蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

アカゲラファミリー

裏庭がなにやら時ならぬ雰囲気・・・
少し大きめの鳥が行き交っています。
良く見るとアカゲラの親子でした。
よく数えられなかったけれど、4~5羽いたみたいです。


1372415852.jpg

 


1372419508.jpg

だいぶピンボケですが、良い雰囲気の写真が撮れました。
無事育って欲しいですね。

ところで、先日蛇に襲われた巣箱の雛のことですが・・
蛇を追い出すために棒を差し込んだ掃除用の扉を閉める時に2羽は無事を確認しました。
あとは分厚い巣材に遮られて見えなかったそうです。
蛇は木の上の方へ登って行き見えなくなりました。
多分枝を伝って離れた木に移り、地面に下りたのではと思います。
人が見ていると巣箱に入らないので、家の中に入って隠れて見ていたのですが、
親鳥は何回か巣箱の入り口まで行きホバリングしていました。
でもなぜか巣箱に入ることはありませんでした。
蛇が逃げて行くのを見ているはずなのですが・・・
その後、巣箱のそばの枝で親鳥が2羽並んでなにか話しているようにも見えたのを最後にどこかへ行ってしまいました。

仕方ないのですが、せめて蛇にもう少し早く気が付いていれば・・と悔やまれます。

[ 2013/06/26 22:19 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

御田の神湿原

チングルマやヒナザクラが終わった御田の神は、次の花へとバトンタッチ。

1372176527.jpg 
前後を団体さんに挟まれてしまいました。
こんな風景も、この木道ができたからこそです。
多くの人の訴えかけでできた、この湿原の荒廃を辛うじて止めることができた木道です。


1372176546.jpg  
今年はコバイケイソウの当たり年です。




1372176582.jpg  
ワタスゲの綿毛も見事です。

 


1372176685.jpg




1372176663.jpg  
トキソウ、左端には次の季節の花〝キンコウカ〟が準備中・・が写っていました。




1372176670.jpg
幾何学模様のようなモウセンゴケ

 


1372176711.jpg
アカモノ

 


1372176725.jpg

ハクサンチドリはエコーラインの道路沿いにたくさん咲いています。
そのほか、ツマトリソウ、マイズルソウ、ゴゼンタチバナ、ウラジロヨウラク、イワカガミなど。
7月中旬~には、キンコウカの花で黄色く染まりそうです。

 


1372176740.jpg

帰りに寄り道してブナの巨木に逢ってきました。
大きく幹と同じくらいの枝を広げて佇んでいました。

 

[ 2013/06/25 22:24 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

花のクロカンコース

レンゲツツジもアズマギクもいつの間にか終わり、夏らしくなってきたクロカンコースです。
伸びた芝は刈ってくれるのですが、部分的に凹凸が気になり、そういうところは、ゆっくり走ります。
山砂を入れて均してくれると、私のような高齢のランナーには嬉しいのですが・・・

 

1372026647.jpg
 散髪の終わったスタート、ゴール地点

 

1372026726.jpg  
フランス菊と中丸山



1372026732.jpg  
 私の大好きなヤマオダマキ

 

以前は芝を刈る時にこのヤマオダマキも刈られてしまいましたが、「ヤマオダマキの群落」という立て看板を立ててからは残してくれるようになりました。

夏至もすぎ、夏模様の蔵王ですが、同じころ友人夫妻は北アルプスの穂高岳で時ならぬ吹雪にあっていたのです。
この異常気象もやがて収束に向かい、通常の四季が巡ってくることを祈っています。  hisa

