蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

Yさん、有難うございました

Yさんがペンションに初めていらしたのは、昭和55年の12月でした。
この年は降雪が遅れて、20日を過ぎてもゲレンデに雪はありませんでした。
「雪があっても無くても行きますから」と言っていたYさんは、スキーに来たのに2日間は街の観光でした。
でもクリスマスになってようやく滑降可能になったのです。
それからと言うもの、毎年来てくれているのです。
大学の仲間たちと、そして、ハネムーンでも家に来てくれました。
ご家族で、ご両親を連れて、職場の仲間たちと、季節も冬だけではなく、夏も、秋もやってきてくれました。そして、もういつの間にか30年も続いているのです。
今回もすでに退職されてしまっている友人も連れて来てくれました。
やはりYさんの人柄なのでしょうか。
こんなにも素敵な方が常連のお客さんで、オーナー冥利に尽きるというものです。
感謝!!

20100131s.jpg  
Yさんグループ 後列右端がYさん

[ 2010/01/31 22:59 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

地元の山仲間と

山形の山仲間と、刈田~熊野~地蔵岳~黒姫~放牧場~永野までのコースを、山スキーで行ってきました。

1264382569.jpg 
リフト沿いの霧氷がきれいでした     photo by toku



1264382612.jpg 
遠くの山には雲がまとわりついていました   photo by toku

 


1264382723.jpg 
御田の神


心配した樹氷もリフト終点付近は落ちていたけれど、御田の神付近まで行くとしっかりと着いていて安心しました。
今日の天気予報では雪でしたが、穏やかに晴れ、でも、さすが稜線に出るとガスに包まれ、強い、冷たい西風に翻弄されます。


1264413333.jpg 
熊野岳の肩で

 
熊野岳に着くとガスが晴れ、展望が広がり嬉しくなります。

地蔵尊前にはたくさんの人たちがいてびっくりです。
黒姫まで一気に滑り、蔵王ラインを渡ります。
ここまで来ると稜線の風がうそのようです。

1264382835.jpg 
放牧場             photo by toku


放牧場の雪原ではカモシカにばったりと会いました。
挨拶したらキョトンとしてました。
ここではいろんな動物たちを見ることが出来るのでとても楽しいです。

1264392494.jpg 

この後出迎えの女房は車を置いた上野原へ、我々3人は雪があるのを確認して永野部落S字へ下りました。
永野まで行くと、標高差1500メートルを滑ったことになります。
思いがけず天気に恵まれ、ご機嫌な一日となりました。

[ 2010/01/24 23:05 ] | TB(-) | CM(0)

園地の風景

霧氷がきれいな園地です。


1264289950.jpg 

20日に雨が降ったので、締まった雪面にのった新雪が気持ちの良い朝です。
クロカンの人が黙々と練習をしていました。
晴れは束の間で、間もなく曇が広がってしまいました。

[ 2010/01/23 23:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

メルヘンの世界

ライザスキー場の上には、樹氷原が広がっています。
その樹氷原に立つと、まるでメルヘンの世界に入ったような気がします。

1263996816.jpg 
                  


今年は降り始めが遅かったせいかまだ少し心もとない気もします・・・
成長途上のこの樹氷、さらに立派な樹氷へと育って欲しいのですが、明日からの天気が気になります。
ここ2~3年、出かけられなくて樹氷の写真を撮っていません。
今年こそは撮りに行きたい!と思っているのですが・・

[ 2010/01/19 23:41 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

新 顔

冬の餌台には野鳥がたくさん来ます。
シジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、ヒガラ、ヤマガラ、アカゲラなど。
体の大きいアカゲラ以外ではゴジュウカラが一番強いようで、自然界の法則?に従い順番に餌を食べています。


1263782311.jpg

しかし、今日のゴジュウカラは他の鳥が餌を食べているのをじ~っと見ているのです。
まるで木のコブにでもなってしまったように・・・

 


1263782598.jpg

10分以上経った頃、やっと餌台に移りました。
どうやら新顔のゴジュウカラだったようです。
小さな小鳥たちはさっと近くの枝に飛び移り、ゴジュウカラが食べ終わるのを待ちます。

だいぶ冷え込んだ朝でした。

[ 2010/01/16 23:45 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

クロスカントリーコース

無雪期のクロスカントリーコースを利用し、冬期のクロスカントリーコースとして今までも活用はしてきました。
しかし、全日本スキー連盟(SAJ)の公認ではなかったため、昨年その申請をしました。
早ければ4月ごろには公認を得られるようです。
これからはいつきてもクロスカントリースキーを楽しめることと思います。ご期待ください。

 横浜からいらしたテレマーカーの I さんは、大学の数学の教授です。
うちに来始めてもう15年になるでしょうか。
テレマークスキーとクロスカントリースキーの両方楽しんでいます。

1263489831.jpg 



1263489845.jpg


今日は今シーズンの初日でもあるし、天候も荒れ模様なのでクロスカントリースキーを楽しみました。
圧雪した上に20センチほどのふかふか雪が積もっていて、最高の条件です。
シールを貼った山スキーで歩いているオーナーは追いかけるのが大変でした。  hisa


[ 2010/01/14 23:49 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

山スキー仲間

年末年始の終盤に山スキー仲間が10名で来てくれました。
降雪が遅かったために、今回が初滑りという方が多かったようです。
今回は番城山に一緒に行くことになっていました。
天気予報は、“大荒れ”になっていましたが日差しもあり、青空ものぞいて予報はまるでうそのようです。
これが曲者なのです。大荒れになる前のほんの数時間はこんな穏やかな天気になるのです。
これにだまされて冬山での遭難がどれだけあったことでしょう。

1262912640.jpg 

登りはじめて2時間後、早くも強い冷たい風と共に雪が降ってきました。
無木立の蔵王の山稜はこんな時はとても歩くことなど出来ないかもしれませんが、ここは標高も低く、山頂まで樹木に覆われているのでみんな冬山の厳しさを味わいながら登りました。


1262912726.jpg 

番城山山頂

晴れていれば蔵王連峰の展望が素晴らしいのですが、今日はちょっと残念です。
登りに喘いだ標高差900メートル、帰りはスキーなので楽しむことが出来ました。

 

翌7日は久し振りの素晴らしい天気となりました。
1263047231.jpg 

 昨日登った番城山  坊平からズームで   photo  kimura

 


今日は9名で刈田岳に行ってきました。帰ってきた皆の顔は笑みが溢れていました。
やはり晴れは嬉しいです。

1263046879.jpg
刈田岳を下る    photo  kimura



1262913233.jpg 
南蔵王、不忘山方向から湧いていた、まるで噴火のような不思議な雲  photo  fujikura

これから本格的なシーズンが始まります。
皆さん気をつけて安全な山スキーを楽しんで下さい。   hisa

[ 2010/01/07 23:04 ] | TB(-) | CM(0)

Kさん家のお正月

新しい年も3日となりました。
雪降りも、落ち着いた優しい降り方になってくれました。

1262563034.jpg


毎年来ていただいているKさんファミリー、もう20年を過ぎました。嬉しいです。
今日も愛犬MARを連れてゲレンデに行きました。
ご主人はペンションで箱根駅伝に集中しています。
ご家族で過ごすこの雪山での1週間、ほのぼのとしていて、私たちも心が温かくなります。
嬉しいおすそ分けです。

[ 2010/01/03 22:20 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

新 年

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新しい年の初めは大荒れの一日でした。
まだ降り続いています。

[ 2010/01/01 22:23 ] 日常 | TB(-) | CM(0)