蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

蔵王エコーライン開通

蔵王エコーラインは、昨日27日に開通しました。
当分の間夜間は通行止め(17時~翌朝8時)となります。

今朝は雲海となりました。

1335715996.jpg
坊平の体育館、「たいらぐら」が見えています。
雲海の上には飯豊、祝瓶山が見えます。



 
1335716015.jpg
 月山も白くきれいです。

 


1335716024.jpg
朝日岳もカッコいいですね。

 


1335716063.jpg
午後、エコーラインの様子を見に行ってきました。

 


1335716083.jpg
御田の神から刈田岳。

 


1335716168.jpg
御田の神も、あと少しで木道が見えそうです。

 

1335716102.jpg
いつもなら雪の壁が一番見事な井戸沢付近ですが、今年は雪が少ないです。

 


1335716128.jpg
南蔵王方面の様子。

 


1335716187.jpg  
帰路、途中で車から降ろしてもらいスキーで滑って帰りました。
ゲレンデ上部付近からの熊野岳。

 


1335716247.jpg

雨と、このところの暖かさで雪解けがすすんでいます。

連休中の蔵王エコーラインは、5月3日~5日あたり良いお天気に恵まれると、日中特に宮城県側が渋滞します。
お釜見物のための駐車場順番待ちのためで、追い越しもできずすっぽり渋滞にはまりますのでご注意ください。

「野口ペンションのホームページはこちらをご覧ください」

 

[ 2012/04/28 22:22 ] | TB(-) | CM(0)

新日本風土記

明日は、いよいよ蔵王エコーラインが開通します。
今降っている雨も、明日にはあがるもようです。

先ほどたまたま見つけました。
明日27日(金) NHK BSプレミアム 新日本風土記で蔵王が放映されるようです。
時間はPM9:00~9:59  再放送は翌日土曜日 AM6:00 翌週金曜日 PM4:00
となっているようです。
興味がありましたらぜひどうぞ。

[ 2012/04/26 22:25 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

暖かな一日

ゲレンデの雪も解け始めました。

1335398475.jpg
園地では鳥のさえずりが賑やかです。
ウグイスも結構上手に鳴いています。

 

1335398496.jpg

雪解けが盛んなこの時期限定、庭の白樺に開けた穴からほんのり甘くてまろやかな水が取れます。
夜は穴を塞いでいるのですが、少し漏れた水に蟻が寄ってきて舐めています。
この極上水、春のささやかな楽しみです。

 

[ 2012/04/25 22:27 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

月山~北月山荘へ

今日は月山山頂を越え、弥陀ヶ原を通って庄内町の月の沢温泉北月山荘まで滑ります。
朝晩は東よりの湿った風で曇るという予報で、上空の天気が気になっていました。
しかし、リフト乗り場の人が
「リフトから上は晴れていますよ」の言葉に (^o^)/  (^o^)/


1335025880.jpg
リフト降り場で雲海から抜け出ました。

 


1335025910.jpg
月山は、前回来た時から5日しか経っていないのに少し雪が解けた感じがします。
今日のメンバーは、K村さん夫婦、先日山行を共にしたK野さん夫婦、そして私達。
主人は金姥から石跳沢を下り、下山口へ車を回してくれます。




 1335026054.jpg
皆でシールをつけて金姥まで登り、そこから主人が滑って行きました。
前方左上の小さな突起を越えて石跳沢に入ります。

 


1335025989.jpg
さて私達は月山に向かって歩き始めます。
山頂には真綿のような雲がかかり始めました。

 


1335026379.jpg
月山の登りから振り返ってみると、湯殿山まで雲が流れ込んでいました。

 


1335026186.jpg
月山山頂は風は少しあるものの穏やかな天気です。
月山神社の左には鳥海山が見えています。
今日は、この鳥海山に向かって滑って行きます。

 

1335026456.jpg
山頂を後にして弥陀ヶ原に向かって滑って行きます。
ふと振り返ると、山頂付近で湧いた雲がまとわりついていました。

 

1335026481.jpg
仏生池小屋を過ぎ、広い斜面をさらに滑って行きます。
ザラメというより少し腐りかけた雪です。

 

1335026505.jpg
御田原参籠所を過ぎ、1206を目指して滑って行き、前方に見える尾根に乗ります。


 

