FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

御田の神、往復ランニング

このところ週末になると天気が悪いという悪循環となってしまっています。農林水産だけで1700億の被害とか、すべてを合わせたらとんでもない数字になるでしょう。予算がないから堤防を高くできないではなく、もっと方法はあるはずです。河川には上流から流れてきた土砂が絶えず堆積しているのですから。

月曜日、週末のお客さんには申し訳ないくらいの抜けるような青空、快晴になりました。

20191028-1.jpg 
午後、御田の神までの往復ランをしてきました。

DSC_0652.jpg 

20191028-2.jpg 
草紅葉もとうに終わり寒々しい晩秋の湿原でした。

 DSC_0655.jpg 
日没の美しい時の移ろいに何度も足を止めてしまいました。

DSC_0656.jpg 
ゲレンデの標識の向こうに沈んでいく太陽
飯豊、朝日、月山の山並みが黒いシルエットになり、空がオレンジ色に染まって神秘的でした。 hisa
[ 2019/10/28 23:52 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

最後のカルガモ旅立ち?

ペンション村の池で育ったカルガモ9羽は、台風19号の近づく前に8羽が飛び立ちました。
残った1羽はどうして飛び立たないのか?飛べないのか?心配していましたが、昨日の夕方4時頃、池から飛び立つのを目撃しました。
力強く西の方向に飛んで行きました。
「なんだ飛べるんじゃない」と、ひと安心。
ちょっと気になって今朝池に行ってみましたが、やはりいませんでした。
又戻って来ても来なくても、立派に飛べるので心配ないでしょう。
いつもの年より一か月遅れで生まれた雛も、1羽も欠けることなく成長し地域住民を和ませてくれました。

20191022_094105.jpg 

小雨降る朝の池です。
紅葉が坊平高原まで下りてきました。
[ 2019/10/22 10:57 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

カルガモ君たちの訪問

池のほとりで生まれたカルガモ君たち9匹も早2か月が過ぎ、もうすっかり大人と変わりません。
池から流れる川に近いペンションには前から遊びに行っているようでしたが、今日はうちの方にもやってきました。
もう大きくなったし、雪に閉ざされる坊平を離れる日も間近でしょう。
もうじき見られなくなるのかと思うと、ちょっと寂しい気にもなります。hisa


[ 2019/10/08 14:44 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

9/29蔵王坊平ヒルクライムが開催されました

エコーラインを使用してのヒルクライムは宮城県側ではずいぶん前から行われていましたが、山形県側では初めてになります。
上山市、県自転車競技連盟、山形放送などが実行委員となり進めてきたのです。
距離28キロ余り、標高差1529メートルのコースに県内外の選手256名がエントリーいたしました。

CIMG0013top1.jpg 

CIMG0024top2.jpg 
ここ坊平はほぼ中間地点、先頭集団は3名、力強くペダルをこいでいきました。

CIMG0049m_201910011102239a8.jpg 

CIMG0047m_20191001110222796.jpg 




次から次へと通過していきます。
苦しそうに走ってる人、応援に笑顔で答える人・・・様々です。

トップは刈田岳山頂に1時間11分47秒33でゴール。
ちなみに39名の選手がリタイヤだったそうです。

これだけ長いコースはなかなかないようです。景観も良いし、第2回の大会にはもっとたくさんの選手のエントリーが望まれることでしょう。
選手の皆さん、実行委員の皆さん、ボランティアの皆さん、お疲れさまでした。 
hisa



[ 2019/09/30 10:17 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

秋色に染まりました

登山道を御田の神湿原まで往復のランニングをしてきました。
標高差は600メートル、15000歩でした。
山を走るのはやっぱり気持ちいいです。

DSC_0519.jpg 
湿原は夕刻の陽を浴びてオレンジ色に染まっていました。

DSC_0516.jpg 
登山道沿いにナラタケが出ていました。
夕飯の味噌汁に...美味しかったです。


20190919.jpg  
ゲレンデのカモシカコースのススキが銀色に輝いてました。
私の頭も銀色に光っていたかもしれません hisa
[ 2019/09/19 23:13 ] 日常 | TB(-) | CM(0)