蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

東原教会サマーキャンプの皆さん

今回で27回目になります。20回目がついこの間だったような気がします。
今年も17名の子供たち、引率の先生方含め30名の大人数です。
教会のある山形では、梅雨も明けて真夏日が続いてますが、車で4~50分走ったここ坊平では涼しすぎるという表現が当てはまるようです。
坊平の自然の中を駆け巡り、2日目は蔵王温泉に行き、鴫の谷地沼の散策やスーパースライダーを満喫されました。
もちろん、恒例のバーベキュー、花火、キャンプファイヤー、チャレンジアワーと盛りだくさんのスケジュールが人気の秘密なのでしょう。


1_201608020114435f5.jpg 
バーベキューのひと時、お天気にも恵まれました。



CIMG0008m_20160802011444bc8.jpg
3日間過ごした坊平に別れを告げる時が来ました。

皆さん、長いことお出でいただきありがとうございました。

                             hisa
[ 2016/07/30 22:51 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

孫たちの夏休み

忙しくなる前のひとときは孫たちの夏休みにおつき合い。
2年前に河北町の動物園に行った時、人懐こいクジャクが〝ナデナデ〟させてくれたのが嬉しくてそれを目当てに行ったのですが、残念ながら逢えませんでした。
クジャクは大きくなって専用の小屋に移動したみたいでした。
代わりというわけでもないでしょうが、金網ごしに羊と山羊の鼻先に触れる事ができたのが嬉しかったようです。

その後に行ったヒマワリの迷路。
子供はヒマワリより〝カエル〟でした!!
黙っているといつまでも遊んでいそうでした。

natuyasumi.jpg 

蔵王みはらしの丘では、スケボーを楽しみました。
上の子は施設内で、下の子はまだちょっと・・・という事で、空いている施設の外周路で。
蔵王のスーパースライダーは、やっと営業中に当たり、3年振りくらいで楽しむことができました。

孫たちの蔵王の夏休みはあっという間に過ぎて、〝もう一泊したい!〟と言いながら帰っていきました。
[ 2016/07/24 22:27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

御田の神

夕方、御田の神まで行ってきました。

1.jpg 
車を止めた所からオーナーは下りのランニングです。
冬の頃から足の指にできた 血豆?が痛いと言っていたのですが、やっと取れたのだそうです。
シャープペンシルの芯みたいなのが指の中にあったので、痛かったと思います。
凍傷で指をなくした足は、そのほかの所に なにかしら負担がかかるようです。


IMG_0017m_20160721102148c07.jpg 
御田の神では、ローズピンクのサワランがたくさん咲いていました。


IMG_0038m_20160721102212954.jpg 
トキソウはもう終わりです。


2_20160721102147190.jpg 
ホソバノキソチドリ?咲き始め。


IMG_0031m_201607211021519aa.jpg 
モウセンゴケの花は茎をぐっと伸ばしましたがまだ蕾。


IMG_0047m.jpg 
イワショウブもまだ咲き始めで蕾が多いです。


IMG_0021m.jpg
キンコウカはピークが過ぎたようですが、今年はとても少ないです。
御田の神は野鳥の楽園。ウグイスの声が賑やかに響いていました。

[ 2016/07/20 22:25 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

尾花沢中学校スキー部の夏合宿

昨年に引き続き来ていただき、今回は海の日の連休の3日間でした。
昨年まで来ていて坊平での大会や、東北、全国での大会で活躍してきた3年生は高校に入り、スキー部、陸上部でそれぞれの道を歩みだしているそうです。
中学では学校単位の活動はなく、合宿にしても大会にしても親の指導、協力がなければ成り立ちません。
父兄の皆さんは選手として活躍してきた方々、雪のない季節での走り込みの必要性を感じているのです。
今回は1年生と2年生の7名が参加、早朝はローラースキーで刈田リフトまで、その後はグラウンドやクロカンコースでの走り込みが続きます。帰ってきても疲れた表情もなくみなさんとてもたくましいです。


obanazawa.jpg
2日目の夜は庭でバーベキュー、雨の予報でしたが雨雲もどこかへ行ってしまいました。


私たちに向けての自己紹介は、「どうしたら覚えてもらえるか考えてするように」とお父さん方のアドバイス。
そして余興は子供の視線に応えて一人のお父さんの腹鼓の演奏^^
お父さんが率先してやってくれたので子供達もやらないわけにもいきません。
子供達はスマホから流れる音楽に合わせ花笠音頭を踊ってくれました。


