蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

夏の最後に剣道部の皆さん

8月最後の週末、今年も南沼原養心館道場の剣士たちが来てくれました。
今回は、同じ先生に教わっている中学校の剣道部も加わり、総勢なんと52名、3軒のペンションに分宿です。
今までは土曜の昼からの練習でしたが、今回は朝からで夕方までびっちりと練習がありました。


1314703662.jpg
夕方からは恒例のバーベキュー、皆さん、食も進んでいます。



1314703701.jpg
既に子供たちは満腹、食堂で遊んでいます


暗くなってからは全員で花火大会、晴れた坊平の空に打ち上げ花火がいくつも上がります。

 


1314703910.jpg

翌日は早速練習が始まります。
体育館内には元気な声がいつまでも響いていました。

来年を約束されて午後帰途につかれました。

[ 2011/08/28 23:05 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

名取市のm沢さんご家族

名取市も震災の影響を受けた地域ですが、m沢さんの住まいは山の手なので津波の被害はありませんでした。
そして、今年もお子さんたちとの休みをあわせて来て下さいました。


1314378729.jpg 

さかのぼること何年前になるのでしょうか。
手前の娘さんが1歳半の時が、ペンションへいらした最初です。
後ろの娘さんはまだ生まれていませんでした。
m沢さんの会社は岩沼市にあります。会長がゴッホの絵のコレクターとしても有名です。
子育ての大変なときに釧路に単身赴任したときもありましたが、今年3月無事定年退職されました。
お疲れ様でした。
m沢さんの趣味はやっぱりスキー、と言っても、SIA宮城蔵王プロスキースクールの教師もしているエキスパートなのです。
ペンションには夏にもいらっしゃいますが、冬、スキー仲間たちともよく来て下さいました。
来シーズンはホームゲレンデでもあるえぼしスキー場に入りびたり^^の生活になるのでしょうか!?

再会できて本当に嬉しかったです。
奥さんはチリ地震の時に実家を流されたそうですが、今回はご主人の実家が流されたとか・・・
皆、なにもなかったように見えますが、それぞれ大変な思いで過ごされてきたんですね。

あの震災のあった日、明かりのついている4号線を外れると真っ暗な街も大渋滞。
信号機も点いていない交差点では、割り込む車もなく皆譲り合って渡っていたそうです。
よく交通事故もなかったものですね。
ちょっと心温かくなるお話を娘さんからお聞きしました。

[ 2011/08/26 23:09 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

実業団アスリート

実業団女子、エディオン陸上部の荒井さんが、9日間の坊平での合宿を終えられました。


1313860290.jpg 



一昨年も10日間の合宿をされています。
荒井さんはこの坊平の大自然の中の整備されているクロカンコースが大好きなのです。
他の合宿地では練習場所が宿舎から遠く、車で移動して練習せねばならない所が多いそうで、練習場所が宿舎からすぐのここ坊平は最高と言います。
このあと、チームのメンバーと合流して北海道、深川で1週間の合宿、それから10日後には、米国ニューメキシコ州のアルバカーキで1ヶ月の合宿、1度戻り、実業団駅伝予選に出場し、その後再びアルバカーキでの合宿が始まるそうです。
今まで岐阜で行われていた実業団女子駅伝、今年は震災復興をこめて仙台で行われます。
荒井さん、仙台の街をさっそうと駆け抜けてください。   hisa


[ 2011/08/20 23:14 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

お盆も過ぎて

毎年夏にいらしてくれるHさんご家族が、友人ご家族と共に来てくれました。


1313796540.jpg

今まではカヌーに乗ることが多かったのですが、今回も一番の目的がカヌーでした。
ところが雨模様のため最上川船くだりに変更、しかし、おりからの庄内最上地方の豪雨で増水、これも目的が果たせませんでした。
帰りは蔵王温泉に行って温泉のはしご、お子さんたちは水に入ってるのが(お湯も)とても好きなんです。
Hさんの下のお子さんは毎日のようにプールに通い、顔にはゴーグルのあとがばっちり付いてるくらいですから^^
Hさんもご結婚前にはスキーに来てくれてました。
でも今度は家族で冬に来たいと、4WD車を購入しました!
アウトドア派のとっても活動的なご家族なのです。

 

上海からいらしたMさんと友人、お二人ともトレイルランにぞっこんはまっているランナーです。

1313796766.jpg 


Mさん(左)は、10年ほど前に陸上の合宿で来たことがあります。
今は上海ですが出身は天童で、里帰りの短い休みに、気に入っている坊平へ来てくれました。
ついこの間、北京で行われた50キロのトレイルランに出場してきたそうです。
坊平では夕方暗くなるまで、翌朝は4時半に起きてクロカンコースを20キロ走ってきました。
お二人のように若かったら、私も100キロマラソンなども楽々完走できるでしょうし?、いろいろなトレイルランにも出られるし・・・若いって素晴らしいことです。 

皆さん、有難うございました。   hisa

[ 2011/08/19 23:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

合宿終了

1313626722.jpg 
8日間の合宿を終えて、創価大学陸上部の皆さんが帰られました。
きちんとした挨拶、爽やかな笑顔、はつらつとした行動力、素晴らしいです。
一度帰ってから4日後には、ふたたび妙高での合宿が始まります。
9月は菅平で最終調整、そして、10月の箱根の予選会へと続きます。
頑張ってください!


