蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

鳥海山帰り

鳥海山に登った友人が泊まりに来てくれました。
生憎のガスで景色を堪能することはできなかったそうですが、花はたくさん咲いていて、とっても良かったそうです。
今日は熊野岳に登って山梨まで帰ります。


CIMG0006s_2014073004355898b.jpg 

皆さん、有難うございました。

[ 2014/07/29 23:57 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

天文フェスティバルの日に

今夏の天文フェスティバルは7月26日と27日でしたが、あいにくと2日間とも雲に覆われて見られませんでした。
専門家の説明のもと、さまざまの天体望遠鏡が運び込まれるため、この日を楽しみにしていた皆さんは残念がっていました。
この日お泊りいただいた神奈川からお越しのIさんファミリーも天体望遠鏡を持参でやってきていました。

bou.jpg
Iさんのご自宅には観測のためのドームがあり、こんな大きな望遠鏡が設置してあるそうです。
これで撮影された貴重な映像をいただきましたのでご披露させていただきます。


dosei.jpg 
最も人気の土星です。
Iさん撮影の土星は、2014年6月の月刊誌「天文ガイド」の表紙を飾りました。




kasei.jpg
火星です。




mokusei.jpg
木星です。




iwa-1.jpg
Iさんファミリーの記念写真。
初めていらしたのは息子さんが小学校4年生だった34年前です。
今年定年を迎え、1週間前には車の免許も取得したそうです。
天体望遠鏡を積んで・・・宇宙への夢がますます広がるIさんです。  hisa
[ 2014/07/28 22:37 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

赤とんぼが舞っています

今日は山形市内、37.5℃でした。
こんな日の買い物はとても辛いです。車の中はとてつもなく暑くなっています。
いつもなら坊平に戻ってくると涼しくてほっとするのに、風もなく暑さによって水分がどんどん失われていくのがわかるようです。
どうやらフェーン現象のようです。
しかし、澄んだ空をたくさんの赤とんぼ(アキアカネ)が気持ちよさそうに飛んでいます。
皆同じ方向に進んでいます。
そんな姿を見ていると暑さも一時は忘れて和みます。

2014tonbo.jpg
[ 2014/07/26 20:59 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

消防訓練

今日は消防訓練がありました。
本当は1週間前に行う予定でしたが、台風の為延期になっていました。 


CIMG_0002sm.jpg
火元はライザレストラン。
可搬式ポンプを使って池から水をくみ上げています。



CIMG_0003s.jpg 
放水!



CIMG0009s_201407181116370f5.jpg 
レストラン内にある消火設備からも放水。ホースを握るのは女性従業員です。




CIMG0010s_20140718111638ce5.jpg 
ホースの洗浄を兼ねて沢から水を汲みあげての放水訓練もしました。
これが終わると夏のシーズンも間近です。
[ 2014/07/17 22:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

ヤナギランが咲き始めました

レンゲツツジ、アズマギク、フランス菊など、園地を賑わせてくれた初夏の花たちが終わって、ヤナギランが咲き始めました。
蕾をつけて存在感を見せ始めたヤマユリ、しかし、葉や蕾をすっかりなくして、茎だけのがありました。
どうやら、カモシカに食べられたようです。
ユリ根は美味しいのですから、葉や蕾もきっと美味しいのでしょう。
この週末いらした東京からのお客さんは「このひんやりした爽やかな空気を持って帰りたい」と言っていました。
県内の町に住む息子さえも同じことを言っていました。
緑が深まる夏の蔵王坊平・・・アウトドアには最高の季節です。  hisa


CIMG0003s_20140716110638668.jpg
[ 2014/07/16 10:26 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

ワタスゲがきれいです

熊野岳に行ってコマクサの写真を撮るお客さんを刈田岳まで送って行きました。

CIMG0020s_20140704232218def.jpg 
お釜の展望台の近くにもコマクサは見られました。



CIMG0021s_20140704232219002.jpg 
お釜も見えましたが、霧のベールで幻想的でした。



cimg0023s_20140704232221986.jpg 
帰りに御田の神に寄ったら、ワタスゲがとてもきれいでした。



CIMG0028s_201407042322227e3.jpg 
チングルマは花が終わり種子が風に揺れていました。
木道を設置していただいたおかげで、荒れてしまった湿原が甦りつつあります。

熊野岳に行ったお客さんは、たくさんのコマクサに感激し、いい写真も撮れ大満足で帰途につかれました。 hisa
[ 2014/07/04 23:11 ] | TB(-) | CM(0)