蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

熊野岳~中丸山へ

今日は全員、スノーシューかカンジキを使用、1人でいらしたお恵さんとTさんのグループと一緒です。
昨日同様、快晴の早朝、動き始めたばかりのリフトで登り稜線へと向います。
この2~3日の暖かさで樹氷もぐんぐんやせてきています。

1267136522.jpg 

馬の背    熊野岳目指して

馬の背の稜線の道しるべのための丸太、普通2月ならば樹氷のようなのにまったく付いていません。
夕方のニュースで、今日は4月上旬から5月下旬の陽気だったと言ってました。
2月の稜線を上着なし、帽子、グローブ無しで歩いてるのですから。
 



1267136728.jpg
熊野岳     遠く月山(右)、朝日岳(左)

 

1267136796.jpg
熊野岳の下り    中丸山目指して

熊野岳で360度のパノラマを楽しみ、中丸山へと向います。
ポピュラーなコースのライザから刈田、熊野岳はまったく潜りませんが、人が殆ど入らないこの稜線はズボズボと潜ります。
でもそれが又楽しいのです。

 
1267136935.jpg
中丸山山頂   後方は先ほどまでいた熊野岳


まもなく中丸山に到着しました。今回の最高齢のTさん(右から3番目)は84歳、それはそれはお元気です。
雪の無い時は何度も登っている中丸山ですが、冬に登るのがささやかな夢だったのです。


1267138185.jpg  
ブナ林の下り


森林限界からブナ林に入り、でも、ずっとずっとラッセルは続きます。
下山口の蔵王ラインに着いたのは、リフトを降りてからちょうど6時間後でした。
「楽しかった~!」という笑顔が嬉しい一日となりました。

[ 2010/02/25 22:13 ] | TB(-) | CM(0)

ゲレンデの外へ

今日も良い天気になりました。
東京からいらしたお恵さんの、「出来たらゲレンデから少し外れて、ゆっくりゆっくり山に登り、滑り降りてきたい」の希望は、幸いな事に初っ端叶うこととなりました。


1267105221.jpg

別グループのTさん達も、この良い天気に誘われて一緒に刈田岳まで行動を共にすることになりました。

 


1267105269.jpg

何度もいらしているTさんですが、今回いらした中にはゲレンデの上の景色を見るのは初めての人もいて大喜び!



 


1267105334.jpg

刈田岳にて



 


1267105383.jpg

冬のお釜も見ることができて、お天気に感謝感謝の一日でした。




[ 2010/02/24 22:20 ] | TB(-) | CM(0)

滑り込みセーフ

昨夜は山形市内では雨が降ったようですが、坊平は少し雪が舞っただけでした。
3時の約束の用事を済ませ、急いで御田の神へ・・
なんとか間に合いました。


1266969403.jpg 


傾きかけた夕日と競争で手当たりしだいパチリパチリ。
何枚か使える写真があることを祈って・・・

明日も良い天気のようです。

[ 2010/02/23 22:25 ] | TB(-) | CM(0)

早朝出勤

週間予報では雨マークが出てきてしまいました。
樹氷の写真を撮りたいと言っていた息子が、「最後のチャンスだと思う」というので、御田の神まで付き合うことにしました。

ライザ駐車場5時50分発、ゲレンデはちょうど圧雪が終わった所でした。
ヘッドランプをつけなくても大丈夫なくらいに明るくなっていました。
きれいに圧雪されたゲレンデを登り、新雪が積ったツアーコースを登って御田の神へ・・・

まだ樹氷たちは深い眠りからさめていないようでした。
夕方から晴れの予報だったので期待はしていなかったのですが、雲も流れていて少しは写真も撮れそうです。
避難小屋で時間待ちすることにしました。

中に入るとほわっと暖かい避難小屋です。
それでも小屋の中はマイナス9.5度。
暫くすると少し寒くなってきました。


1266835084.jpg

鏡さん、ありがたくストーブを使わせてもらいました!



1266835449.jpg

鏡さんとは、今年1月にライザ~熊野岳~地蔵~放牧場まで(主人と)ツアーしました。
何年か前には、私達と月山~肘折スキーツアーにも一緒に行っています。
地区の消防訓練でも、いつもお世話になっている方です。

 


1266835191.jpg

40分ほど待っていたら流れる雲の間から少し太陽が顔をだすようになりました。
しかしかなり冷え込んでいるため、撮影用に用意した薄手の手袋では凍傷になりそうなほど冷たい!
デジカメも、スイッチをいれても「ご臨終で~す!」と言わんばかりにさっさと電源がおちてしまいます。
カメラを温める手も凍りそう。
でも息子のデジイチは大丈夫らしく、主人から借りた手袋のおかげで無心に撮っています。

時間が来たので私はひと足先に帰ることにしました。
久々の早朝出勤、誰も歩いていない一番のりの御田の神はとてもきれいで良かったです!

