蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

自転車ロードレース開催による交通規制のお知らせ

昨年は蔵王の噴火警報騒ぎがあって中止となった自転車ロードレース、今年は開催されます。

5/15(日)は自転車ロードレース「日本の蔵王 ヒルクライム・エコ2016」が開催されます。
当日は6時~12時30まで、宮城県側の蔵王エコーラインと、お釜へ行く蔵王ハイラインが通行止めとなります。
お釜見物には、山形県側の蔵王エコーラインと刈田リフトをご利用下さい。
尚、山形発 蔵王刈田岳山頂行きの路線バスは運休となります。
[ 2016/04/24 16:18 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

蔵王エコーライン開通

冬期通行止めだった山岳観光道路〝蔵王エコーライン〟が、今日開通しました。

今年は本当に雪が少ないです。

CIMG0002m_20160422165031195.jpg
御田の神



CIMG0010m_20160422165032f2d.jpg 
いつもは雪の壁になっている井戸沢も、かなり壁が低いです。


CIMG0025m_20160422165034753.jpg 
宮城県側の一番壁の高い所です。



CIMG0037m.jpg 
エコーラインから南蔵王方面



1-1_20160422165037110.jpg 
帰りに、秋に撤去した北都リフト跡に寄ってきました。


CIMG0044m.jpg 

CIMG0043m_201604221652258d3.jpg 

CIMG0041m.jpg
クリックで拡大します。

蔵王エコーラインは開通後も、4月22日~5月6日まで、17時~翌朝8時までの間は夜間通行止めとなります(5/6am8時解除)。
通行止めとなるのは、坊平高原の先から宮城県側 澄川スキー場までの山越え区間です。
(お釜に行く蔵王ハイラインは16時にゲートが閉まります)
又、降雪や路面凍結などの恐れがある場合は通行止めとなる事もありますので、どうぞ道路情報にもお気をつけ下さい。

[ 2016/04/22 16:56 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

月山~石跳沢

 再び月山へ

IMG_0001m_20160421144351c45.jpg
車を志津のキャンプ場に置いて、バスで姥沢に向かいました。
リフトを下りて出発です。
月山は最近降った雪で、以前より白くなっていました。


IMG_0003m_20160421144352a8b.jpg 
牛首からの登り。
登山者はアイゼンを付けていました。


IMG_0007m_20160421144354bba.jpg 
途中、前を行く単独半袖のボーダーが四つん這いになってもがいていました。
先に通過した人が心配そうに見ていました。
そこは新雪の下がツルツルの氷になっていたのです。
ソフトブーツのボーダーにはキツイ所です。
私達は一旦クトーを付けかけたのですが、スキーの板をデポして行くことにしました。
なるだけ雪が積もっている所を探してキックステップで登って行きます。

IMG_0009m_20160421144357801.jpg
月山山頂 遠く左肩に鳥海山が見えています。


IMG_0008m_201604211443556e2.jpg 
山頂には、あっちの山こっちの山と東北巡業中の松本のOさんが待っていてくれました。
月山周辺に何日か滞在していて、昨日は悪天で月山を敗退し今日は鳥海山に向かう予定でした。
早朝は鳥海山方面には雲が出ていたそうで、途中から月山に戻ってきたのです。


10.jpg 
Oさんは月山東斜面一番乗りだったと嬉しそうに話して、2度目のダウンヒル。
今日で長旅を終え松本に帰る予定だそうです。


IMG_0017m_20160421144625a11.jpg 
私達はスキーのデポ地点まで戻り、金姥に向かいます。


IMG_0025m.jpg 
金姥から回り込み、石跳沢目指して滑って行きます。


IMG_0028m_20160421153714f18.jpg 
装束場で暫し休憩し、再び滑って行きます。


IMG_0030m.jpg 
太陽に暈がかかっていました。


IMG_0031m.jpg 
湯殿山の斜面には、ず~っとトラバースした一筋の跡がありました。 (クリックで拡大)


IMG_0033m.jpg
ネイチャーセンターが近くなると沢が顔を出すようになりました。
明日は又下り坂の天気予報です。
[ 2016/04/20 23:48 ] | TB(-) | CM(0)

月山 西の平

この春は天気も変わりやすく、どこも雪が少ないです。
少し遠出をしたかったのですが諦めました。

きょうは一日だけ晴れの予報に、雪のある月山方面へ出かけて来ました。

 IMG_0004m_20160418021328759.jpg
湯殿山ホテル近くに車を止めて歩き出します。
車を止めた所からスキーを履けるのは嬉しいです。
昨日降った新雪がきれいで気持ちがいいです。


