蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

行田山の会の皆さん

Mさんグループが雄国沼のキスゲを見てやって来て下さいました。
きょうは月山の予定でしたが、生憎のお天気で観光に切り替え楽しむそうです。

IMG_0002s_20150701114336cc5.jpg 
有難うございました。



urinoki.jpg
裏庭の花は「ウリノキ:瓜の木」が正解でした。
いつから「キューリの木」と勘違いしていたのか・・・不思議です^^;


オーナーの挑戦は下記「刈田岳トレイルラン」のコメントに書いてあります。
4月シーズンオフから300km、楽しんで山を走りました。
これからも歳相応に楽しんで走ってくれれば良いと思っています。
[ 2015/06/28 22:00 ] | TB(-) | CM(0)

刈田岳トレイルラン

大会まであと少し、もう最終仕上げの時になりました。
時間内に完走できるかどうかがとても気になります。

昨日のように雷の予報も出ているので、途中までのつもりが大丈夫そうなので、刈田岳までの750メートルの標高差の登山道を走りました。

20150624165747.jpg 
夕方のお釜は神秘的でした。近くではもうコマクサも咲いています。



20150624171351.jpg 
チングルマは花が終わり、種子になり始め、それもまたきれいです。



20150624171937.jpg 
今年は雨が少ないせいか、ワタスゲもきれいです。 hisa
[ 2015/06/24 21:49 ] | TB(-) | CM(2)

蔵王エコーライン開通

待ちに待った蔵王エコーラインが開通する日が来ました。
ゲートには昨夜から並んでいた車がありました。
私達は関係者としてひと足先に通らせてもらいます。
お天気が気になりましたが、途中で雲の上に出ました。  


CIMG0003s_20150622232808d18.jpg 


同乗していた人の「山が噴火したような雲だ!」という声に稜線を見ると、本当にそんな感じの雲が湧き上がっていました。
開通式の行われる所からは、更に立派は雲が湧き上がっているのが見えました。
宮城県側からの風が山にぶつかって上昇気流を起こすらしく、時々見る光景です。
 IMG_0001ss.jpg


皆が待ち望んだ開通式は盛大でした。
上空には取材のヘリが5機も飛んでいて、神主さんの祝詞が良く聞こえませんでした。
14s.jpg 


山形宮城両県知事等のテープカット。後ろにはゆるキャラも大勢並びました。
cut.jpg 


式典後、私達ペンションの参加者は、刈田リフトに乗ってお釜見物に行くことにしました。
山形県側は、刈田リフト、西蔵王高原ラインが8月31日まで無料になりました。
宮城県側は、蔵王ハイラインが7月31日まで無料となっています。
刈田リフト乗り場では、山菜汁がふるまわれていました。
CIMG0045s_201506222341405dd.jpg


刈田リフトを下りて馬の背登山道につきあたった所から熊野岳基部までは、自主規制で通行止めの措置が取られています。
詳しくはこちらをご覧ください。
IMG_0018ss.jpg 
kanban.jpg




お釜は、きれいなエメラルドグリーンでした。
ペンションの人が開通式に皆で揃ってお釜見物なんて最初で最後かもしれません。
okama20150622.jpg 


再び刈田リフトに乗って帰ってきました。
車で帰る皆と別れ、私は一人歩いて下りる事にしました。
御田の神の木道を歩いていると、Oさんが一人で木道脇のロープを張っているのに出会いました。
ロープをセットするのも、冬の前に外すのも、全部Oさんがボランティアでやっているのだそうです。
私もロープを張るのをひとしきり手伝って御田の神を後にしました。
3_20150623000109196.jpg 


蔵王エコーラインが開通したので、さすがに先行者は・・・いました!今日の先行者、カモシカ君の足跡です。
途中の赤土の所では、ツゥーと滑った後が有りました。
「こんな平らな所でカモシカも滑るんだ!」
想像しただけで、なんだか楽しくなってしまいました。
kamon.jpg 

