蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

今年も元気な顔に会えました

早朝は光が優しいですね。
今日もレンゲツツジがきれいです。 

IMG_0010m_20160602113009dc8.jpg



IMG_0027m_20160602113010a66.jpg 
今年も鶴岡のAさんに来ていただきました。
お母さんは95歳になりました。
とてもお元気です。
来年も花のきれいな季節にお逢いしましょう! お待ちしています。
[ 2016/05/29 22:27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

レンゲツツジ満開

レンゲツツジが一気に見頃を迎えてしまいました。

IMG_0044m.jpg

この週末から4~5日が一番良い時でしょうか。
次の週末には坊平観光協議会で催し物も計画していますが、なんとかそれまでもって欲しいと祈っています。

photo201605.jpg
クリックで拡大



PCを不調にしてしまい、暫く格闘の日々を過ごしてしまいました。
でも不思議、ネットのない生活は久しぶりに心穏やかな日々でした。
今は良くても悪くても情報が多すぎますか・・・ね。
まだ解決していませんが、取り敢えず主人のパソコンから更新です。

[ 2016/05/28 15:44 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

新緑の季節

早くも花粉の季節になりました。
家の周りのミズナラの花粉です。 

IMG_0001m_20160524160118afe.jpg


IMG_0004m_2016052415595449a.jpg
明るくて色が飛んでしまったけれど・・・園地道沿いのレンゲツツジも咲き始めました。

IMG_0011m_2016052415595524b.jpg
アズマギクも咲き始めています。

IMG_0015m_20160524155957c9d.jpg
園地のアズマギクと一緒に、小さな小さなフデリンドウも咲いています。
曇っている時は開かないので、知らずに踏んづけられていることも多いのか園地のフデリンドウは特に小さいのです。


IMG_0038m_20160524155958ec3.jpg
クロカンコースの草刈りも今日から入りました。


IMG_0050m.jpg 
キャンプ場の一番低い所のレンゲツツジが満開となりました。
エゾハルゼミやカッコーの声が賑やかです。
[ 2016/05/23 20:57 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

祓川から鳥海山へ

4時に家を出た時は曇り空でした。
R13号を北上し、金山を越えた頃やっと放射冷却の雲から抜け出しました。
今日から暫く晴れの日が続くようです。


IMG_0011m_20160520035434f4a.jpg 
水を張った田んぼに映った逆さ鳥海


登山口の祓川には車が10台ほど。
天気が良いのでもう少し人出が多いと思っていたのですが、平日だし・・・山スキーのピークも過ぎたかな・・・
既に皆出発したようで、私達も急いで支度をして出発です。
登り始めは雪が少なくなってきていました。

CIMG0004m_20160520035434702.jpg
今日は気温もそれほど高くなく行動しやすい。

IMG_0018m.jpg
頂上が近くなると傾斜もきつくなって、最後の頑張り所です。

CIMG0008m_20160520035437f6e.jpg
七高山到着。


今シーズンの滑り納め
2016-1_20160520035439bbd.jpg

CIMG0016m_20160520092036f13.jpg

2016-3.jpg

CIMG0026m_201605200357563b3.jpg
楽しんで滑り降りようと思いつつ、滑り出すとあっという間です。

2016-4.jpg
最後は藪を潜って夏道に出ました。


2016-5.jpg
帰りは、ちょっと回り道して〝法体の滝〟に寄りました。
手前の方に平らな芝生の広場があり、キャンプなどもできるようです。


CIMG0038m.jpg
新緑に映える鳥海山。

ささやかな楽しみのシーズン終了です。
[ 2016/05/18 23:52 ] | TB(-) | CM(0)

鳥海山 御浜へ

やっとまた出かける機会がやってきました。
猿倉スキー場は新緑がきれいです。

CIMG0001m_20160514162823f2f.jpg


yama-1.jpg 
鳥海山が正面に見えてきました。


st-2.jpg
夜間通行止めのゲートが8時に開き、大平のちょっと先の駐車帯へ。
雪は繋がっていたけれど、スタート直後は藪がうるさくなっていました。
やはり雪解けが早いです。


CIMG0016m_20160514162827d83.jpg 
日本海をバックに登ります。


CIMG0019m_20160514162828135.jpg
とりあえず御浜まできました。


CIMG0024m_201605141629069f7.jpg 
この後どうしようか・・・ということになったのですが、私の足の靴擦れで笙が岳三峰が今日のピークとなりました。


IMG_0006m_201605141706202a9.jpg
日本海に向かって滑って行きます。

CIMG0069m.jpg



酒田で観光をして帰途に就いたのですが、山形道で後続車が蛇行しながら走るのに恐怖を感じて慌てて高速を降りました。
中央分離帯に寄り過ぎて慌ててハンドルを切ったり、外側線を跨いで走っていたり・・・居眠り運転??
高速から112号線に出てほっとひと安心。
降りたついでに途中まで戻って月山湖の噴水を見学しました。

CIMG0083m.jpg

柔らかい緑がきれいな月山道でした。
[ 2016/05/13 20:01 ] | TB(-) | CM(0)