CIMG0012m_20160418023234d6c.jpg  
当初の予定より少し手前から取り付きました。


IMG_0008m.jpg
湯殿山(正面)から右手に延びる尾根に向かいます。


CIMG0022m_20160418023412b02.jpg 
尾根に乗りました。
乗り上げた所は大岫峠(おおぐきとうげ)、出羽の古道〝六十里越え街道〟が通っている所です。


IMG_0011m_20160418111226baa.jpg 
GPSが示す西の平のピーク・・・と言っても雪に覆われている今は、ただ平な所です。
木の上の方の枝に赤いテープが付いていました。
 

IMG_0013m_201604180237069f0.jpg 
一日晴れの予報でしたが曇り空になってきました。
30分ほど休んで下山です。
登って来たルートが比較的疎林でいいという主人の意見でしたが、初めての所なので違うラインを滑り下りてみました。
地図読みも山スキーの楽しみかな?

駐車した所にはもう一台車が止まっていて、その主も下りてきました。
スキーも持ってきているそうでしたが、今回はワカンで仙人岳の麓まで行ってきたのだそうです。

昼前に下りてしまったので石跳でもと思ったのですが、西の平から撮った姥沢の駐車場をズームして見たら車がビッシリ!
今日は土曜日なので混んでいるようで・・即気持ちが失せました。
後に友人の話で、やはり激混みだったそうです。


せっかく出かけてきたので、前から気になっていた仁田山放牧場に行ってみました。
tenbou.jpg 
仁田山放牧場は、月山の素晴らしい展望台でした。
〝西の平〟って月山の又は湯殿山の西側の平らな所っていう意味で名づけられたみたいですね!?
帰路は高速でなく下道を走りました。
あちこちで桜が満開できれいでした。
[ 2016/04/16 23:39 ] | TB(-) | CM(0)

寒い一日です

 ゲレンデでは霧氷の花が輝いています。

CIMG0026m_201604171540353f2.jpg 


CIMG0002m_20160417154511c5f.jpg 

園地の松の木の下には・・・リスのお食事跡です。

CIMG0001m_201604171540341c2.jpg

「pray for kumamoto」  なにができるか考えよう。
[ 2016/04/15 20:52 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

リニューアル グリーングラウンド

雪解けが進みました。
CIMG0011m_2016041514392882c.jpg 


グラウンドの雪も解けました。

CIMG0018m_201604151439303fa.jpg 


昨年工事をして、グラウンドが新しくなりました。

CIMG0014m_20160415143931481.jpg 

CIMG0015m_20160415143933bfb.jpg 

CIMG0016m_20160415143934635.jpg 

CIMG0017m_20160415143948049.jpg 
[ 2016/04/13 20:38 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

最近の様子

4/11 雪が降りました。
一度暖かい思いをしてしまうと、とても寒く感じます。
CIMG0001m_20160415142459cd8.jpg 


CIMG0005m_2016041514250084b.jpg 
ワックスルームだった小屋は夏は合宿用の洗濯機置き場にしているのですが、一部壁を外して植物を置いていたら全部凍らせてしまいました。
可哀想なことをしました。


CIMG0007m_20160415142502bfc.jpg 

4/12 園地の水場では、飛び散った水で氷柱が出来ていました。
一輪だけ咲いたショウジョウバカマも寒そうです。
[ 2016/04/12 22:23 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

月山 柴灯森~湯殿山スキー場

主人の足の調子もだいぶ良くなってきたので「石跳でも行こうか 」と話していたところに山スキー仲間のKさんから電話があり、急遽柴灯森から湯殿山スキー場に行くことになりました。
湯殿山スキー場に車をデポして姥沢へ。

CIMG0003m_20160411110849dd2.jpg
今日は月山スキー場開きです。
午前9時、関係者がオープンセレモニーの準備をしていました。


CIMG0005m_2016041111085033a.jpg
リフト上駅から姥ヶ岳方面



 CIMG0007m_20160411110853f6a.jpg



CIMG0006m_201604111108526c7.jpg 
日曜日の事もあって大勢の人が出ています。
どんよりとした晴れで、月山山頂には雲がかかり始めていました。


