蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

休 日

リフト沿いの樹氷は落ちましたが、リフトtopから上の樹氷は残りました。
2月はなにかと慌ただしく過ごしたので、最後の週末は孫達と遊ぶ事にしました。

go101.jpg
一緒にスキー(スノーボード)をして、雪穴を掘って、尻滑りして、スノーシューをして・・・孫達は車で爆睡して帰りました。
あ~〝I am tired〟(笑)
[ 2017/02/26 22:18 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

熊野岳

山スキー仲間は、2泊して今日は帰る日です。
皆山屋さんだから、やっぱりゲレンデより山が好き!

IMG_0006m_20170223020802ef1.jpg
珍しく穏やかな天候に熊野岳まで足を延ばすことになりました。

CIMG0002m_20170223020613cb7.jpg 
樹氷を眺めながら歩いて行きます。

IMG_0012m_20170223020804c08.jpg 


IMG_0018m_2017022302080584c.jpg 


IMG_0025m_20170223020808cae.jpg 


CIMG0006m_201702230206148f2.jpg 
雪に閉ざされた蔵王のお釜。

稜線も17日に雨が降ったのか雪面はガリガリでした。
歩いた方が良さそうなので、馬の背の途中にスキーをデポしてツボ足で熊野岳を目指します。


CIMG0010m_201702230206154fd.jpg 
きょうのピーク熊野岳1841m。神社は雪の塊になっていました。
ひと休みしたら下山です。


スキーデポ地点に戻るまでの間に雪面はだいぶ緩んできました。



CIMG0016m_20170223020616bb1.jpg 


IMG_0036m_201702230208420c9.jpg 
広大な御田の神。




otanokami.jpg
振り返ると空が少し青くなっていました。
2月も半ばを過ぎました。
これからは、こんな穏やかな日も多くなっていくことでしょう。

楽しいひと時でした。
皆さん、遊びに来てくれて有難うございました。
[ 2017/02/22 23:06 ] | TB(-) | CM(0)

二ッ森山目指して

私たちの山スキー仲間が今年も来てくれました。
毎度お馴染みの蔵王なので、なんとか目新しい所という事で蔵王南部県境尾根を計画してみました。
が、先日の偵察山行で、まだ新雪ラッセルの季節であること、人数も多い事などで萱平からの周回コースに変更となりました。

出発の朝は積雪が30cmほどあり、まだ降り続いていました。
「きょうは温泉でも・・・」という声も聞こえましたが、午後は曇りになるという予報に出かけることにしました。

DSCN1005m.jpg
出発準備中。


DSCN1006m.jpg 
林道の道型を辿って行きます。


DSCN1007m.jpg 
ラッセルを交代しながらワイワイガヤガヤ賑やかに登って行きます。


CIMG0009m_201702230102314ef.jpg 
トップは横浜のTさん

IMG_0003m_20170223005929263.jpg 
ラストのOさんは松本から。今でも週3~4回出かけています。
「凄いですね!」と言うと「いや~、昔は山から帰って翌日又出かけられたけれど今は一日休むようになったよ」ですって(笑)
春は雪を求めてノマドスキーヤーになります。昨年は月山山頂で逢いました


IMG_0006m_2017022300593033c.jpg 

IMG_0011m_20170223005932151.jpg
県境尾根(稜線)が近くなりました。


11m.jpg
稜線に出ました。県境尾根を一つ目のピーク目指して登ります。


CIMG0012m_201702230059333ae.jpg
もう少し頑張りたかったけれど、帰りの時間も考慮して今回はここで引き返すことになりました。
超地味だけれどまだ皆が歩いていない尾根、いつか又の機会に是非!
[ 2017/02/21 22:56 ] | TB(-) | CM(0)

この週末のお客さん

仙台のKさんファミリーが今年も来てくれました。
お父さんはペンションのオープン間もない頃から来てくれている長いお付き合いです。
下の子のAちゃんはハイジのスクールに入り、スキー初めてながら初日で中央ゲレンデ、ウサギコースを滑れるようになってご両親もびっくりです。4歳ですもの。

CIMG0004m_20170222235448f9e.jpg 


CIMG0001m_20170223000318a3f.jpg
お天気も良く最高のスキーになりました。        2/19(日)のゲレンデ
月曜日も雪降りの中半日滑ってお帰りになりました。