[ 2013/06/23 22:35 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

アヤメが見頃になりました

 レンゲツツジが終わり、いつの間にかアヤメ(カキツバタと黄菖蒲)が見頃になりました。

1371515194.jpg


食堂で仕事をしていたら、裏庭がいやに賑やかです。
思わず主人に、「雛が巣立ったみたいよ」と声を掛けてしまいました。

1371514762.jpg

ところが巣立ったのではなく、蛇が木を登っているのを見つけて親鳥が大騒ぎしていたのです。
木に梯子をかけ、なんとか落とそうとしていたら、蛇は巣箱の中へ避難してしまいました。
慌てて掃除用の入り口をあけ、鉄パイプで追い出しを試みます。 



残念ながら取り逃がしてしまいました。
でも餌があると分かっているので又来るはずです。
大家?としては、なんとか退治してあげたいです。

[ 2013/06/17 22:41 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

滝 雲

買い物へ出かけた帰り道、滝雲を見つけました。
笹谷峠の谷間に沿って、宮城県側から流れ込んでいます。
仙台は、今日一日曇りだったのでしょうか?

1371512214.jpg 
[ 2013/06/16 21:47 ] | TB(-) | CM(0)

子ウサギ

今日男の人達は、先日に続き園地の草刈りです。
朝から始めて昼頃に〝暑い暑い〟と言いながら帰ってきました。

1371223894.jpg

先日のことですが、 ウサギが外の小屋(冬はワックスルーム、夏は洗濯機を置いておく小屋)に迷い込みました。



1371223915.jpg

まだあどけない顔をした子ウサギでした。



少しだけ楽しんで解放!
脱兎のごとく(そのまんまですが)・・走って行きました。


[ 2013/06/14 22:50 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

花満開の南蔵王へ

私たちが所属していた山岳会の後輩夫妻の営む山の店、ひだまり山荘は飯能にあります。
店で作っているひだまり山の会では月一回の山行を行っていて、今回は花の百名山にもなっている南蔵王が選ばれました。
ひだまり山の会では、日本の山だけではなく海外の山でのトレッキングも行っていて、昨年はツール ド モンブラン、一昨年は夏のアルプス、オートルート、そしてヒマラヤにも出かけています。
これらのツアーは利益目的ではなく、皆さんと楽しむためなので、かかった費用はすべて割り勘ということです。

27名の皆さんの乗ったバスは昼過ぎ、刈田岳につきました。
宮城側は雲に覆われていたそうですが、山の上まで来ると快晴、熊野岳から地蔵山を歩き、ロープウェイで温泉に下山、温泉につかって汗を流し、夕方ペンションに到着しました。

さっそく、ビールで乾杯が始まりました。


1371134996.jpg 

この日は山の会の会長さんの73歳の誕生日!
皆でhappy birthdayの歌を合唱してお祝いしました。
楽しい宴は続きます。

 

1371135139.jpg 

翌日は7時に出発です。
朝食前にレンゲツツジやアズマギクの咲き乱れる周辺の散策をされた皆さんはもう元気いっぱいです。
今日は私もご一緒させていただきました。
快晴のなか、バスの背後には残雪の峰々が望まれ、皆さん歓声を上げています。
これから向かう南蔵王の稜線はくっきりと見えています。

 

1371135219.jpg 

刈田峠でバスを降り、いよいよ歩き始めます。

 


1371135244.jpg 






1371135317.jpg

杉が峰あたりからは、下界に宮城県側から押し寄せる滝の雲が見事に広がっていました。
雲の上に見えるのは飯豊連峰です。

 


1371135455.jpg




1371135348.jpg 

 ミネザクラとその向こうに見えるのは芝草平。




1371135407.jpg 

芝草平周辺ではチングルマやミツバオウレンなどが咲き誇っています。




1371135511.jpg  

山形側は快晴なのに宮城側はすっかりと雲海、屏風岳からはその雲海の中に突入です。
しかし、アズマシャクナゲがそのピンクの可憐な姿を楽しませてくれています。

 

不忘山に向かう道々、ハクサンコザクラ、シラネアオイ、ミネズオウ、ハクサンイチゲなどが咲き乱れていました。


1371135539.jpg

ミネズオウ




1371135565.jpg 

ミヤマキンバイ

 


