FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

夕方の園地

紅葉前線は坊平高原を通り過ぎ、里山へと移動中。

 CIMG0013m_20181028173837708.jpg
木々はだいぶ葉を落としましたが、まだ楽しめます。
レンゲツツジの葉の紅葉がきれいです。

CIMG0018m_201810281738384e3.jpg 


atori.jpg 
冬鳥のアトリが群れになって木々を渡っていました。
カメラを目一杯ズームしたけれどピンボケで・・・でも頭の形に特徴がありますね。

pv.jpg 
前方から、なにやら賑やかな声が響いてきました。
近づいてみると、梯子を運んできて山ブドウを採っているオーナーのそばを、3軒のオーナーがたまたま通りかかった所でした。
Twitter風に表現すると #たまたま #偶然 #滅多にない光景 かな!?
束の間のなごんだひと時でした。



3-1.jpg

我が家では、スウェーデンアイビーが満開となりました。
お裾分けした皆さんのところは咲きましたか?

[ 2018/10/28 22:53 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

第14回、Sさんグループ集合!!

昔 バイト生だったSさんが、会社の人達や娘さん&友人らと又来てくれました。
前日から来ていて山登りを楽しんだ人、青森から南下して来た人など、それぞれが楽しんで夕方ペンション集合です。
美味しいお酒と楽しい話に盛り上がりながら夜は更けていきます。
そうそう、熊の家族がエコーラインを横切って行くのに遭遇した人もいました。
小熊は3匹いたそうで...主人が少し前に見た場所と同じあたり(ライザワールド入り口から少し上)。
エコーラインを走るランナーや自転車の人は見かけなくなりましたが、子連れなので気を付けなければいけませんね。

翌朝は有志でキノコ採り。
今年は天候不順でキノコは不作でしたが、思いがけない場所で立派なナメコを収穫してきました^^v

1_2018102211081154b.jpg

良く晴れて行楽日和です。
皆さん、有難うございました。

[ 2018/10/21 22:10 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

山形神室

 息子が振替休日を使って山形神室に行くというので一緒に行ってきました。

IMG_0002m_201810180000142bb.jpg
笹谷峠に8時に到着。
30分ほど車で待機して雨雲が通り過ぎるのを待って出発です。

IMG_0004m_201810180107319d8.jpg


IMG_0006m_20181018010732e43.jpg


IMG_0009m_20181018000016030.jpg 
息子は最近山登りに興味を持ち、近郊の低山ハイクを始めました。


IMG_0011m_20181018000017b3e.jpg 
雲がなかなか取れません。

1_201810180000191c7.jpg 
今日の山形神室一番乗りです。
この後、仙台神室に行く息子と別れて私たちは往路を戻ります。

IMG_0013m_20181018000020427.jpg 


IMG_0014m_20181018000043352.jpg 
眼下に駐車場の見える所まで戻ってきました。
右奥には熊野岳が見えています。
空が少し明るくなってきました。
紅葉は終わりかけですが、日が当たればきっときれいなことでしょう。

出かける前は笹谷峠で敗退かもと思っていたので、雨が上がっただけでもラッキーという事にしましょう。
[ 2018/10/17 23:02 ] | TB(-) | CM(0)

グラウンドでの10.000メートル走

久しぶりに10.000メートル走りました。
夏から秋に・・・たくさんのアスリートたちで賑わっていたグランドも、今はすっかり静かになり他に誰もいません。

DSC_0053.jpg 
日が傾いて人の影も長~くなって、こんな長い脚でしたら、新記録が出るのでしょうけれど、実際は短くてとてもゆっくりなんです。


DSC_0057.jpg 

DSC_0056.jpg 
夕暮れの美しさに見とれながら、時々は立ち止まって撮影もします。

今まではガラケーでしたが、1か月前にスマホに変えて、写真も結構きれいに撮れるのでうれしいです。
ただ、スマホの機能はほとんど活かせてなく、全く発展途上中なのですが...
ま、そのうちに・・・       hisa
[ 2018/10/15 22:42 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

10月連休のお客さん

Mさんファミリーは、冬のシーズンは毎月のように来てくれていますが、10月には初めてとのことでした。
ペンションには午後になってきましたが、東京を夜中に出て坊平には早朝についていたそうです。
まずは快晴のお釜へ...車だったけれど初めて刈田リフトに乗ってみたそうです。
お釜の見える稜線は、この時期には珍しく暑かったようです。
その後はキャンプ場でバーベキュー、日帰りの利用料が@60円であまりの安さに驚いていました。
翌日は猿倉で遊び、果樹園に行って大好きな紅玉のリンゴ狩りを楽しみました。
最後の日、夕方から娘さんの塾があるので東北道の混雑も考慮し早めに出発されました。
次は初滑り・・・のころに!! ありがとうございました。