CIMG0003m_20170222234751d6c.jpg
シーズン券を買われたNさんはお正月に来られず今回が初滑り、3日間たっぷりと滑りました。
来月で定年とのこと、延長しての勤務になるようですが、今までよりスキーに来られる日数が増えるとのことでした。

山好きのSさんは無雪期の蔵王を登りに毎年来てくれてますが、何十年ぶりかでの雪の蔵王でスノーシューを堪能されました。 hisa
[ 2017/02/20 21:51 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

屋根の雪塊落とし

ショボショボと雨が降りました。
屋根の雪は殆ど落ちていましたが、てっぺんに残った雪をここぞとばかりに落としました。
こういう時に落とさないと、また冷えて固まって落ちにくくなり、いつか暖かい日にすごい勢いで落ちるのです。


CIMG0008m_20170218150937292.jpg

全部落ちました!
これでひと安心。

夕方には霙から雪に変わりました。
[ 2017/02/17 20:07 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

蔵王南部県境尾根

蔵王南部県境尾根に行ってきました。
生憎のガス日和。
もっと天候の良い時に行きたかったのですが、なにかしら用事に追われ今日しかなかったのです。

IMG_0002m_20170216222721cf9.jpg
ライザペア2リフトを下りて蔵王エコーラインを下り、2つ目のカーブがスタート地点。


IMG_0003m_20170216222722368.jpg 
ブナ林がきれいです。


IMG_0004m_20170216222723f48.jpg
ひたすらブナ林。


IMG_0006m_20170216222724865.jpg 
舟引峠 看板が雪の中から顔を出しています。


CIMG0021m_20170216223904e1c.jpg 
周りの山が見えず、ブナ林にすっぽり入ると方向が分からなくなります。


IMG_0008m_201702162227263f9.jpg 
空がちょっと明るくなりましたが気まぐれでした。


IMG_0010m_201702162228179ae.jpg
見覚えのある尾根・・・フスベ山分岐付近。


CIMG0026m_20170216222815613.jpg 
ガスが流れて二ッ森山北峰方面が見えました。

写真はここまで。
ガスが切れたのは気まぐれで、その後も視界不良に悩まされました。
GPSのお世話になって、何度か軌道修正しながら二ッ森山南峰を越え、小さなピークを越えて萱平分岐が見えた時はほっとしました。
林道を外れないよう注意して下って行き、まだ明るいうちに萱平着。
携帯のつながる古屋敷の先まで歩いてタクシーを呼びました。
タクシーが来た時には辺りが暗くなっていました。
[ 2017/02/15 22:49 ] | TB(-) | CM(0)

クロカン族

松戸のYさん(左)とお姉さんご夫妻です。
2泊3日で、クロカン、山スキー、スノーシューなどを楽しまれました。

20170214.jpg

今回は、「クロカン族には理想の天候で、コース状態も札幌、旭川に匹敵する好条件でした」とのメールをいただきました。
天候や雪の状態は、その時の運もあると思いますが良い時にあたったようで良かったです。
またの機会、お待ちしています。
有難うございました。
[ 2017/02/14 20:32 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

御田の神まで

ペンションから山スキーで御田の神まで行ってきました。

CIMG0004m_201702131558115f3.jpg
ペア2リフト沿いの樹氷です。


CIMG0005m_20170213155812ab7.jpg 
束の間ながら青空が覗きました。


CIMG0017m_20170213155815886.jpg 
ツアーコース沿いの樹氷。


CIMG0010m_20170213155814ffb.jpg 
御田の神避難小屋の周りは例年より段差がついています。
視界が悪い時は、小屋に入ろうとして転落しないよう注意が必要です。
残念ながら視界不良で、御田の神の樹氷の様子は写真に撮ることができませんでした。 hisa

[ 2017/02/13 21:59 ] | TB(-) | CM(0)

週末のお客さん

新ハイキングクラブの皆さんが今年も来て下さいました。
昨年悪天候で登れなかった中丸山と、新たに番城山に登る事が今回の目標でした。

初日、リフト終点より登り始めたのですが、視界不良と強風であえなく敗退。
ペンションに帰って来ると14時頃から〝乾杯!〟の声と共に宴会が始まりました。
順番にお風呂に入りながら夕食でもう一度〝かんぱ~い!〟
でも20時には消灯していました(笑)

