地面が出始めてネットが張られています。
スキーシーズンもあと一ヶ月弱、雪がどのくらいもつのか心配です。



61.jpg 
今日もう一組のお客さんは、ライザスキー場から馬の背~熊野岳~中丸山を通って蔵王ラインまで歩いてきました。
バックに見えるあの白い嶺(熊野岳)から標高差1100mほどを下りて来たことになります。
お帰りなさい!

CIMG0062m.jpg 
3年越しの番城山と熊野~中丸山の周回コースを実現した新ハイキング東京支部の皆さん。
今日は上山の里山〝秋葉山〟に登って温泉に入って帰ります。

今回のリーダーでもあるOさんは、蔵王へ来る1週間前にキリマンジャロに登ってきた凄い方なのです。


CIMG0065m_2019031015334203d.jpg 


CIMG0068m_2019031015334488d.jpg 
昨日刈田岳まで行った東京トレッキングクラブの皆さんは、今日は巨木に会いに行きお昼ご飯を食べてシャトルバスでお帰りです。

お客さんを連れたガイドのOさんも、昨日は地蔵から熊野岳を歩き、きょうは刈田岳までたっぷり時間をかけて楽しんで行って来たようです。

お天気に恵まれ、それぞれに楽しんだ週末でした。
皆さんこれからも楽しい山登りを続けて下さい。
有難うございました。

[ 2019/03/10 15:37 ] | TB(-) | CM(0)