(暗かったので右端の人が外れてしまったのに気が付きませんでした。ごめんなさい。)

尾花沢は花笠音頭の発祥の地、花笠ならぬお盆やうちわで披露してくれました。
徳良湖をため池として掘るときに始まったということで、いつも見ている山形のよりもダイナミックで迫力もあって躍動感のある踊りでした。
尾花沢の子供達は、小学4年生までに5流派の笠音頭を習得するのだそうです!


ヤッショー マカショー !!尾花沢!!
みなさん  お疲れ様でした。     hisa
[ 2016/07/18 22:15 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

誰かとどこかで・・・永六輔さん

 先日、永六輔さんが亡くなられました。
私の大好きな人生の大先輩、言いたいことをズバズバとはっきり言うところが特に好きでした。
辛く苦しいことの多かった私の青春時代、永さんの作詞した、上を向いて歩こうや見上げてごらん夜の星を、遠くへ行きたいといった歌にどれだけの元気をもらったことでしょう。

永さんと遠藤泰子さんとの絶妙コンビで46年間続いた長寿番組、TBSラジオの、誰かとどこかでは12.629回を数えました。
この誰かとどこかでが10.000回行くかどうかと、おふたりの会話にたびたび出ていた頃、私の投書した文章が番組の中で読まれることになったのです。
平成6年、1994年のことでした。
本当にたくさんの同じような投書があったのでしょうが、お二人は私のを選んでくれたのです。
とてもうれしかったのです。
歯を直したばかりとのことでしたが、快活な永さんのおしゃべりをお聞きください。



お二人のサインと似顔絵の入ったはがきも届きました。
大切にしまってあります。      hisa



追記
yamashin-ei_1.jpg 

 
[ 2016/07/14 22:23 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

天文フェスティバル

8月11、12日は恒例となった天文フェスティバル(星空観察会)が開催されます。
参加無料です。どうぞお出かけ下さい。

hoshizora2016.jpg
[ 2016/07/13 03:18 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

消防訓練&草刈

きれいに晴れました。
こんな日は山歩きをしたいと思うのですが・・・男の人達は消防訓練&草刈。

CIMG0004m_20160713012809544.jpg 

私は客室の羽毛布団と毛布の入れ替え。
からっとしていましたが、真夏を思わせるような暑い一日でした。
[ 2016/07/12 21:23 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

御田の神・熊野岳

御田の神は、シロバナニガナがたくさん咲いていました。
キンコウカは、流石にまだこれからです。

shirobananigana.jpg


トキソウもあちこちに咲いています。
sagisou.jpg 

ピンクのサワランは、まだこれからかな?

IMG_0018m_20160708235546c25.jpg 


御田の神を一周して、お天気も大丈夫そうなので熊野岳まで。
IMG_0032m_201607082355485e2.jpg 
 
馬の背登山道
IMG_0036m_20160708235549b09.jpg 


IMG_0040m.jpg 

熊野岳にはコマクサがたくさん咲いていました。
西風が強くてコマクサの写真は皆ブレブレだろうと2~3枚しか撮らなかったのが残念!
そんな時に限ってちゃんと撮れていました。
IMG_0049m.jpg 

熊野岳では西風に乗って硫黄のにおいがしていました。
熊野岳の下りで、登ってくる12~13人のグループとすれ違いました。
「こんにちは」と言ったら「アンニョンハセヨ」と返ってきました^^

明日のお天気は、また下り坂のようです。

[ 2016/07/09 22:58 ] | TB(-) | CM(0)

星降る里〝蔵王坊平高原〟イベントのお知らせ

ホタルと星空観賞ナイトハイクのお知らせです。

356.png
[ 2016/07/07 10:55 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

馬の背自主規制解除

7/1 蔵王馬の背登山道自主規制解除となりました。
これで学校関係の方々も安心して歩くことができるようになりました。

kiseikaijo.jpg 
クリックで拡大します
[ 2016/07/02 15:06 ] | TB(-) | CM(0)