[ 2010/02/21 22:27 ] | TB(-) | CM(0)

幻想の世界

できたら刈田岳までと出かけてみたのですが、雲がかかってきたので御田の神までとしました。

1266578084.jpg

前回と同じ一面グレーの世界でしたが、樹氷の間をうろうろしていたらサァーと日が差してきました。
「あそこまで行くと天国だよ」と言わんばかりの幻想的な景色です。



 

1266578923.jpg

御田の神の樹氷も、北側から見る分には細身ながらまだ健在です。
雪も締まってツアーに行きやすくなりました。


[ 2010/02/18 22:32 ] | TB(-) | CM(0)

韓国のお客さんとスノーシューハイク

もうだいぶ前から来ていただいているMさん、昨年Mさんの友人で韓国のTさん(水墨画の先生で日本に住んでいます)とスキーに来ていただきました。
そして、今回はTさんの叔母さんと息子さんが韓国からスキーにやって来ました。
でも叔母さんはスキーをやりません。
初日だけは樹氷見学でロープウエイで地蔵まで行きましたが、2日間はどこにも出かけない予定でした。
それで、スノーシューハイクにお誘いしました。
ふだんあまり運動はされてないということなので、小1時間の緩やかな雪原のハイクにしました。


1266169744.jpg

新雪がきれいで気持ちが良かったです


美しい景色を見ると、「モッチニーダ!」と韓国語で教えてくれます。
リスの姿を見ると、「ターラムチーヌン!」雪の結晶は、「キョルチョン!」、うさぎの足跡を見つけると「トッキ!」、次から次へと、韓国語が飛び出してきます。
韓国語はまったく初めてなので、最初は何度か繰り返して頭に入ったつもりなのですが、次の言葉を言われるともうさっきのは忘れている始末です。
二日間、スノーシューハイクというより、韓国語講座?の屋外編でした。



1266169723.jpg 

出来の悪いオーナーですみません!


でも雪の上を歩くのは初めてだったそうで、とても喜んでいただき嬉しかったです^^


1266170082.jpg  

右からMさん、Tさん、そしてTさんの叔母さんと息子さん。

またいつかお逢いできたら嬉しいです。
有難うございました。  hisa

[ 2010/02/14 22:35 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

孫とスキー

5歳と1ヶ月になる孫とスキーをやることになりました。
ひとりで滑るのは初めてで、止まる事も曲がる事ももちろん出来ません。
初めは5メートルほど下にいて滑ってくるのを止めてあげました。
緩やかなコースを3回ほど同じように滑り、4回目には自分ひとりでブレーキをかけながらリフト1本分を滑ってしまいました。
「上に行きたい」とせがむので、一番上まで行きました。
さすが男の子、ハの字にしブレーキをかけつつあっという間に転びもせずに下まで降りてしまいました。

2日目、昨日はガスがかかっていましたが、今日は快晴でした。
今日も一番上までいき中級コースを2度ほど滑りました。
すると、何のためらいも無く、上級コースに向って先頭で滑っていくのです。
こっちが慌ててしまいます。28度の急斜面をひるむことなく降りていきます。
下の方で転んでしまい泣いていましたが、「もう1回上から滑る」と言うのです。
上から・・・ゲレンデのトップから滑ると言うのです。
そして今度はかなりスピードが出て、再び転びました。
また泣きましたが、やめるとは言いません。
今度は中級コースで曲がる練習をしながら滑るのですが、傾斜がちょっとゆるくなるとスピードを出し、はらはらさせるのです。


1265672649.jpg

 2日目で青い鳥コースへ


さすがスノーボーダーでサーファーの両親の子供だと・・・いや、なかなかの負けず嫌いきかん坊かもしれません。
でも、スキーが楽しいと思ってくれたのは、何よりも嬉しいことです。  hisa

[ 2010/02/08 22:43 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

蔵王スキー場へ

昨日昼頃の山形市内の積雪とペンション周りの積雪、ほぼ同じでした。
残念ながら里雪でしたね。

冷え込んだけれどお天気が穏やかな今日、蔵王スキー場に行ってきました。
空いていて雪質も良く最高でした。
樹氷が気になっていたので、何度か山頂線に乗って流れる雲の合間にやっと写真を撮ってきました。

1265321642.jpg

少し細身ですが・・・復活中でした。

[ 2010/02/04 22:53 ] 日常 | TB(-) | CM(0)