蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

山スキー仲間

私たちも所属している〝自然を滑る会〟の皆さんが来てくれました。
多くの人は首都圏からですが、福島の別宅から1名と松本市からも1名参加してくれました。
日曜の午前からと午後にかけて到着し、快晴のゲレンデを樹氷を満喫しつつ滑りました。
翌日は刈田岳、熊野岳から黒姫に降り、さらに放牧場コースを永野部落まで行くことになっていて、私も同行することになっていました。
しかし、昨日あんなに素晴らしい天気だったのに夕方から雨になってしまいました。
「樹氷は大丈夫だろうか」と心配になりました。
2日目、雨は降っていませんが、山はすっかり雲に覆われてしまっています。
天気予報では次第に良くなることも言っていましたので、ライザレストランで様子を見ていました。
しかし変化はなく、とりあえず出発することになりました。
ライザⅡのあたりの樹氷は、昨夜の雨で南側半分はすっかり落ちてしまっていました。
でも御田の神あたりはしっかりと残ってくれていました。
視界不良の中前進しますが、馬の背の稜線に出た所で強風とさらに悪くなった視界にリーダーは引き返す事を決めました。
今回の女性リーダーでもあるFさんはヒマラヤの8000メートル峰登頂者、日本300名山登頂はもちろん山スキー100名山も滑っています。
〝自然を滑る会〟は、会員全員が、それぞれの山岳会で活動してきた人の集まりです。

CIMG0006s_201502260235555c6.jpg
強風、視界不良の中でのスキー滑降は神経を使います。



3日目、今日も山の上は雲に包まれています。
そのため放牧場コースのみにし、2回のピストン輸送でメンバーをスタート地点に運び、コースを知っている私が先頭で滑り始めました。
CIMG0018s_201502260235575f0.jpg
雪質もよく、広々したコースを歓声あげて滑るメンバー



CIMG0023s_20150226023558dcf.jpg 
滑ってきました・・・
ここから上野原へ行くコースもありますが、雪質もよいので、さらに永野部落までの滑りを楽しみました。
思いのほかコースも長く変化に富んでいると、皆さん大喜びでした。
再び2度のピストン輸送でペンションに戻り、ティーータイムの後帰途につかれました。
お疲れ様でした。    hisa

[ 2015/02/24 23:06 ] | TB(-) | CM(0)

リベンジ刈田岳

昨年2月、10名で予約されていた新ハイキングクラブの皆さん、ところが例の爆弾低気圧の影響で暴風雪となり、新幹線は動かないし・・・で、来られなくなってしまったのです。
それで今回はリベンジ、人数は4人となりましたが到着日は快晴、喜び勇んで刈田岳へと向かいました。
夕方、ニコニコ顔で帰ってきた皆さん、「風呂より前にまずビール!!」でした。
もちろん夕食の時もビールとワインと日本酒、幸せそうでした。

CIMG0003s_20150224173042048.jpg
出発前の皆さん、



IMG_0024s.jpg
こんな晴天の中、樹氷原を歩きました。

2日目、きょうもリフトトップへ行き、ブナ林を楽しみました。
時間があるのでもう1度リフトに乗り、別のブナ林を下って帰ってきました。
シャトルバスの時間まで、もちろんビールとワインです。
そして上山では温泉に入ってビールとのことでした。
2日間の快晴は珍しい、皆さんにとって最高の休日となりました。
来年は中丸山の稜線を歩きたいです・・・と言っていました。
ありがとうございました。     hisa

[ 2015/02/22 21:53 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

会社の仲間と

今年も宮城県岩沼のSさんグループに来ていただきました。
皆さん同じ会社で、幹事さんのSさんには30年前位から来ていただいています。


CIMG0002s_201502210241516be.jpg 

昨日はライザレストランでの昼食に、ワインにビール、ピザとソーセージ、3時にはコーヒーとクレープ、そしてしっかりと4時30分まで滑ってきました^^v
きょうは蔵王温泉スキー場で滑るとのことです。
ありがとうございました。  hisa

[ 2015/02/19 22:44 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

弱 層

仙台のKさんファミリーに来ていただきました。
昨年予約をいただいたのが、あの爆弾低気圧の時でした。
あまりの暴風雪にキャンセルしていただいたのですが、仙台も大荒れで大変だったそうです。
そういえばあの時は重い雪の除雪に必死で、且つ国体準備などに追われ、他所の様子を気にする余裕がありませんでした。

月日の経つのは早いものですね。昔良く来ていただいた頃の年齢に息子さんがなっています。
有難うございました。
CIMG0076s_20150218025703e3f.jpg 



午後に食堂の屋根の雪下ろしをしました。
変な雪です。
スノーダンプをぐっと入れると雪面にヒビが入り、締まった雪がいい感じで塊りとなり、雪下ろしとしてはとても扱いやすい雪でしたが・・・
CIMG0086s.jpg 

スノーダンプを差し込んだだけで雪の断面に亀裂が2本入ります。
他の場所の雪面を垂直に切ってみても、やはり顕著に2本の線が入っています。
CIMG0089s.jpg 


 CIMG0091s.jpg  


上の亀裂の間は、柔らかいホワホワの雪でした。
下の亀裂の間は、霰のような粒子の雪でした。↓
CIMG0079s.jpg

屋根の上でこんなに顕著に弱層が見られるなんて・・・
最近はこういう雪が降る事が多いみたいですね。
山に行かれる時は雪崩に気を付けましょう!

