蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

蔵王スキー場へ

孫達と蔵王スキー場へ行ってきました。

CIMG0003s_20150401220809b04.jpg 
地蔵の樹氷も名残りを残すのみとなりました。

娘の友達と合流して、5才の孫もザンゲ坂、百万人、黒姫、大森、横倉ゲレンデを一緒に滑りました。
私達の心配をよそにしっかりした滑りでした。
この様子だとお兄ちゃん同様早い段階でボードに乗り換えそうです。

CIMG0004s_201504012208103d8.jpg 
春の日差しを浴びてザンゲ坂上部を滑る

主人は今シーズン初めての蔵王スキー場、私はツアー途中通過したのを含めて2度目の蔵王スキー場でした。
[ 2015/03/31 22:36 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

好天に恵まれた春休み

Mさんファミリーの春休み・・・今年もM家一族で来ていただきました。
お母さんにも久し振りにお逢いできて嬉しかったです。

CIMG0014s_20150401172451011.jpg

3日間良い天気に恵まれ、最高のスキー日和となりました。

日を同じくして、猿倉の大会出場で網張ジュニアチームの皆さんにもお泊りいただきました。
有難うございました。



[ 2015/03/29 23:25 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

K家の皆さん

K家の皆さん、1シーズン振りに復活です。
可愛い家族(nanaちゃん)が増えていました。
CIMG0008s_20150324145927cec.jpg
 


思えば昭和63年に来ていただいて以来ずっと坊平に親しんでいただいています。
その間には、野口ペンションに200泊も達成していただきました。

CIMG0003s_20150324145926d28.jpg 
3日間暖かくて良いお天気が続きました。
家族全員がスキー、ボードを楽しみました。
もちろんnanaちゃんもお母さんに抱っこしてもらいペア2から滑ったそうです。

帰る日は小雪が舞いました。
また来シーズン可愛い笑顔に会えるのを楽しみにしています。
有難うございました。
[ 2015/03/23 22:58 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

Oさんの卒業旅行

Oさん、小学生から中学にかけて毎年家族でスキーに来てくれてました。
お母さんが鳥海山の麓、由利本荘市ということもあって、夏にも来てくれました。
今回は大学の卒業スキー旅行で、仲良し3人で夜行バスに乗ってやってきました。
2日間たっぷりと滑り、夜はゲームに熱中し、帰る日は上山市内を見学し、食事をし、温泉銭湯に入って、再び夜行バスに乗って帰途につかれました。


CIMG0003s_20150323084422c7e.jpg
天気にも恵まれ久しぶりのスキーを楽しんだ3人
来月からは社会人、がんばってくださいね。
                             hisa
[ 2015/03/21 22:43 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

メンテナンス

酒田のSさんが又来て下さいました。
2月にも来て下さったのですが腰痛を発症してしまい、リベンジでもう一度伺いますと言っていたのです。
昨夜は一緒に食事をしながら楽しいひと時を過ごしました。

蔵王スキー場に行くSさんをお見送りした後、建物の高い所のペンキ塗りをしました。
雪のあるうちにすると、梯子をそんなに延ばさなくて良いので楽なのです。
着雪で枝折れなどの心配がある木の枝払いもしました。

CIMG0002s_20150319143312fac.jpg 
すっかり春めいた景色になっていますが、春は三寒四温、まだまだ寒くて雪降りの日もあるでしょう。
[ 2015/03/18 22:22 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

Iさんファミリーがいらっしゃいました

酒田にお住いのIさん、お付き合いはまだペンションを始める前からになるのです。
当時私はアルパインガイドをしていたのですが、私が主任講師の5日間の穂高の講習会に友人のTさんと参加されたのです。
雪上、クライミングの講習後、最終日には前穂高の北尾根を登りました。
翌年の3月には共に谷川岳にも行きました。
ペンションを始めてからはご家族で、また職場仲間とよく来て下さっています。
また、定年になったらペンションの年間宿泊のトップになることと、私が走る秋田100キロマラソンを応援することを掲げてましたが、宿泊トップは2年連続で、秋田100キロも実現いたしました。
今年もリフトのシーズン券、またトルネードスキークラブのシーズン券を購入、一人では度々来ていただいていますが今回は久しぶりに娘さんの家族と一緒です。
ペンションのできた最初の年、第1回ペンション村スキー大会では、Iさん、小学生の娘さんが共に1位でした。
39年前のことになります。


CIMG0007s_2015031615003556c.jpg

お天気にも恵まれました。
東京にお住いの長女のKさんは東京からの参加、Iさん、幸せいっぱいでお酒も進んでいました。
ありがとうございました。hisa
[ 2015/03/15 23:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

ホワイトアウト

3日間で降り積もった雪は80~90cmでした。
昼頃お客さんのゲレンデへの送りは濃霧で、見えない・・見えない・・で超ノロノロ運転。
道路脇の微かに見えるポールの有り難い事。
ライザの駐車場内は真っ白けで迷走運転。
やっと駐車中の車が見えてなんとか位置関係が把握できるような有り様でした。
これだけ見えない事も珍しいかな?
明日はせめて視界の良い天候でありますように!!

