FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

ファミリーのお客さん

このところずっと合宿のお客さんでしたが、きょうは2週間ぶりにファミリーのお客さんで福島からです。
昼間はリナワールドで遊び、ペンションに着いてからは星空観察を楽しみました。

CIMG0001m_2018081400282649d.jpg 


出発の朝、これからお釜見学、それからコストコへ行く予定だそうです。
2家族なのですが、後ろの真ん中のお2人が兄妹なのです。
右のお父さんはスキー大好きとのこと、今年念願の準指を天元台スキー場で取ったそうです。
そして、スキーヤーの憧れでした佐藤正人さんと今でも一緒に滑っているそうです。
上体のぶれない美しい滑りの佐藤さん、66歳になる現在も昔のような美しい滑りを披露してくれているそうです。
帰り際、子供さんたちに「夏休みの宿題もがんばってね」と言ったら、「もうとっくに終わってます!」と答えてくれました。
ありがとうございました。    hisa

[ 2018/08/13 22:16 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

新潟県陸上部 合同合宿

20数年前、小出高校陸上部のT先生が合宿で来てくれました。
それ以来、毎年来てくれるようになりました。
一校だけではなく何校かでの時もありました。
それがいつしか、8校100名単位の合宿となっていったのです。
宿泊も5軒から6軒となっていきました。
T先生は、あの時から3校目の高校になりました。
今回もペンションへ入ってくるなり
 「坊平に来ないと夏が始まらない・・・」とおっしゃっていました。
数年前、火山活動のために合同合宿が中止になったことがありました。
でも、自分の勤める高校の陸上部のメンバーを誘って来てくれました。
その年、村上高校のI先生は火山の落ち着いた9月、合宿に来てくれました。
2人の先生は、20数年前からずっと、ずっと、坊平へ来てくれて、合同合宿でも必ずうちに泊まっていただいています。
20代でしたT先生も今年50歳になられたとか、今回の合宿の開講式では祝辞を述べる存在になりました。

CIMG0001m_2018081223573341a.png
3日間の合宿を終えて帰られる時、皆さんの嬉しそうな表情が何とも言えません。
来年の予約もいただきました。ありがとうございました。         hisa

[ 2018/08/12 21:52 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

利府高校 陸上部の合宿

今回は秋田での合宿の後にきてくれました。
生憎の台風による雨模様の天気が続きましたが、疲れも見せずに走り込みをしていました。
朝は4時半、まだ薄暗い中出かけて行っていました。
雨に濡れたクロカンコースの芝はよく滑り、だいぶ体力を消耗したようです。
2日目の夕方は、頑張って走ったご褒美に蔵王温泉に入りに行きました。

1_2018081116503846d.jpg 
秋田と合わせて5日間の合宿、お疲れ様でした。

CIMG0005m_2018081116503900c.jpg

来年の予約もいただきました。笑顔が遠ざかっていきました。  hisa


[ 2018/08/10 22:04 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

宮城県陸上部合同合宿

今回で3回目となる合同合宿が終わりました。
5校140名ほどの参加でしたので5軒に分宿しての合宿になりました。
お天気が心配だったのですが、3日間とも穏やかでいい練習ができたようです。

CIMG0001m.png 

帰られる日の午後、小雨模様だったので食堂での記念写真、女子高生22名に若い先生が2名、賑やかでとっても楽しそうでした。

来年のご予約もいただきました。ありがとうございました。         hisa
[ 2018/08/08 22:14 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

蔵王坊平クロスカントリー大会

第43回蔵王坊平クロスカントリー大会が開催されました。このところの酷暑のため、大会事務局ではコース中に選手にシャワーをかける様にしたり、アイシングできる様にしたりと苦労していました。
が、あにはからんや、非常に涼しい走るのには絶好の条件となりました。
そのため新記録も出ていたようです。


CIMG0027m_2018080612221339c.jpg 
大会会場の風景



男子ジュニア駅伝のスタート、35チームでの争いですが、山形が1位、上山は2位でした。



CIMG0029m_20180806122214fcf.jpg 
女子ジュニア駅伝の表彰式の様子

yuza1.jpg 
お泊りいただいた遊佐町チームも大健闘いたしました。
大会が終わる頃、雨がポツポツ降ってきました。

大会最後の種目、シニア3000メートルには、かつて100キロマラソンやフルマラソンを共に走った友人たちが出場、にこやかに走るその姿に感動、たくさんの元気をいただきました。
また、クロスカントリースキーの大会で活躍されている皆さんが、それぞれの自身の体力強化のためにこうして無雪期の大会でも頑張ってることにも感動いたしました。
たくさんの選手の皆さん、応援の皆さん、ボランティアのみなさん、大変お疲れ様でした。     hisa

[ 2018/08/05 22:33 ] 日常 | TB(-) | CM(0)