2日目は6時朝食7時出発で番城山へ。登山口には2台のタクシーで行きました。
しかしここも折からの降雪と視界不良で、標高1000m付近まで行ったものの帰りの時間を考えて引き返すことに・・・
迎えのタクシーが除雪直後のツルツル道で動けなくなったりのトラブルもあったようですが、14時半には全員帰ってきました。
15時頃には再び宴会が始まりました。
交通費をかけて行ったのに登れず、気の毒だと思う私達の気持ちもどこかに飛んでいく楽しい笑い声が響いていました。

3日目、刈田岳目指したものの、やはり強風と視界不良のためリフトトップより森の中を深雪のラッセルを楽しんで帰って来た後は、シャトルバスの時間まで再び昼食を兼ねた宴会です。
楽しそうな笑い声が途絶えることはありませんでした。

CIMG0030m_20170213100706d61.jpg 

CIMG0032m_201702131007074a6.jpg 

来年も宿題となった中丸山と番城山を登りに来ると言いお帰りになりました。
最初から最後まで元気パワー炸裂!
気の置けない仲間がいることは本当に素晴らしいです。

条件が悪くマッターホルン2度敗退の方も是非3度目は良い条件に恵まれますように。
ネパールメラピークに行かれる方はどうぞお気をつけて。
定宿の楽しいお話、栂池スキー楽しんで下さい。
山に行かない日はジム通いの皆さん、楽しく頑張ってトレーニング続けて下さい。
楽しいお話有難うございました。
来年もまた元気な皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

(大きな写真はOさんにメールでお送りしておきますので転送してもらって下さい)

--------------------------------------------------------------------------

クロカンをするためにいらしたYさんご夫妻、クロカンを始めたきっかけは、仕事で行ったフィンランドで初めてやってすっかり嵌ってしまったのだそうです。
2日目には友人のSさんも来て3人でクロカンコースでのスキーを楽しみました。
クロカン初めてのSさんもYさんご夫妻のアドバイスを受けながら満喫されたようです。
3日目、クロカンコースでない所を滑りたいという事で開拓農地の雪原をお勧めし、昨夜だけで30~40cm積もった新雪の中を楽しまれました。

CIMG0022m_2017021310494584d.jpg

帰って来るなり「妖精が出てきそうでとても良かったです」と・・・

山菜やキノコの頃にも来てみたいと夢を膨らませて帰途に就かれました。
有難うございました。   hisa

[ 2017/02/12 23:23 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

オーナーの一日

今日は町へ下りたついでに今度の週末にスノーシューで来るお客さんのために、登り口の偵察と目印にピンクテープをつけてきました。
その足で予約したタクシー会社に行き、お客さんを降ろす場所のお願いをしてきました。

CIMG0005m_20170207133312cf6.jpg 
登山道のない里山なので、目印をつけないと分かりにくいかもしれません。


CIMG0003m_20170207133311f84.jpg 
気温が少し高めで食堂の屋根の雪がずり落ちてきました。


IMG_0005m_201702071333165ad.jpg 
傾斜の緩い食堂の屋根ですが、直接トタンの上に乗るのは怖いので珍しくロープでビレーをとっています。
普段は、滑らないように下の雪を残して雪下ろしをします。

CIMG0012m_20170207133314cd5.jpg 
下ろした雪を除雪機で飛ばします。
以前除雪機のハンドルに入った雪が凍りつき、完全にロータリー部分が止まっていなくて巻き込まれそうになった事があったので、除雪機を動かしている時は中にいる私もいつも気にかけています。


CIMG0010m_20170207133313b80.jpg 
ライザで一日楽しんだMさんファミリーのお帰りです。
今日は強風でペア2は運休だったそうです。
視界も良くない中、楽しんで滑ったSちゃんの成長を感じます。
次回は3月下旬、雪がたくさん残っていることを祈ってお待ちしています。
有難うございました。
[ 2017/02/06 22:09 ] 日常 | TB(-) | CM(0)