FC2ブログ

蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

刈田岳へ

ピーカンの後は雨が降りました。
暖かいこともあって山の上も雪でなく雨だったようです。
Yさんと入れ替わりにTTC(東京トレッキングクラブ)のKさんグループがやってきました。
なんだか申し訳ない気持ちで「雨が降ってしまったんですよ」と言うと、「来れただけで幸せ」という返事が返ってきました。
なんとも嬉しい言葉です。

到着日はペンション周辺で足慣らし。翌14日に刈田岳まで行ってきました

CIMG0007m_20200215162418b7c.jpg
リフトトップからの歩き始め

CIMG0009m_2020021516241968f.jpg 

CIMG0010m_20200215162421623.jpg 
御田の神は濃霧でした。こんな中でも霧をかき消すような楽しいおしゃべりをしながら歩いて行きます。

CIMG0018m_20200215162422770.jpg 
初参加のKさんは「吹雪け~吹雪け~」と叫んでいます。そんな景色を体験したくてやって来たみたいです。
そう叫ぶ余裕のあるあたたかい稜線です。

CIMG0019m_20200215162424d1b.jpg 
間もなく刈田岳

CIMG0027m_20200215162924993.jpg 
鳥居の雪庇は落ちてしまっていましたが、神社はまだびっしりと張り付いていました。
お釜は見えませんでしたが、刈田岳のピークを踏めたことは良かったと思います。

CIMG0030m_20200215165501f5f.jpg 
御田の神の樹氷は、復活する事ができるでしょうか? 
まだ樹氷の土台が残っている木もあるので期待したいですね。

CIMG0038m_2020021516292505b.jpg 

CIMG0040m_20200215162927dec.jpg
ブナ林を歩き

1_20200216005122742.jpg 
〝バンザイをしている仮面ライダー〟みたいなオオカメノキの冬芽を見ながら

CIMG0042m_202002151629285fc.jpg 
シリセードを楽しみ、ライザレンタルショップ裏まで歩いてきました。



翌日はリフトを1本乗り、巨木に会いに行ってきました。
下りはお清水の森を抜け、ペア1リフト沿いの林を歩き、キャンプ場を通って帰ってきました。
CIMG0048m_20200215162930281.jpg 

新しいメンバーを交え、今年も元気に楽しく歩きました。
皆さん、お疲れ様でした。
[ 2020/02/15 21:13 ] | TB(-) | CM(0)

樹氷の様子

 昨日、一昨日で50cmほどの積雪があったので、樹氷も育っているかもしれないと思い見に行ってきました。

CIMG0004s_2020012302302335f.jpg 

CIMG0011s_20200123023025947.jpg 
リフトトップの景色は、一見樹氷に見えますがまだまだこれからですね。

CIMG0013s_202001230230263ee.jpg 
スノーシューの先行者が見えます。

CIMG0016s_20200123023028ae4.jpg 

CIMG0017s_2020012302302985f.jpg 
リフトトップから少し上は、沢がまだ埋もれていなくて見慣れない景色です。
先行者はクアオルトの人たちでしたが、潜るらしくて引き返していきました。


CIMG0018s_20200123023031e7f.jpg
一段登ると樹氷が見えてきました。

CIMG0022s_20200123023032bc7.jpg
まだ成長途上です。

CIMG0026s_20200123023034dbe.jpg


CIMG0028s_20200123023502183.jpg
御田の神

CIMG0042s_2020012302350391f.jpg
細身だけれど樹氷がいっぱいできていますね。
御田の神まで来たら急にコースのポールを直してもらった事を思い出しました。

CIMG0049s_202001230235044f9.jpg
刈田岳夏山リフトを右に見ながら廃線リフト跡を登って行きます。
視界が良い時はコース沿いのポールなど気にせずに登るのですが・・・
このルートの上部のポールが大きく迂回していて気になっていたのです。

CIMG0050s_20200123023507db0.jpg



CIMG0049up.jpg
登りは廃線跡を登って行くからいいのですが、帰りはあの斜めのポールを見つけたら7~8m左(南)の本来のルート(廃線跡)に戻ると良いですね。
紛らわしいポールは抜いてくれたようです。どうしても抜けないポールもあったと聞きましたが、雪に埋もれたらしく分かりませんでした。


CIMG0056s_20200123023509c65.jpg
刈田岳

okama.jpg
太陽が傾いて、お釜が影になっていました。

CIMG0067s.jpg 
熊野岳

la.jpg
御田の神まで戻ってきました。

20200122_155540s.jpg  
夕日に向かって帰ります。穏やかな一日でした。     
                        y

[ 2020/01/22 22:48 ] | TB(-) | CM(0)

