FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

紅葉の月山へ

春の月山以来すっかり山に魅せられてしまった我が家の長男。
その後、鳥海山3回、秋田駒、4~5日前には大朝日に行ってきました。
秋の月山に行った事がないと話していたら、誘ってくれました。
ちょうど仕事の切れ目で、休みを取ったのだそう。
月山は6月以来なんと4回目だそうです^^;

CIMG0003m_20191003132030543.jpg 
良いお天気です。


CIMG0010m_2019100313203200d.jpg 

CIMG0013m_20191003132033159.jpg 

CIMG0017m_201910031320349d5.jpg 

DSC_0091m.jpg 
山頂直下で懐かしい声にふと顔を上げると、なんと山スキー仲間のkさん夫妻が下山するところでした。
栗駒、鳥海山、月山と見頃の紅葉を楽しんできて、今日東京に帰るのだそうです。
思いがけないところで会えて嬉しかったです。

20191002_114942m.jpg 
ビックリマーク?

top.jpg 
月山山頂

CIMG0020m_2019100313245857b.jpg 
月山の三角点は、山頂神社から庄内側に少し下った所にあります。

CIMG0022m_20191003132501d1a.jpg 
米どころ、庄内平野。

CIMG0031m_201910031408211c6.jpg 

DSC_0552m.jpg 

CIMG0005m_2019100313252232d.jpg 
帰るのが惜しいようなきれいな紅葉でした。
[ 2019/10/02 22:22 ] | TB(-) | CM(0)

月 山

月山に行ってきました。
本当はもう少し後のキスゲの咲く頃と思っていたのですが・・・それぞれの都合で今日となりました。

2P6180630m.jpg 

uba_2019061914134833c.jpg 
姥が岳の雪も、だいぶ少なくなってきました。

リフトを下りる時、「山開きはまだです。アイゼンは持っていますか?」と係員が注意喚起をしていました。


 CIMG0013m_20190619141350e9b.jpg 
雪の斜面を登って姥が岳まできました。
予想通り、姥が岳の花はまだこれからでした。

CIMG0018m_20190619141351506.jpg 

稜線ではウスユキソウが見頃に
CIMG0040m_201906191440467e8.jpg 
ミヤマウスユキソウ

CIMG0027m_20190619141353daa.jpg 

CIMG0028m_201906191436094e0.jpg 
ミヤマキンバイとマイズルソウ

CIMG0032m_20190619143610cb0.jpg 
ウズラバハクサンチドリ

CIMG0043m_2019061914361213b.jpg 
笹の影に隠れて咲いていたシラネアオイ
 
CIMG0036m_20190619143613e5c.jpg 
ハクサンイチゲ

CIMG0047m_2019061914365069f.jpg 
エゾノツガザクラ? 咲き始め。


2P6180693m.jpg 


CIMG0042m_2019061914253830b.jpg
牛首に向かって雪の斜面を15~6人のグループが登ってきましたが、山頂へは向かわず尾根を帰って行きました。



CIMG0057m_201906191429335cd.jpg 
月山への登り道、振り返ってみました。

CIMG0051m_201906191425408dc.jpg
山頂は、ハクサンイチゲが満開でした。

2P6180714m.jpg
山頂神社で暫く待ったのですが、霧が晴れないので下山することにしました。

CIMG0054m_20190619143649333.jpg
神社の石垣に咲き始めのイワウメがありました。


CIMG0055m_20190619142543da1.jpg
 
DSC_0396m.jpg
雲が多くすっきりしない一日でしたが、幸運な梅雨の晴れ間でもありました。

CIMG0066m_20190619143244189.jpg 
帰りに地蔵池に寄りました。
静かでミズスマシの波紋だけが広がっていました。


[ 2019/06/18 22:15 ] | TB(-) | CM(0)

野火止山の会の皆さん

13日から4日間の日程で野火止山の会の皆さんに来ていただきました。
大変元気な皆さんで、リーダーを務めるFさんは70歳でマナスルに登頂された経歴なのです。
2日目には南蔵王の不忘山を往復、高山植物がたくさんで大満足されていました。
朝は7時に登山口へ送り、夕方は5時に迎えに行きました。朝は周辺にはたくさんの車が駐車してありましたが、迎えに行った時には1台もありませんでした。
最近、南蔵王は大人気で平日でも多くの登山客で賑わっています。
特にこの花のシーズンは特別多いのです。

DSC_0384m.jpg 
これから南蔵王へ行く皆さん、前方の登山口には大勢の登山者がたくさん!!