[ 2015/02/16 22:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

大田区ワンダーフォーゲル協会の皆さんと・・・

スノーシューでの樹氷トレッキングで、大田区のワンダーフォーゲル協会の皆さんに来ていただきました。
19名と大人数なのでシャトルバスも貸し切りとなりました。
ライザで皆さんと合流。
スノーシューを持参したのは2名、後の方はレンタルなので、スノーシュー9人、わかんじき8人ということになり、まず、履き方を練習し出発の準備が整いました。
この周辺は初めてということもあり、2日間私が案内をすることになっているのです。
リフト終点で身支度を整えて、御田の神の樹氷群目指して行進が始まります。
あいにくの吹雪状態で視界も悪いうえ、最後尾の人たちを把握するのも大変です。
避難小屋前で昼食をとり、ブナ林の中を下ってゆきます。


CIMG0007s_201502161409277bc.jpg
吹雪の中での雪中行進です。



CIMG0022s_201502161409298eb.jpg 
ブナ林の美しさ、フカフカ雪の心地よさに皆さん感激していました。



CIMG0029s_20150216141244109.jpg 
少し遠回りでしたが、ブナの巨木に逢ってきました。


翌日再び樹氷原へと向かいました。
次第に青空が広がり始め、昨日と異なる景観に皆さん大歓声です。
この美しさ、荘厳さを言葉では表現できません。

CIMG0045s.jpg 


CIMG0060s_201502161409314cb.jpg 
樹氷原を抜ける蔵王の風音がバックグラウンドミュージックです。
きょうは午後1番のシャトルバスでお帰りになるため、ひと登りした雪原まで。
ここでは自由に雪原を歩いていただきました。
無邪気に歩き回る皆さん、すっかりと童心に帰っていました。



 CIMG0070s.jpg


帰りはきのうとは違うブナ林の中を下りペンションまで歩きました。
見上げる山、つい先ほどはしゃぎ廻っていた樹氷原は吹雪きに包まれもう見えませんでした。
皆さん、ありがとうございました。    hisa
[ 2015/02/15 23:15 ] | TB(-) | CM(2)

オコジョの本

世界文化社がオコジョの本を出版しました。

天使すぎるかわいさ、オコジョ、その中身は、冬の白いオコジョ、夏の茶のオコジョ、日本各地のオコジョなど・・・
その中に、オコジョの足跡の写真が1枚、これはうちの裏庭で撮影した物です。
何度か姿を見てはいますが、なかなか写真は撮れません。で、足跡なのです。

2月10日に書店に並びました。
920円プラス税、15X14センチのサイズ、ページをめくると優しい気持ちになれる1冊です。

CIMG0012s_20150213032839f31.jpg
[ 2015/02/13 14:51 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

除 雪

屋根の雪が全部落ちました。
ボイラーの排気口や電話線のボックスが埋もれてしまうので、今日は落ちて積もった雪の除雪をしました。
水分を含んだ雪は重く〝落雪でこんな雪の下敷きになったらひとたまりもないな〟なんて思いながら除雪をしました。
湿って固まった雪は鉄のスコップでも歯が立たない所がありツルハシも出動しました^^;


CIMG0006s_20150213032837e79.jpg
[ 2015/02/12 23:30 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

今年も課外授業

Mさんファミリー、今シーズン2度目になります。
娘さんのSちゃんは小学生、とびとびの連休でしたが、今年も課外授業として4泊5日のスキーでした。
ちょっと前までは、ペンションの周りで雪遊びが多かったのですが、今シーズンはシーズン券も購入しバンバンと滑りまくっています。

CIMG0003s_20150213032836fb3.jpg
ゲレンデへ出かける前にハイ、パチリ!

来月は3家族での予約もいただきました。hisa

[ 2015/02/11 21:29 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

マナスルを登った古川さん

古川さんは野火止め山の会のリーダーをされていて、ペンションへ来はじめてもう30年になります。
無雪期の山登りやスキーで来ていただいていますが、今回は3年ぶりのスキーです。
夜行バスで来たのですが、その疲れも見せず皆さんライザでのスキーと蔵王温泉スキー場を満喫されました。
平均年齢72歳を感じさせません。
来週行くスキー場へスキーを送る方もいるのです。

CIMG0002s_2015021110070978d.jpg
古川さん(左から3人目)は6年前、70歳でマナスルに登頂しているのです。
その写真の前で、皆さん記念写真を撮りました。
80歳になったらエベレストに登頂するかもしれないほどのパワーの持ち主なのです。  hisa
[ 2015/02/10 22:30 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

ぼうだいら雪まつり

66回目となるさっぽろ雪まつりが始まったようです。
200基もある中で、市民の作った、フィギアスケートの羽生結弦選手の雪像に人気が集まってるそうです。
我が家の庭にも雪像を作りました。
もっと色々と作りたいのですが、雪がフカフカで固まらないので難しいです。 hisa

CIMG0003s_20150208165007858.jpg
こちらは女性


CIMG0004s_2015020816500809e.jpg
こちらが男性
[ 2015/02/07 21:49 ] 日常 | TB(-) | CM(0)