CIMG0008m_20160411110855061.jpg 
柴灯森を目指します。


CIMG0009m_20160411111752662.jpg 
柴灯森から月山方面。
大勢の人が山頂に向かっていますが、ガスってきました。


CIMG0012m_20160411111753b09.jpg 
身支度を整えて出発です。
この先の吊り尾根状の所が両側スッパリと切れ落ちていて、前回来た時にはガリガリで怖い思いをしました。
Kさん夫妻はアイゼンを持ってきたと言っていました。
先行パーティが滑って行くのを見て「大丈夫そう!」とひと安心。


CIMG0013m_20160411112442522.jpg
滑り出しの尾根は雪が柔らかく安心して通過。格好良く目立つ1619 ピークへの登り。


CIMG0023m_2016041111221225b.jpg



CIMG0029m_20160411111755fe8.jpg 
後ろの稜線を滑ってきました。    Kさんの奥さん


0012m.jpg 
Kさん

この後ガスがかかってホワイトアウトに・・・晴れの予報だったのに。
現在地を確認しながら慎重に滑って行きます。
快適滑降とは無縁となりました^^;


IMG_0024m.jpg 
やっとガスをぬけました。良い斜面は既に終了してしまいました。
遠く右奥には湯殿山スキー場が見えています。
前回2012年は雪の多い年でした。
雪の少ない今年は灌木も目立ち、景色もだいぶ変わって見えます。
尾根末端は左の方へ回り込んで沢を渡りました。このルートがスタンダードのようです。


IMG_0029m.jpg 
湯殿山スキー場から振り返りました。
滑ってきた稜線は雲の中でした。
山のお天気は予想通りにいかない事も多々あるさ・・・です。
山の風に吹かれ、ホワイトアウトの中で現在地を確認しながら、またルート選択をしながら滑るのも私達にとっては久し振りで新鮮でした。
前回行った2012年の様子はこちらから。

車の回収で姥沢に戻り、Kさん夫妻と別れたあと志津の友人を訪ねました。
元気そうで安心しました。
天気は下り坂の予報です。
[ 2016/04/10 22:29 ] | TB(-) | CM(0)

孫達のスキーシーズンも終了

孫達がやってきました。
皆の都合を合わせていたらこの時期になってしまいました。
今回はパパも一緒、2年振りです。
塩釜に店を開いて5ヶ月で震災に合い、そのご再開しましたが、この度嵩上げが決まり今年中に移転することになりました。
暫く忙しさに拍車がかかりそうです。

IMG_0001ka.jpg 
高鳥コース


IMG_0002m_20160406100632e62.jpg 
上の台  雪がなくなるのも時間の問題です。


IMG_0011m_20160406100635d64.jpg
大平コース  このコースも、一ヶ所迂回して?上の台に合流です。


IMG_0006m_201604061006337e3.jpg 
上の台
 

IMG_0019m_201604061006368d7.jpg
中央ゲレンデからパラダイスには行けないことになっていたので、車で移動して地蔵山頂に行く事にしました。
山麓駅から見える横倉ゲレンデには、もう雪がありません。

静か過ぎる山頂駅がシーズンオフ間近を感じさせました。
ザンゲ坂も途中に一ヶ所土の出ている所がありました。

ユートピアで少し滑って・・・孫達は帰って行きました。
黒姫ゲレンデも雪が消え、季節は半月早い感じです。
[ 2016/04/05 22:04 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

スキーシーズン終了

 シーズン最後の日は、雲が多いながら穏やかに晴れました。

CIMG0001m_20160404121903a9b.jpg



CIMG0133m.jpg
池には21日からカモが来ています。水芭蕉も春に向けて準備中ですね。


yacyou.jpg 
裏庭に、いつも3月頃やって来るシメ(左)。 渡り鳥のアトリ(右)は、群れで行動しています。


CIMG0005m_20160404121905eae.jpg
庭の片隅では、暖かい日差しを浴びて福寿草が開いています。
春ですね。

この冬最後のお客さんは、ハイジのキャンプに予約をしていたけれど怪我で参加できず・・・でもやはり友達に会いたいとやってきたKさん。
付き添いのお母さんもハイジの卒業生、ハイジでイントラもしていました。
子供のスキースクール〝ハイジ〟には、根強いハイジファンがたくさんいるのです。

Kさんをお見送りしてスキーシーズンが終了しました。
この冬お出でいただいた皆さん、有難うございました。

[ 2016/04/03 23:15 ] 日常 | TB(-) | CM(0)