3日目は雨模様のため、御田の神の湿原を散策後、登山道を坊平まで歩かれました。
刈田へ行くシャトルバスも刈田リフトも運休でしたが、雨はそれほどひどくはなく楽しめたそうです。


20190616_085708m.jpg 

4日目には西蔵王の竜山の予定でしたが、天候も思わしくなく早めに帰途につかれました。

高山植物に歓迎されて笑顔の皆さんでした。
ありがとうございました。            hisa

[ 2019/06/16 16:33 ] | TB(-) | CM(0)

御田の神

だいぶ日も傾いた頃、御田の神にやって来ました。
チングルマも前回来た時から4~5日で見頃を迎えたようです。
CIMG0008m_2019061314093605f.jpg 

CIMG0013m_2019061314093788a.jpg 

CIMG0016m_20190613140938068.jpg 
チングルマもややピークを越してワタスゲが盛りとなっていました。

CIMG0019m_201906131409404f9.jpg 

CIMG0021m_2019061314094149b.jpg 

CIMG0022m_201906131411195b4.jpg
ヒナザクラも咲いています。

CIMG0023m_20190613141120dd5.jpg
チングルマ

CIMG0031m_20190613141122aab.jpg
イワカガミとワタスゲ 遠くに熊野岳

CIMG0041m_20190613141123cba.jpg
エコーラインを渡って登山道沿いのチングルマ

20190612_165052m.jpg
ハクサンチドリ咲き始めです。

20190612_165649m.jpg
この建物は以前は開いていませんでしたが、休憩所として使えるようになっていました。
ここを管理している会社のご好意でしょうか。
ガランとしてイスもありませんでしたが、お天気の悪い日には雨風を凌げるだけでも有難いと思います。
右端の建物はトイレです。

20190612_165534m.jpg
このバス停は山形発刈田岳行の路線バスの停留所です。
7/31までは土日祝日のみ運行、8/1~10/27は毎日運行となっています。

2_201906131416392f0.jpg
上山発の無料シャトルバスのバス停は、左奥の刈田リフト乗り場前にあります。

御田の神湿原は、これからキンコウカの頃までしばらく楽しめます。

[ 2019/06/12 23:50 ] | TB(-) | CM(0)

ひだまり山荘トレラン部

私たちがかつて所属していた山岳会のちょっと後輩の営むスポーツ店、ひだまり山荘トレラン部の皆さんに来ていただきました。
トレラン部第1回の合宿を蔵王を選んでいただきとても嬉しいです。
24名を乗せたバスは早朝の飯能市を出発、昼過ぎに刈田岳に着き、熊野岳、地蔵山から蔵王温泉へと走りました。
今まで続いていた晴天が嘘のように、今日は小雨交じりの天候にはなりましたが、途中雲海も望めたようです。
温泉に入った後、ペンションに到着、さっそく楽しい夕食が始まりました。
お酒も進み、豪華賞品の当たる抽選会もあったりと、和やかに夜が更けていきました。

翌朝は5時からの朝練、グラウンドで1時間のランニング、朝食後7時にはもう出発です。
今日は刈田峠からの南蔵王の稜線を硯石まで走られました。
咲き始めた高山植物も元気な皆さんを励ましてくれたことでしょう。

1_20190610040654baf.jpg 

出発の朝、霧は漂ってますが雨の心配はなさそうです。
皆さんありがとうございました。
スタッフのOさん(右)、I さん(左)お疲れさまでした。
I さんは月山の麓、西川町に16年も住んでいたことがあり、フルマラソンの記録保持者でもあるすごい方なんです。
Oさんは日本山岳耐久レース”ハセツネ”には毎年出場、今年も東京マラソンを走りました。

ひだまり山荘は飯能の本店のほか、池袋西武8F、川口にもあり、登山用品やランニング用品を中心に販売、また店で運営している「ひだまり山の会」では月に2度ほどの山行も行っている大変行動力のあるエネルギッシュなお店です。 hisa
[ 2019/06/09 22:07 ] | TB(-) | CM(2)