蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

Nさんファミリー

今から39年前の夏、Nさんから予約がありました。
子供6人を含む6家族、兄弟、友人ファミリーで、3泊4日を山を歩き仙人沢で遊び坊平を満喫されたのです。
翌年の夏も、その次の夏も、その次の夏も...来てくれました。
それからそれから夏だけでなく冬にもスキーで来てくれました。
月日が流れ、今回はNさんの娘さんが出産で里帰り中・・・間もなく帰られるのでその前に思いでいっぱいのペンションへ、そしてサクランボ狩りの旅を企画したのでした。
帰る先は4年間暮らしたホーチミンからジャカルタだそうです。
新しい国でまた新たな一歩が始まります。
子供さん達の記憶の中には、蔵王を渡る爽やかな風、青い空、冷たい川の流れがずっと残っていることでしょう。
大都会で育った皆さんにとっては、ここは故郷なのかもしれません。  hisa


nf.png
[ 2018/06/24 22:06 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

山スキー仲間の来訪

3月に皆さんで来てくれることになっていましたが、諸事情で中止になっていました。
今回はJR東日本の大人の休日倶楽部パスを利用しての旅です。
初日は山寺まで足を延ばし奥の院まで行ってきました。
その夜は福島からのKさん夫妻を交え懐かしい思い出話に盛り上がりました。
翌日、みんなで山歩きの予定でしたが、予報では天気は良いものの稜線では20メートルの強風とか...でも刈田岳までは行きました。

CIMG0003m_20180625095646700.jpg
飛ばされそうなので皆さん踏ん張っての記念写真です。

CIMG0019m_2018062509564977a.jpg
その後御田の神の湿原を歩きました。

CIMG0013m_20180625095650558.jpg
ワタスゲの群落が見事です。

CIMG0018m_20180625095652f5a.jpg
コバイケイソウも見頃です。

CIMG0008m_201806250956470df.jpg
この間まで咲き誇っていたチングルマはもう終わりでした。

それから最も楽しみにしていたネマガリタケ取り、ささやぶに皆さん入り込んで熱中していました。
もちろん収穫もあり夕食でてんぷらを出すことができました。

Kさん夫妻は1泊で帰られ、Oさん夫妻とFさんは2泊して芭蕉の歩いた碁点からの船下り、そして松島への旅に向かわれました。
ありがとうございました。
                            hisa
[ 2018/06/23 13:06 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

コマクサを訪ねて

東京にお住まいのHさんは若い頃から山に憑かれて山登りに熱中していました。
しかし、80歳を過ぎましたが、いまだコマクサを見たことがないそうです。
私もそうでしたが、夢中で登っていたころは花などには興味はありませんでした。
しかし年齢を重ねるに連れて、厳しい条件の中で可憐に咲く高山植物に思いを寄せるようになるのです。
本当は熊野岳に咲くコマクサを見てもらいたかったのですが、時期的にまだ早く、今回は車で行けるコマクサ平のコマクサを見ていただきました。

komakusa.png 
Hさんは脳裏だけではなくタブレットにも納めていました。


CIMG0013m_20180619110754ae3.jpg
この後、お釜も見に行きました。展望台の周辺にもコマクサは少しありますがまだ咲いてませんでした。

帰路、御田の神の散策もされました。みなさん、本当に花が好きなんです。


CIMG0026m_201806191107552e4.jpg 

ob.png
翌日は坊平のクアオルトコースを歩かれました。

この日の昼食はこんにゃく番所のコース料理をいただきました。
皆さん初めてで感激していました。
さくらんぼ狩りもする予定でしたが、おなかいっぱいのため、サクランボはおみやげとして買われました。
帰りの新幹線は混んでいて3人は米沢で座れましたが、あとの3人は大宮まで立ちっぱなしだったそうです。
紅葉の頃また行きたい・・・と夢が始まっていたそうです。
ありがとうございました。       hisa

[ 2018/06/18 22:06 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

蔵王散歩

県境を越えて宮城県側に入ると、すっきりとした青空が広がっていました。
山形県側も午後には青空が広がるでしょう。
南蔵王登山口付近は、道路脇に車が満杯となっていました。
芝草平のチングルマが見頃となっていることでしょう。

コマクサ平にやってきました。
IMG_0012m_201806142344071f0.jpg
不帰の滝


IMG_0042m_20180614234411ae0.jpg 
大黒天からの登山道沿いのイワカガミ


IMG_0048m_20180614234412b38.jpg 
色違いのハクサンチドリ


IMG_0049m_201806142344331d2.jpg 
コマクサは咲き始めでした

熊野岳にも足を延ばしました。
IMG_0036m_20180614234409562.jpg 
登山者が歩いて行きます


IMG_0026m_20180614234408aca.jpg

熊野岳のコマクサは、まだまだです。今月下旬頃からでしょうか。

[ 2018/06/14 23:46 ] | TB(-) | CM(0)

サンカヨウの花

一人旅のkさんを蔵王温泉まで送った帰り道、サンカヨウの花を見に行ってきました。
やっぱり花は殆ど終わっていましたが、奥の方に少しだけ残っていました。

1_20180612150607e0b.jpg 

小雨に濡れてガラス細工のようになった花!
濃霧の中、来た甲斐がありました。
[ 2018/06/12 15:14 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