1335026559.jpg
尾根に乗りました。
急な斜面を滑り、前方の1111ピークを左から巻きました。

 

1335026584.jpg
ほっとするような気持ちの良いブナ林を滑り、ちょっと登れば丸いピーク983に着きます。
ピークの東端からは、このコース最後のピーク三角峰や北月山荘が見えます。
正面には鳥海山も見えています。

 

1335026613.jpg
三角峰の下りも快適な斜面でした。
名残り惜しむように振り返ります。
全員初めてのコースだったので、喜びもひとしおです。

 

1335026636.jpg

ゴール地点、北月山荘まで最後のひと滑りです。

[ 2012/04/20 23:12 ] | TB(-) | CM(0)

春めいてきました

今年は4月には入っても、パウダーを滑れる不思議な天候でした。
それでも、中旬になってようやく例年の春らしい陽気になってくれました。
付近も道路以外は、まだまだ雪に覆われています。
ライザのゲレンデも全面滑降可能?です。
27日にはエコーラインも開通しますし、町ではようやく桜も咲き始めました。
GWの頃が、一番の見頃かもしれません。

目が覚めて、何気なく外の景色を見たら不思議な雲がかかっていました。
寝巻きの上に防寒具を羽織って、外へ飛び出しました。
荘厳な夜明けでした。



1335017570.jpg

 


1335023956.jpg
鳥が翼を広げたような雲

 

 


1335017582.jpg

 まだどこも真っ白の坊平ですが、傾斜のあるところの土が見え始めました。
やがて、ふきのとうが出てくるでしょう。    hisa



[ 2012/04/17 20:28 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

月山~湯殿山スキー場へ

山スキー仲間のk野さんご夫婦が来てくれました。
宮城県側を走っている時は、山にはガスがかかり山に行く雰囲気ではなかったようです。
が、笹谷トンネルを抜けると曇り空ながら明るく、予定通り蔵王温泉から熊野岳を越えて坊平まで滑りこんできました。
一昨年の月山~肘折以来の再会を喜びつつ夕食を共にしました。
翌日の予定はと聞くと、月山の石跳でも・・・とのこと。
石跳コースも良いコースですが、二人とも何度も滑っているコースだし、滑り始めたらあっという間に滑りおりてしまうのでもったいないということになりました。
そしてまだ行ったことのない月山から湯殿山スキー場へ行くことに決定!


1334585162.jpg
姥沢に向かう山道は雪の回廊、今年は特に高いです。

 



1334585184.jpg
姥沢駐車場から姥ヶ岳(左)と月山です。
良く晴れ渡りニッコニコです。

 


1334585212.jpg 
フト終点からの月山、k野さん夫妻と左は主人です。
おどけて一番元気そうですが、2月にかかった帯状疱疹後神経痛で養生中です。


 


 1334585270.jpg 
クリックで拡大

リフト終点からシールをつけて登り、金姥に出ました。
稜線の向こう側に白く輝いて見える尾根を滑ります。
今まで気にはなっていましたが、車を回さなければならないので機会がありませんでした。
今回は主人がアッシー君を申し出てくれました。

 1334585423.jpg
滑り出し地点の柴灯森から、これから行く尾根を眺めます。
先行パーティ・・・トップを歩くのはワンコのようです!
主人はここから戻って行きました。

 


1334588278.jpg
1619ピークから1479ピークに向かって滑ります。快適!!

 


1334585467.jpg
1479ピークからの下り、下に米粒のように見えるのは先行パーティです。

 


1334585510.jpg



 

1302ピークに向かいます。
前後したパーティのワンコも頑張って走っています。 

 


1334585714.jpg
1479ピークを振り返ります。
誰が名付けたか200万人ゲレンデと言うらしいです。
蔵王スキー場の100万人ゲレンデよりもっと広いと言う意味でしょうか。
その通りですね。



 
1334585740.jpg
1302ピークを越え、更に滑って行きます。
品倉山が近くなった所で渡渉する所があったようですが、今年は雪に埋もれていました。




1334585762.jpg  

滑って来た方向を振り返りました。ほんとうに楽しい良いコースでした。
もうすぐ湯殿山スキー場です。
先週で営業を終了したゲレンデで主人と合流、4人で車の置いてある駐車場まで滑り下りました。

