蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

出張、そしてランニング

Iさんは愛知県にお住まい、仕事は東京とのことですが、出張で関東から北海道方面へほとんど出かけてるそうです。
山形にも時々来るのですが、今回は上山、気に入ったランニングの場所があることでうちに泊まりに来てくれました。
朝5時半に走り始め、クロカンコースや登山道を10キロほど走ったそうです。
忙しい仕事をこなしながらもマラソン大会にも出場しています。
朝食後、キリリと仕事モードに戻って仕事に向かわれました。     hisa

[ 2017/05/31 20:52 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

坊平の様子

御田の神の様子を見に行ってきました。

20170529_101831m.jpg
沢に残った雪と、遠くに見えるのは飯豊の山並みです。


102943m.jpg 
あと一週間ほどしたら枯草も緑色に変わってくるでしょうか?


20170529_103220m.jpg 
熊野岳


20170529_112444m.jpg 
先日、坊平園地入口の花植えをしました。


20170529094451.jpg
今日は先日やり残した草刈りをしました。休憩中です。


CIMG0002m_201705301751203fa.jpg 
新緑がゲレンデトップを越えました。


CIMG0008m_201705301752153c9.jpg 
レンゲツツジもボツボツです。あと一週間くらいすると見頃かな?


runner.jpg 
クロカンコースにはランナーの姿がありました。またアスリートの賑やかな季節がやってきます。

[ 2017/05/29 22:55 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

鳥海山 猿倉口から七高山

暖かい良い天気が続いています。
坊平はエゾハルゼミやカッコーの声が賑やかになってきました。

新緑に背中を押されるように再び鳥海山にやってきました。
当初は祓川からの予定でしたが、猿倉口から登ってみることにしました。

IMG_0002m_20170524113726acc.jpg 

IMG_0003m_20170524113727750.jpg 
取りつきはブナの新緑が始まっていました。


IMG_0005m_20170524113729868.jpg 
あの頂まで・・・


IMG_0004m_20170524113743af2.jpg 

 

IMG_0008m_2017052413074170f.jpg 
だいぶ近づいてきました。


IMG_0010m_201705241310436b5.jpg 
もうひと頑張り!最後の登りは急斜面。
雪が緩んでいるのでシールで直登できるのが助かる。


CIMG0002sinzan.jpg 
到着! 稜線から新山と左肩に鳥海山大物忌神社。


IMG_0018m_2017052411400032d.jpg 
滑り下りる方向は迷路のようです。


IMG_0030m_2017052411400102c.jpg

 
CIMG0068m_20170524113958627.jpg



IMG_0036m_201705241140025e2.jpg
何時間かけて登っても、滑り下りるのはあっと言う間です。
終了点間近になると、ブナのアブラでスキーが滑りにくくなりました。
残雪期スキーの終わりを感じる時です。  hisa

[ 2017/05/21 23:42 ] | TB(-) | CM(0)

鳥海山御浜

雲ひとつない快晴の朝となりました。 
ナナカマドが葉を広げ始めました。

1_20170518134051ba2.jpg


IMG_0006m_20170518134051909.jpg 
月山もきれいです。
112号線沿いの芽吹いたばかりの新緑に心を奪われながら、鳥海山を目指します。
この爽やかな青空も庄内に入ると雲が多くなり、鳥海山は暗い雲に遮られて見えませんでした。
大平に到着すると丁度出発する〝松本のOさん〟を見つけました。
山行届が出ていたので分かっていたのですが、登山口で会えるとは思っていませんでした。
しばし雑談をして私たちも出発です。

IMG_0013m_20170518134053b85.jpg 
吹浦登山道に合流するあたりで雲海の上に出ました。


syougatake.jpg 
長坂道に合流した頃、笙が岳から滑り下りるOさんの姿が小さく小さく見えました。
沢床には既に滑り下りた2人パーティが2組歩き始めていました。


IMG_0015m_20170518134054af4.jpg 
私たちは御浜小屋に向かいます。

どこを滑るか特に予定はなかったのですが、小屋の北斜面が快適だという記録があったので滑ってみることにしました。

急過ぎず、緩やか過ぎず、ちょうど良い斜面です。
少し離れた所では2本目を滑る人の姿がありました。
滑り下りてすぐ登り返している所をみるとウロコ板のようでした。


IMG_0027m_2017051813405836a.jpg 
私たちも滑り下りたからには登り返します。
雪もちょっと柔らか目なザラメで、あまり苦にならない登り返しでした。
ふと振り返ると、先ほど滑っていた人が追い付いてきていました。
フルーラインを下りた辺りに住んでいるようで、毎日のように鳥海山に登ってきているとの事でした。
やはりウロコ板のスキーでした。


IMG_0032m_20170518134359fe4.jpg 
御浜小屋まで来ると、笙ヶ岳の急斜面を滑ったOさんが登り返して来たところでした。
相変わらずパワフルです。Oさんは4日間滞在、最後の日は奥さんも合流です。

もう少し滑るOさんと別れて私たちは下山です。


IMG_0029m_2017051813435702d.jpg 
御浜のガスが晴れました。


IMG_0030m_20170518134358512.jpg 
人の姿も米粒のように見えます。


IMG_0034m.jpg 
下りはあっと言う間です。残雪期のルートを間違えないように注意して下ります。


IMG_0038m_20170518134402420.jpg 
ここからブルーラインに向かって滑ります。

滑り下りて片づけをしていると、先に下りたはずの隣の車の人達がブルーラインを歩いてきました。
間違って早めに右に入ってしまったようで、途中藪漕ぎをして下りてきたとのことでした。
鳥海ブルーラインは、今度の土曜朝で夜間通行止めが解除になるそうです。
そうしたら時間を気にせずにもっとたくさん楽しめるでしょう・・・でも雪解けも進みますね・・・


IMG_0048m.jpg
帰りは鳥海山を間近に眺めながら来た時とは違うルートで帰ります。
種まき爺さんも見えていました。穏やかで良い一日でした。

[ 2017/05/17 23:47 ] | TB(-) | CM(0)

ゲレンデトップまでランニング

今年はいつもより早くカッコウの声を聴きました。いよいよ春の到来ですね。

IMG_0004m_20170515000013b5d.jpg
爽やかなお天気に誘われてゲレンデを走って行きました。


20170514163515m.jpg
カモシカコースの上部にはまだたくさんの雪がありました。


20170514164120m.jpg
エコーラインに出たところ、虹が出ていました。
下りはエコーラインを気持ちよく走りました。

20170514165935m.jpg
除雪でできた雪山、後ろのブナの新緑はこれからです。
遠くに見える月山のような形をしています?
                                                 
                                                                 hisa

[ 2017/05/14 22:51 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

パッとしないお天気が続いて います。

2_20170513154436012.jpg
キャンプ場の山桜と中丸山。


3_20170513154437916.jpg 
キブシがひっそりと咲いています。


4_20170513154439658.jpg 
ゲレンデには、まだ冬の名残り雪がありました。


5_20170513154440ea7.jpg 
たいらぐらのそばの桜は満開です。


6_201705131544423d5.jpg

気温が低いので長持ちしていますが、ピークは過ぎました。
静かな春です。
[ 2017/05/12 15:43 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

水芭蕉が満開です

GWが慌ただしく過ぎて、いつもの坊平が戻ってきました。
野鳥の声が賑やかです。

園地の水芭蕉が満開となりました。

CIMG0004m_2017050901291318c.jpg 

CIMG0007m_20170509012914328.jpg


[ 2017/05/08 22:55 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)