[ 2015/03/13 22:13 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

荒天の一日

朝の積雪は30cmほどでしたが、風も有り視界も悪くリフトは全面運休となりました。

CIMG0011s_20150311232052a57.jpg
裏庭では、ゴジュウカラが体を膨らめて羽を休めていました。
[ 2015/03/11 11:22 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

Nさんのスキーシーズンが終わりました

20年前から来ていただいている東京のNさん、今シーズンは初めてリフトのシーズン券を購入、年末年始、2月の連休と、この3月でトータル15日余りを楽しまれました。
シーズン券にはドリンク券20枚、食事券が4枚ついて25000円、大変お得と絶賛していました。

土曜日はお釜を見てみたいということで、かんじきを履いて私と一緒に刈田岳まで行きました。
しかし、馬の背までの山形県側は晴れているのに、宮城県側は雲海に包まれ、もう少しで見える!ところまで行ったのですが残念ながら見えませんでした。
昼には降りてきて夕方までスキーを楽しみました。


2s.jpg 

刈田岳でのNさん、お釜は来シーズンの宿題となりましたが、年末年始の予約をされてお帰りになりました。
ありがとうございました。 hisa
[ 2015/03/09 10:05 ] | TB(-) | CM(0)

蔵王スキーツアー

目が覚めたのが8時でした。
ちょっと寝過ごしてしまいました。
外を見ると微妙な天気ですが昼過ぎくらいまではなんとかなりそうです。
朝ご飯を食べ急いで支度をしてリフト乗り場まで車で送ってもらいました。
クワットリフトに乗り、青い鳥コースを一本滑ってリフトトップへ。
今日は熊野岳~地蔵~黒姫ゲレンデ~放牧場~永野S字までツアーする予定です。
10時20分出発。


CIMG0020s_201503041514447c7.jpg
リフトトップの樹氷


CIMG0025s_20150304151447c16.jpg 
シールを付けて歩いて行くと、お客さんを案内中のOさんに追付きました。
中丸山の稜線の雪が黒っぽいので「黄砂が降ったのかな?」と聞くと、一週間前に降ったとのこと。
その後に又雪が降ったので、一時は茶色になった樹氷も今日は良いらしいです。


CIMG0023s_201503041514450a4.jpg 
高曇りの中 熊野岳が見えています。



CIMG0033ss_20150306095905185.jpg inu.jpg 
キツネの足跡かな?と一生懸命写真を撮ったのですが、犬の足跡でした。 



CIMG0037s_2015030415145064b.jpg
御田の神



CIMG0053s_20150304153309987.jpg 
廃線北都リフトの手前から熊野岳方面にトラバース気味に登って行きます。
振り返ると広々とした御田の神が広がっています。


CIMG0057s_201503041533107de.jpg 
熊野岳山頂には12時5分着。 遠くに月山が白く見えています。
刈田岳に雲が漂い始めたので休憩せず地蔵山に向かいます。



CIMG0068s_20150304153311b81.jpg
地蔵の樹氷もなんとか復活したみたいですね。



 CIMG0066sjizo.jpg
お地蔵さんは肩まで埋まっていました。
ザンゲ坂を下って百万人ゲレンデを滑り、黒姫コネクションコースへと向かいます。



CIMG0076s_201503041551287e8.jpg 
蔵王ラインへ出る途中、なんの足跡かと良く見てみたら、こちらはカモシカでした。



CIMG0077s_20150304155129725.jpg 
蔵王ラインはロータリー車で雪を飛ばしたようで、道路沿いは垂直の氷の壁になっていました。
スキー靴を蹴り込んでも歯が立たず、壁の一番低い所から攀じ登って放牧場の入り口に立ちました。
時刻は13時40分になっていました。



CIMG0078s.jpg 
林の小尾根を抜け放牧場に出ました。
堅く締まった雪の上に雪が載って滑りやすかったのですが、凸凹が見えず慎重に推進滑降となりました。



CIMG0080s.jpg 
これはキジかヤマドリの足跡です。
林道から見下ろした時歩いているのが見えたのですが、私の存在に気が付いた時急にセカセカ歩き始め最後は飛び立ちました。
その歩き方はまるで小トトロのようで面白かったです。


CIMG0082s.jpg 

お昼もしていなかったのでどこかで食べようと思っていたのですが、シャトルバスに間に合いそうなのでそのまま頑張ってしまいました(間に合わない時は迎えに来てもらう予定でしたが・・・)。
永野のS字(S型カーブ)にでたのが15時10分、下永野バス停13分のシャトルバスになんとか乗せてもらい坊平へと帰ってきました。
放牧場はもう少し楽しんで滑りたかったな~と後悔先に立たずですが、明日は又天気が崩れるので良いチャンスの一日だったとしましょう。
[ 2015/03/03 22:05 ] | TB(-) | CM(0)