雲 海

ぐずついた天気が続いています。

unkai-1.jpg 

今日は素晴らしい?雲海でした。
一時間後には坊平高原も、この雲海に飲まれました。
[ 2016/05/11 22:24 ] | TB(-) | CM(0)

ゴールデンウィークの田部井さんファミリー

田部井さん、私は、ご主人の政伸さんとはグランドジョラスやマッターホルンの北壁を一緒に登っています。
あれからもう49年の年月が流れていきました。
何年たっても忘れることはない、実にすばらしい思い出となっています。
そして、淳子さんは女性初のエベレスト登頂、7大陸最高峰登頂も女性初、それだけではありません。
山の環境保護、震災の被災地支援では高校生の富士登山も毎年行っています。
講演で山形にも何度もいらしていますが、全国各地を回っています。
今回帰られた翌日には広島での講演があるそうです。
テレビでもたびたび出演していて今やお茶の間のアイドルとなっているのです。
今、中高年女性が元気なのも淳子さんに影響を受けた人たちなのではないのでしょうか。

うちに来るのは初めてですが娘さんも一緒でした。クライミングやアイスクライミングもやっているそうです。
今回は山仲間のTさんとMさんも一緒で、蔵王をはじめ月山などに登る予定でしたが、あいにくの悪天候で目的はかないませんでした。
まもなく、淳子さんをモデルにした、「淳子のてっぺん」という小説が書店に並びます。
直木賞作家の唯川恵さんが現在執筆中、「女なんかにできるはずはない」と言われた時代に、夢を追いかけた女性たちの姿を淳子さんに重ねて描かれるようです。

3泊され最終日の今日は、喜多方の友人の畑によりアスパラガス狩りをして帰途に就くとのことでした。
楽しいお話をたくさんありがとうございました。  hisa

CIMG0015m_2016050714214546e.jpg 
田部井さんと山仲間


 kinen-1_2016050714214488e.jpg
田部井さんファミリーと私達

[ 2016/05/06 10:10 ] | TB(-) | CM(0)

ゴールデンウィークのお客さん

毎年のようにGWも3日の日にお客さんは集中します。
長い休みのあるこのGWに東北を旅する人たちが多いのでしょう。
Oさんは久留米より、Yさんファミリーは三条市、Nさんは山形、その娘さんご夫婦は東京から、
そして、Sさんはやはり東京から、そのSさん、「私たちも山が好きで、以前田部井さんとNHKの内多アナウンサーが立山から穂高のジャンダルムまで縦走したテレビ番組を見て感動し、夫婦で歩きました」と、感慨深げに語ってくれました。
スキーでよく来ていただいてた秋田のIさんファミリーは、上杉祭りを見て来たそうです。
中学生の息子さんはカンフーをしているそうで、その型を見せてもらいました。
かっこよかったです。先月は関西で全国大会があって行ってきたそうです。
このゴールデンウィーク、前半も後半もお天気には恵まれませんでしたが、来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。

山の友達も・・・
私たちが東京にいた頃所属していた山岳会の皆さんも来てくれました。
私たちの先輩もいるし若い人たちもいます。
予定では笹谷峠から北蔵王を縦走、途中の避難小屋に泊まり、翌日熊野岳を越えてペンションに来るというものでした。
が、雁戸山まで来たものの、折からの強風、明日はさらに悪化するという予報、二つ玉低気圧が猛烈に発達していたのです。
リーダーは下山の決断をし、その日は笹谷峠の避難小屋に泊まり、翌日下山し上山城などの観光、美味しいおそばを堪能しペンションへ到着しました。
この日お釜へ行った人たちは、「風速30メートルぐらいあった」と言っていましたから、予定通りに行動していたら大変なことになっていたことでしょう。
翌日は坊平から登山道を刈田岳に向かいました。
しかし、刈田リフトも運休の強風で、お釜だけを見て下山してきました。
「すっごい風でした!!」 数々の厳しい登山を重ねてきた皆さんが口々に言っていました。
蔵王とはいえ侮ることはできません。
またいつか、いらしてください。ありがとうございました。  hisa

20160505hokuryom.jpg
たいらぐら前よりシャトルバスに乗って上山に下ります。
[ 2016/05/05 23:01 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

天気は回復へ

雪が降って30日は蔵王エコーラインが終日通行止めとなりました。
今日は午前8時に通行止めは解除となりました。
但し夜間通行止め(17時~翌朝8時)は、5/6まで続きます。

CIMG0018m_2016050200481193a.jpg

2日、3日は天気も良くなるようですね。
お天気が良いと蔵王エコーラインの車も多くなります。
特に宮城県側が、お釜見物のための駐車待ちで渋滞することが多いです。
お釜に寄らない方も、その渋滞にどっぷりはまる事になります。
坊平にいらっしゃる方で、お釜に用事のない方は山形県側からいらした方が無難な場合があります。
どうぞ時間に余裕を持って気をつけていらして下さい。
[ 2016/05/01 22:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)