 

[ 2012/04/12 23:30 ] | TB(-) | CM(0)

熊野岳から地蔵山へ

今シーズンは天候が悪かったり用事があったりで、中々出かけることができませんでした。
今日は晴れの予報、稜線の雪もまだ大丈夫そうなので出かけることにしました。


1334190061.jpg
園地からスキーで歩き始めます。
営業を終了したライザレストランでは、除雪機で雪を飛ばしていました。

 


1334190085.jpg
ゲレンデの営業終了を待っていたエコーラインの除雪も始まりました。




1334190105.jpg  
御田の神も春の景色です。




1334190134.jpg  
刈田夏山リフトも、圧雪車で除雪をしていました。
圧雪車は途中エコーラインを通ってくるので、エコーラインの除雪がゲレンデ上部に来るまでに終わらせなければなりません。

 


1334190152.jpg
刈田岳を右手に見て、左側の熊野岳に向かいます。

 


1334190174.jpg
風があるのであまり縁まで寄れませんが、なんとかお釜の写真も撮りました。



 

1334190251.jpg
熊野岳の神社も、だいぶ雪が解けていました。

 



1334190274.jpg
地蔵山へ向かって・・・
稜線は雪解けが早く今頃はぬかるんでいることも多いのですが、今年は残雪が多いですね。

 



1334190300.jpg
お地蔵さんは頭だけ出していました。
ここも真冬並みの残雪です。




1334190351.jpg  
地蔵山を振り返り、ザンゲ坂から黒姫へ下りて迎えを待ちます。

 


 

さて、夕方の裏庭では主人がひと仕事していました。

1334190575.jpg




 1334190595.jpg

制作時間、1時間ほど。アンパンマンの出来上がり!

[ 2012/04/10 23:47 ] | TB(-) | CM(0)

スキーシーズン終了

朝一番のお客さんはテンのようでした。
こっそり来ているつもりでしょうが、雪の上にしっかりと証拠が残っています。


1333929566.jpg

 


1333929584.jpg
餌台に、アカゲラが2羽来ています。
「いつまで食べているの、早く交代して~」・・なんて言っているみたいですね。


 

1333929618.jpg
スキーシーズン最後のお客さんになりました。
青いウェアのT田さんは、今シーズンのスキーは30何日とか・・羨ましい!
スキーも山も旅行も大好きで、町にいる時はスキーの為のトレーニングも欠かしません。
主人の山友達です。


 


1333929662.jpg


岡山県のK村さんです。
スキー大会に出るためにいらっしゃいました。
娘さんのAちゃんは、昨年3月11日にも泊まっていました。
暖房の切れた食堂のテーブルの下に布団を運んできて、一緒に来ていた人達と暗く寒い夜を明かしました。
高校生最後の年でした。まるで昨日の事のようです。

空港へ向かうK村さんの車をお見送りして、スキーシーズンが終了しました。
お出でいただいた皆様、ほんとうに有難うございました。

[ 2012/04/08 22:57 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

餌台が賑やかな朝

寒い朝です。
久し振りに餌台が賑やかです。体の大きい鳥が頑張っているようです・・・

 



今日も雪が少し積りました。
春スキーのつもりで来たお客さんが寒くて戸惑っています。
でもこの寒さのおかげで蔵王スキー場の雪が快適だったと喜んでいただきました。
スキー大会でほぼ全面使用しているライザでは申し訳ないと蔵王スキー場まで行っていただきましたが、ちょっと救われた気持ちです。

[ 2012/04/07 22:02 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

冬に戻りました

午後になって、ガスが晴れてきました。
山は真っ白です。


1333733126.jpg
春の嵐で50cmほど湿った雪が積もりました。
アイスバーンを隠す調度良い雪です。




1333732958.jpg  
風が強いようで、中丸山から雪煙があがっています。

 



1333732969.jpg
大会用のネットが張られています。
シーズン最後は、FIS公認蔵王ライザGSL大会で締め括りです。

 

 1333732976.jpg

あれっ、ゲレンデ上部で樹氷が手を振っています!? ヤッホー(^o^)/

[ 2012/04/06 23:04 ] 日常 | TB(-) | CM(0)