道沿いはマイズルソウが終わりかけ、サラサドウダンやゴゼンタチバナが咲き出していました。
エコーラインが開通して、やっと蔵王にも遅ればせの春がやって来た感じがします。

[ 2015/06/22 23:34 ] | TB(-) | CM(0)

子供のうさぎ

昨日クロカンコースを走っている時、子供のウサギとバッタリ・・・
びっくりして藪の方に入って行ったのですが、私の走って行くコースにまた飛び出し慌てふためいていました。
今日はまた会えるかなと思いカメラを持っていくと、同じところで待って?いました。

usagi.jpg 

きょとんとした顔が何とも言えません。  hisa

[ 2015/06/19 21:30 ] 動植物 | TB(-) | CM(2)

山登りの大先輩

私たちが若き頃所属していた山岳会の先輩が来てくれました。
10年以上の開きのある大先輩です。
中でもKさんは2年目に入ったばかりの私を、難しい谷川岳一の倉沢の衝立岩に誘ってくれました。
50年以上経つのに、今もこうして、ちゃんと仕事をしているかどうか見に来てくれるのです。
先輩方は登山の知識だけではなく、生きてゆくのに必要なすべてのことを教えてきてくれたのです。
それは、一つの大きな家族のようでした。嬉しい限りです。
昔は煙草もお酒も離せない皆さんでしたが、今は健康のためすっかりと止め、この元気の源は快活なおしゃべりにありそうです。
「火山警報解除」のニュースと共にやってきた皆さん、夜の更けるまでおしゃべりが続きました。


yama1.jpg
今回の目的はサクランボ狩り、出発前のひとときです。


CIMG0108s.jpg
サクランボ狩り中の皆さん、初めての方がほとんどで大満足されてました。
帰りの車中では、来年は山寺と、今回行けなかったお釜とサクランボ狩り、という計画も生まれていたそうです。
皆さん、ありがとうございました。   hisa
[ 2015/06/18 21:27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

南蔵王トレイルラン

私たちも昔所属していた山岳会若手の皆さんが、栗駒山を登った後来てくれました。
翌日は白石スキー場から不忘山の往復とのことでした。
「それではもったいない、私が皆さんの車を白石スキー場まで持っていくので、皆さんは刈田峠から不忘山へ縦走してください」と提案。
私は白石スキー場から刈田峠をめざし、途中で車のキーを渡すのです。
朝7時、それぞれ出発。

登山組は坊平通行止めゲートから始まります。

CIMG0095s.jpg
エコーライン沿いには、ハクサンチドリがたくさん咲いています

CIMG0004s_2015061712154957a.jpg 
御田の神湿原を通って行きます

2.jpg 
刈田リフトの所でお見送り 〝気を付けて!!〟  (photo by yoshiko)


私は1人白石スキー場へと車を走らせました。
登山口にはもう30台ほどの車が止まっていました。
今日は良い天気のはずだったのですが、曇り空からポツポツと気にならない程度の雨が落ちてきます。
ゆっくりでも何とか走って行けます。
稜線に出るまでに20パーテイーほど抜き、コースタイムより1時間ほど早く不忘山に着くことができました。
ハクサンイチゲもミヤマオダマキもしっかり咲いていてほっとしました。 
岩場や急登以外は走ることができ、4月下旬から始まったトレーニングの結果が出ていることを実感しました。
水引入道の分岐点で皆と合流してキーを渡し暫し休憩、花の咲き乱れる稜線の道に皆さん満足げで私もほっとしました。

IMG_0012s_20150617122309a50.jpg 
芝草平のチングルマと南屏風岳

皆さんと別れ、チングルマの満開の芝草平で軽く軽食。
午後は天気も回復し、刈田峠、ライザスキー場内の登山道をペンションまで走りました。
いい走りが出来ました。hisa


南蔵王の花々

IMG_0003s_201506171238204eb.jpg
ミヤマオダマキ

img0002s.jpg
ハクサンイチゲ(終わりかけでした)