御田の神 散策

千葉にお住いのTさんから、御田の神のチングルマを見たいと言われていて、初めの予定より10日も早くなったけれど5名で来ていただきました。
Tさんたちは山のクラブ所属で、うちにはもう30年ぐらい前から四季を通じてきてくれてましたが、数年前、高齢化に伴い解散されたと聞いていました。
でも、まだまだ元気な仲間が誘い合って活動を続けているのです。
また、この御田の神の木道は、同じ山仲間の方が新聞に投書をしてくれて、ようやく実現したといっても過言ではないものなのです。
初日に1時間ほど、2日目にはたっぷりと2時間をかけ、チングルマやワタスゲ、ミネズオウ、コバイケイソウなどの花々を愛で大満足されました。

CIMG0007m_20180609162919f14.jpg 

CIMG0009m_20180609162920e83.jpg 

CIMG0015m_20180609162921ef8.jpg 

CIMG0018m_20180609162923dd1.jpg  

CIMG0030m_20180609162924fed.jpg 

CIMG0033m_20180609163147f0b.jpg 



この後は南蔵王方面へ・・・

CIMG0042m_20180609163148a39.jpg 

CIMG0043m_20180609163152c36.jpg 
蔵王の稜線の枯れた木々が気になります。

CIMG0048m_20180609163312f02.jpg


CIMG0045m_2018060916314923a.jpg

芝草平まで行きたかったようですが時間的にきびしいので、刈田峠の避難小屋まで歩き、林の中でランチにしました。
近くにはサンカヨウやベニバナイチゴの花が色どりを添えています。


koma-2.jpg

帰りがけにコマクサ平まで行き、咲き始めたばかりのコマクサを見てまた感激でした。

komakusa-1.jpg



ペンションまで戻り帰りのシャトルバスの時間まで、コーヒーを飲みながら花の話に熱中する皆さん、次から次へと夢が広がっていきます。
たくさんの元気をいただきありがとうございました。   hisa
[ 2018/06/08 23:53 ] | TB(-) | CM(0)

続 トレイルラン

松本のOさんが、月山、鳥海山の山スキーの帰りに寄ってくれました。
今年は山スキーに行けなかったので、山スキーの話が新鮮でした。
Oさんを見送った後、きのうのトレイルランの筋肉痛が出なかったので、(高齢者はすぐでません)きょうは熊野岳まで行きました。
熊野岳にはコマクサが多く、この花が見たいというお客さんがいて、見頃になったら教えてほしいと言われていたのです。
チングルマが2週間近く早く咲いていたので、ひょっとするとコマクサも・・・と思ったのです。

CIMG0002m_20180606042720bb3.jpg
トレイルランなのになぜか夏山リフトに乗って行くというのも?いいものですね。
リフトのkさんに「乗って行くか?」と声をかけてもらったので、有難く乗せてもらいました^^v

CIMG0007m_201806060427228f7.jpg
馬の背を走って行くとイワカガミがありました

8-m.jpg
この小さい花はミネズオウです

11-m.jpg 

CIMG0014m_2018060604272681c.jpg
肝心のコマクサはあるものの、まだ蕾もありませんでした。


CIMG0015m_20180606042808c1a.jpg
お釜、刈田岳方面の眺めが迫力がありました

CIMG0016m_20180606042809137.jpg 
ミネザクラとムラサキヤシオツツジ

エコーライン、登山道をひた走り、明後日のお客さん用にワラビを摘んで、きょうも気持ちよく走ることができました。   hisa
[ 2018/06/05 21:47 ] | TB(-) | CM(0)

トレイルラン

久し振りのトレイルランです。
御田の神まで、登山道を登り、下ってきました。
標高差600m、山を走るのはやっぱり気持ちいいですね。

CIMG0004m_20180604234135d56.jpg
開き始めのコバイケイソウ

CIMG0033m_20180604234237fd0.jpg
緑がきれいなカモシカコース上部

CIMG0015m_20180604234426a83.jpg
御田の神はチングルマが満開!例年より10日は早いです。

16-m.jpg 


9-m.jpg
ワタスゲが、花から綿毛になり始めるところ

CIMG0019m_201806042339222da.jpg 
ワタスゲ、ほぼ完成!


CIMG0005m_20180604233918e05.jpg
ヒナザクラ



その他、登山道沿いの花々。

CIMG0027m_2018060423400781a.jpg 
イワカガミ


CIMG0029m_20180604234008b9e.jpg 
ハクサンチドリ


28-m.jpg 
ミネザクラ

                             hisa
[ 2018/06/04 22:44 ] | TB(-) | CM(0)

合 宿

すっきりと晴れた土曜日です。
いつも来ていただいている利府高校陸上部の土日合宿です。

CIMG0039m_20180602164915ee8.jpg 


rifu_201806021649176fa.jpg 
この時期は、まだクロカンコースの混雑もなく快適に走れます。

27-m.jpg 
アズマギクが、太陽に向かって咲いています。

kusakari.jpg 
クロカンコースの草刈も行われています。


CIMG0006m_2018060216491332c.jpg
水場にアイシング用のプールが設置されました。
湧水なので、とても冷たいです。
是非ご利用下さい。

[ 2018/06/02 16:59 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

坊平キャンプ場開き

きょうはキャンプ場開きが行われました。

CIMG0001m_201806012328545c6.jpg 

関係者が集まってシーズンの安全を祈願しました。
CIMG0003m_201806012328553dd.jpg 

曇り空で肌寒い一日でした。

[ 2018/06/01 23:34 ] 日常 | TB(-) | CM(0)