1313626947.jpg

来年の夏の予約もされて帰途につきました。
元気をたくさんいただきありがとうございました。     hisa

Read More

[ 2011/08/17 23:21 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

合 宿

今年も創価大学陸上部の皆さんがいらしてくださいました。
8日間の長丁場で体力もかなり消耗するでしょう。
体力、気力が維持していけるように、私たちも食事には日夜努力しています。
完食し空になった食器が下がる日が続いています。
私たちもほっとするひと時です。


1313248968.jpg


まだまだ、合宿は続きます。
チームの最大の目標は箱根駅伝です。

[ 2011/08/13 23:25 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

夏本番

たいらぐらへ行く道の土手の上に山百合が清楚に咲きそろい、夏の白い雲と、蒼い空をバックにかすかに揺れていました。
真夏になると野に咲く花は少なくなり、山百合や渡りをする蝶、アサギマダラの好むヨツバヒヨドリ、カラマツソウぐらいで、周辺は濃い緑色に覆われて夏色一色です。


1313014731.jpg

 

 

そんなある日、壁につるした植木鉢に巣を作り子育て3週間あまり、4匹の雛たちは無事に巣立っていきました。

1313014981.jpg 

4羽のヒナがいるのですが、皆いないふりをしています?


この間、水を与えることが出来なかったスエーデンアイビーは、しおれ始めてましたが、たっぷり水をやったらすっかり元気になりました。

1313015232.jpg 

キセキレイのヒナがいた花入れ

 
時を同じにして自衛隊に勤務しているOさんと、Tさん家族がやってきました。
宮城県からやってきたOさんはランナー、たった一人での合宿です。
Tさんは15年ほど前、仙台育英陸上部で坊平には良く来ていました。
卒業後、野口ペンションには何度も来て下さっています。
現在は山形の東根神町駐屯地に勤務しています。
そして、お二人とも、震災後144日間に及ぶ激務が続いていて、先日、8月1日に任務を追えたばかりなのです。
今回ようやく1週間の休暇を貰い、Oさんは走りに、Tさんは小さな3人のお子さんたちとくつろぎの時を過ごしに来てくれたのでした。
お二人が顔を合わせるのは初めて。でも同じ趣味で、同じ職場で、しかも、日本の復興、復旧のために大変な思いをしてこられたのです。夕食後のひと時、私からの差し入れのビールを飲みながら語り合っていました。
宮城県での災害派遣任務 陸上自衛隊第6師団は山形、宮城、福島の南東北の3県を管轄、144日の間に、生存者8385人を救出、行方不明者、2826人を収容、瓦礫を除去した道路は、22キロにも及ぶのです。
緊急事態に右往左往する政治家たち、そして東電の人達、そんな中での自衛隊のさまざまな活動には頭が下がりました。
ここまで来られたのも、延べ48万人近い隊員による活動に他なりません。
ありがとうございました。
  hisa

[ 2011/08/10 23:29 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

クロスカントリー大会

第36回となるクロスカントリー大会が晴天に恵まれた7日、多数の参加者の中で行われました。
招待選手には愛三工業の阿宗選手、女子はミズノの絹川選手が招かれ大会も盛り上がりました。
従来のクロスカントリーだけではなく、6年前からは全国ジュニア駅伝、14年前からは山形県ジュニア駅伝が加わり、参加者も応援の人たちも熱くなった1日となりました。
いつも参加し3000メートルの歴代の記録を持つ飯館の森永さんに会場で会いました。
原発の関係で急遽避難しなければならなくなってしまった村です。
どうしているのかとても心配していたのですが、避難先では役場勤務のため多忙で走ることも出来ず、今回は大会には出ず、クラブの後輩の引率で来たのでした。
明るく笑ってはいましたが、走るのが大好きな人の自由を奪い、住むところをも奪った原発、1日も早く復旧してほしいです。



1312995815.jpg
毎年泊まってくれる鳥海山の麓、遊佐町の選手の皆さん、大健闘でした。

 


1312995842.jpg
クロスカントリー最長の8000メートルのスタート直後、さすが迫力があります。

 


1312995867.jpg

各チームのテントも張られて賑やかなグラウンドです。       hisa

 

[ 2011/08/07 23:34 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

プチトレッキング

宮城県に住む小学1年生になった孫がやって来ました。
冬には二人で存分にスキーをやりましたが、今日は2人でトレッキングです。
ロープウェイに乗るのは初めてで、動き始めるまでは神妙な顔をしていました。
蔵王の鳥兜山につくと早速走り始めました。
「前を歩いてる人追い越そうよ」と手をつなぎ草原の道を走ります。私が引っ張られてる感じなのです。
前を行く人に追いつきました。
なんと、以前はライザに勤務していた林さんで、定年後は蔵王で山岳インストラクターをしていて、今日は付近の様子を見に来たのでした。


1312995469.jpg

林さんと記念写真

 

林さんは明治大学山岳部の出身、本格派のガイドです。
おしゃべりしながらドッコ沼を通りスカイケーブル上駅に到着、林さんとはここで別れて下駅までケーブルに乗りました。
駅に着くと 「早くスーパースライダーに乗ろうよ!」と走り始めます。

 

1312995508.jpg

 

1312995545.jpg 

昨年も来ましたが、年齢が満たなかったので二人で乗りましたが、今回はひとりでの操縦です。
1度だけは並んで滑りましたが、その後はひとりで上がり滑ってきました。
まだ滑り足りないようでしたが3回で終わり、ロープウェイの乗り場に止めてある車へと歩き出しました。
しかし、どんどんと走って行き、結局追いつけませんでした。頼もしい限りです。 

締めくくりはこれ!!です。

1312995592.jpg

いつか一緒に富士山に登ってみたいものです。うううーん、付いていけるかな?   hisa

[ 2011/08/03 23:39 ] 日常 | TB(-) | CM(0)