IMG_0006s_20150617123822400.jpg 
ミヤマキンバイ


IMG_0007s_2015061712382383d.jpg 
チングルマ

img0017s.jpg 
ミヤマハンショウズル



[ 2015/06/17 14:05 ] | TB(-) | CM(2)

蔵王噴火警報解除

本日、蔵王山の噴火警報が解除され、噴火予報は〝平常〟(活火山である事に留意)に引き下げられました。
但し、山形県と宮城県の関係自治体は安全に配慮し自主規制による立ち入り禁止区域を設けました。山形県側は馬の背登山道の一部が通行止めになっています。詳しくはこちらをご覧ください。

蔵王エコーラインは開通準備作業に入りました。
開通しましたらお知らせします。

[ 2015/06/16 10:08 ] | TB(-) | CM(0)

箱根駅伝V 青学大 蔵王合宿決定!!

蔵王の噴火情報により、蔵王周辺の観光に携わる人たちは苦しい日々を送っています。
警報が早く解除され、エコーラインも開通することを願っているのです。
15日に火山予知連絡会の会議があり、それで解除の方向に進展するような報道なのですが・・・
そんな雰囲気の中8月の末の10日間、箱根駅伝優勝の青山学院大陸上競技部が50名の参加での合宿がこの蔵王で決まったのです。


aoyama-g.jpg

宿泊は蔵王温泉、そして蔵王坊平アスリートヴィレッジでのトレーニングの内容です。
いつもの若者たちの賑やかな声が響く夏の蔵王坊平はそこまで来ています。



CIMG0004s_201506131727331c2.jpg
6月13日、晴天の中、グラウンドにはサッカー少年たちが走り回っています。
15日からはトラックの改修工事で使えなくなります。

グラウンド工事日程
トラック改修     H27.6.15~7.24
工事休止期間    H27.7.25~8.31 グラウンド使用できます
トラック内芝張替え H27.9.1~11.30 トラックも使えないそうです

どうぞ宜しくお願い致します。 hisa

[ 2015/06/13 16:36 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

アズマギク

天候が回復して暖かい日差しが注ぐ午後になりました。
レンゲツツジもピークを過ぎ、アズマギクがさぞかし背を伸ばしているだろうと園地に行くと・・・

CIMG0007s_20150611002407b44.jpg 
な~んと、きれいに刈られていました(涙)
刈る人にとってアズマギクは雑草に見えたのかな?



CIMG0009s_20150611002409b9e.jpg 
ペンション村道路沿いに、フランス菊が咲き始めました。
[ 2015/06/10 23:20 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

トレイルラン

蔵王トレイルランをしてきました。
標高差は900メートル、30キロほどの楽しいコースです。
御田の神ではまだ6月初めというのにコバイケイソウのつぼみが膨らみ咲きそうなのがありました。
今年はソメイヨシノも早かったし、さくらんぼの収穫も早いし、高山植物も早い、どんな夏になるのでしょうか。

IMG_0001s_201506091240004a0.jpg 
ヒナザクラの群落


CIMG0128s.jpg 
チングルマ


CIMG0132s.jpg 

お釜は今日も平穏です。
昨日までで、火山性地震(体に感じない物)0の連続は13日、火山性微動0の連続は21日になりました。
火山性地震一桁連続は26日になります。

 

IMG_0010s_201506091241137a9.jpg
お地蔵さんは新しい袈裟をしていました。


IMG_0011s_20150609124115434.jpg
サンカヨウの花が見事に咲いていました。

蔵王温泉からの13キロほどの舗装道路は、今まで走ってきた登山道と違って硬く感じますが、今履いているアイスバグというトレイルシューズは私の足に合っているようでしっかりとカバーしてくれ疲れを感じさせません。
5時間半のランニングでした。  hisa

[ 2015/06/08 22:09 ] | TB(-) | CM(0)