CIMG0034m_201810091248044dc.jpg 


----------------------------------------------------------------

御所掛け温泉に1週間の湯治に行く途中に1泊していただいたTさんご夫妻、ありがとうございました。
紅葉真っ盛りの月山、鳥海山を楽しみながら、今ごろは、温泉とお酒三昧でしょう。
年に3~4回行くというので健康面の効果をお聞きしたら、「お酒を飲んでしまうのでね~(笑)」とのこと。
顔馴染みの方も多いそうで、そういう人たちに会うのも楽しみなのでしょうね。

いつになく暖かな連休でした。
皆さん有難うございました。    hisa
[ 2018/10/09 10:52 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

尾花沢中学校スキー部秋の合宿

7月に引き続き来ていただきました。
8月には坊平クロスカントリー大会にも出場しています。
冬のクロスカントリースキーは無雪期の走り込みが重要なのです。
私がまだ40代のころ、富士登山競争に出たのですが、その時の1位は男女ともにクロスカントリースキーの第一人者でした。
早朝はエコーラインでのローラースキー、もちろん上りっぱなしの10キロです。
2日目の朝食後には中丸山から熊野岳、刈田岳、坊平の1周のコースに向かいましたが、台風25号が日本海を通過中、酒田では風速30メートル、蔵王では20メートルの強風とのことでした。
中丸山を越えましたが、断念して引き返してきました。
3日目、早朝のローラースキーの後、昼まではグラウンドでの走りこみでした。

早朝から薄暗くなるまで、昼食の時間以外はトレーニングに明け暮れている感じです。
コーチのOさんも以前はクロスカントリースキーの選手でしたから、オフトレの重要性を重んじているのでしょう。

CIMG0049m_201810091223594c8.jpg 
選手の皆さんの笑顔が初々しいです。
父兄の皆さんもお疲れ様でした。ありがとうございます。
                    hisa

[ 2018/10/08 22:34 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

夕方のクロカンコース

クロカンコースを5キロメートルほど走りました。
夕焼けの空と雲とのコントラストが綺麗でした。
空気が澄んでいるので綺麗に見えるのでしょうか。
こんな空気を吸いながら走れるのは幸せなことです。

DSC_0043.jpg
静かな時の移ろい・・・

DSC_0047.jpg
森の番人のシルエット

DSC_0048.jpg 

走りながら見つけたアケビ 。
 「手かごに持ちきれなくてポケットにいれた~」
アグネスチャンの歌を思い出しながら・・・
ポケットがだんだん重くなりました。
                           hisa

[ 2018/10/05 21:55 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

刈田岳までトレイルラン

このところ天気に恵まれずランニングはしてもグラウンドやクロカンコースでした。
今日は久しぶりの晴天、昼食を済ませ早速ルンルン気分で出発しました。
山頂までは標高差760メートルありますからゆっくりと走って行きます。
周りの紅葉が目を楽しませてくれていますし、ゲレンデを渡る風がとても心地よく頬を撫でていきます。

DSC_0026k.jpg
標高1600メートル付近、このあたりの紅葉が見頃でした。


DSC_0027k.jpg
写真では分かりにくいけれど、中丸山の南斜面もなかなか見事でした。


DSC_0030.jpg
御田の神の紅葉はほとんど終わりです。後方に避難小屋が見えています。


DSC_0029.jpg
まだ早い時間なのでお釜見学の観光客も随分見られます。


DSC_0028.jpg 
宮城県側は整備が行き届いていて、お釜見学のための新しい道ができていました。

                                hisa

[ 2018/10/03 23:18 ] | TB(-) | CM(0)

散 歩

荷物の発送があったので、宅急便が来るのを待って出かけてきました。

CIMG0005m_20181004100915f29.jpg 
解説広場

CIMG0007m_20181004100917ecb.jpg 
山ぶどうの葉っぱ

CIMG0011m_20181004100918823.jpg 


CIMG0012m_20181004100920bae.jpg 
山頂まで行ってきた主人とスライドしました。

CIMG0015m_20181004100921966.jpg
ペア2リフト沿いのカモシカコース。
紅葉がだいぶ下りてきました。

リフトトップまで行って帰り始めた時、カモシカコースの中間付近を熊が足早に横切って行くのが見えました。
人の気配を察知して横切るタイミングを窺がっていたみたいです。
通り過ぎて行ってしまったけれど、帰りは鈴と笛をより高らかに鳴らして帰りました。
[ 2018/10/03 22:07 ] 日常 | TB(-) | CM(0)