1371135601.jpg 

ハクサンコザクラ

 


1371135626.jpg 

ハクサンイチゲ




1371135648.jpg  

シラネアオイ


 1371135745.jpg

不忘山直下の登り。

 


1371135668.jpg 

不忘山周辺ではハクサンイチゲの大群落、頂上直下にはミヤマオダマキもありました。

 


1371135709.jpg 

 ヒロハヘビノボラズはまだこれからですね。

不忘山で昼食をして下山を始めました。


1371135807.jpg 

下るにつれて咲き始めのコバイケイソウが見られるようになりました。

 


1371135836.jpg 

花の写真を撮ってる時間も多くて、予定より1時間半ほど遅れましたが、皆さん大満足で南蔵王の花の旅が終わりました。
皆さん、お疲れ様でした。




1371136825.jpg  

上山からの蔵王。

エコーラインの宮城県側が濃霧だったということで帰りは七ヶ宿経由で帰りました。
山形県に入った途端良い天気になりました。

 


1371135882.jpg

追伸、会員のIさんは、日本百名山完踏、スケッチ画集を出版されプレゼントしていただきました。 hisa

[ 2013/06/12 22:57 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

花の頃

山は花の季節です。
我が家の庭のミズナラの木も花が咲き、早くも散り始めました。
初めは芽鱗(冬芽を覆っていた外皮)が落ちて、屋根の上を掃除した翌日には花が落ち始めました。
次から次へと桜だったら桜吹雪きできれいなのですが、まるでゴミが落ちてくるような雰囲気です。


1371133310.jpg

キセキレイは、この乾いた花を巣の外側の材料に使っていますが・・・

 


1371133339.jpg 

ゴミ吹雪きがまだ収まらぬうちに今度は松の花粉が飛んでくるようになりました。
花粉症の私は、早く収束するよう祈るばかりです。

[ 2013/06/10 22:15 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

坊平高原の様子

今日は恒例の園地入口の花植えとエコーライン沿いの清掃をしました。

1370526267.jpg 


今年のレンゲツツジは、早めの開花となりました。 なにが影響したのか、少々花が少ないです。
1370526073.jpg

 

アズマギクも背を伸ばしています。
1370526144.jpg


御田の神の花の様子を見てきました。
1370526181.jpg

咲き始めです。あと5~6日もすれば満開となるでしょう。

 


1370526195.jpg

ワタスゲも、まだ変身中! 見事なワタスゲの原になりそうな気配です。
このところの乾燥した天候で、湿原も水が入っている池塘は一箇所だけ・・・



1370526233.jpg

 ぐるっと一周して廃線リフト付近、やっと芽吹きが始まったところでした。

 

[ 2013/06/05 21:19 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

三三会

三三会は私の高校時代の同窓会、3年3組から取った名前です。
高校卒業後も、地元に残った人達がずっと続けてきてくれた集まりです。
卒業以来の人もいましたが皆変わりません。
話し始めると40ウン年前にタイムスリップ、次々と話が弾みます。
弾み過ぎて一話が完結しないまま次の話題に飛んでいきます^^;
昔朗らかだった人は今も変わらず朗らかで、場を一層盛り上げています 。


1370392301.jpg

楽しい一夜はあっと言う間にあけて、出発前の記念写真です。

 


快晴の朝。
皆と一緒に刈田岳へ行きました。
月山も朝日も飯豊も良く見えて、皆大喜びでした。


1370393003.jpg

 




御釜は〝五色沼〟の別名もあるように色が変わりますが、いつになく渋い色をしていました。

1370392311.jpg




 

咲き始めのミネザクラの向こうに見えるのは、朝日連峰です。

1370392324.jpg

きれいな蔵王を見てもらえて本当に良かったです。
皆さん有難うございました。

[ 2013/06/04 23:26 ] 日常 | TB(-) | CM(0)