紅葉の月山へ

春の月山以来すっかり山に魅せられてしまった我が家の長男。
その後、鳥海山3回、秋田駒、4~5日前には大朝日に行ってきました。
秋の月山に行った事がないと話していたら、誘ってくれました。
ちょうど仕事の切れ目で、休みを取ったのだそう。
月山は6月以来なんと4回目だそうです^^;

CIMG0003m_20191003132030543.jpg 
良いお天気です。


CIMG0010m_2019100313203200d.jpg 

CIMG0013m_20191003132033159.jpg 

CIMG0017m_201910031320349d5.jpg 

DSC_0091m.jpg 
山頂直下で懐かしい声にふと顔を上げると、なんと山スキー仲間のkさん夫妻が下山するところでした。
栗駒、鳥海山、月山と見頃の紅葉を楽しんできて、今日東京に帰るのだそうです。
思いがけないところで会えて嬉しかったです。

20191002_114942m.jpg 
ビックリマーク?

top.jpg 
月山山頂

CIMG0020m_2019100313245857b.jpg 
月山の三角点は、山頂神社から庄内側に少し下った所にあります。

CIMG0022m_20191003132501d1a.jpg 
米どころ、庄内平野。

CIMG0031m_201910031408211c6.jpg 

DSC_0552m.jpg 

CIMG0005m_2019100313252232d.jpg 
帰るのが惜しいようなきれいな紅葉でした。
[ 2019/10/02 22:22 ] | TB(-) | CM(0)

山路クラブの皆さん

横浜にある山の会の皆さんが来てくれました。
今回のリーダーのTさんはかつて山スキーのクラブで一緒、奥様ともども随分色々な所に行きました。
山路クラブは今年創立62年の歴史ある山岳会でもあるのです。
初日は蔵王温泉より地蔵、熊野岳、刈田岳を縦走し坊平へと下山しました。
紅葉も始まり、お釜も見えて、皆さん大満足でした。

CIMG0008m_201909301023584ca.jpg 

2日目、今日はエコーラインで自転車のレース、ヒルクライムが開催されるため午前7時半以降は車の通行ができなくなるので、6時に朝食、7時に刈田峠まで送っていきました。
この日は芝草平、屏風岳からろうずめ平を通って再び刈田峠に戻るコースを歩かれました。
そして刈田駐車場を午後のシャトルバスでお帰りになりました。
私たちはペンション村入り口のバス停でお見送りいたしました。
今回の最高齢は80歳とか、とても元気で、食べ終わった食器も率先して下げていただきビックリでした。
こまめに動くことが元気の秘訣とのことでした。

出発前の皆さん、一人車で来られたGさんはヒルクライムで通行止めになる前に早めに出られ別行動になりました。
今度は2月、スノーシューでの山行を企画中とのこと、皆さん、ありがとうございました。 hisa
[ 2019/09/29 23:50 ] | TB(-) | CM(0)

月 山

月山に行ってきました。
本当はもう少し後のキスゲの咲く頃と思っていたのですが・・・それぞれの都合で今日となりました。

2P6180630m.jpg 

uba_2019061914134833c.jpg 
姥が岳の雪も、だいぶ少なくなってきました。

リフトを下りる時、「山開きはまだです。アイゼンは持っていますか?」と係員が注意喚起をしていました。


 CIMG0013m_20190619141350e9b.jpg 
雪の斜面を登って姥が岳まできました。
予想通り、姥が岳の花はまだこれからでした。

CIMG0018m_20190619141351506.jpg 

稜線ではウスユキソウが見頃に
CIMG0040m_201906191440467e8.jpg 
ミヤマウスユキソウ

CIMG0027m_20190619141353daa.jpg 

CIMG0028m_201906191436094e0.jpg 
ミヤマキンバイとマイズルソウ

CIMG0032m_20190619143610cb0.jpg 
ウズラバハクサンチドリ

CIMG0043m_2019061914361213b.jpg 
笹の影に隠れて咲いていたシラネアオイ
 
CIMG0036m_20190619143613e5c.jpg 
ハクサンイチゲ

CIMG0047m_2019061914365069f.jpg 
エゾノツガザクラ? 咲き始め。


2P6180693m.jpg 


CIMG0042m_2019061914253830b.jpg
牛首に向かって雪の斜面を15~6人のグループが登ってきましたが、山頂へは向かわず尾根を帰って行きました。



CIMG0057m_201906191429335cd.jpg 
月山への登り道、振り返ってみました。

CIMG0051m_201906191425408dc.jpg
山頂は、ハクサンイチゲが満開でした。

2P6180714m.jpg
山頂神社で暫く待ったのですが、霧が晴れないので下山することにしました。

CIMG0054m_20190619143649333.jpg
神社の石垣に咲き始めのイワウメがありました。


CIMG0055m_20190619142543da1.jpg
 
DSC_0396m.jpg
雲が多くすっきりしない一日でしたが、幸運な梅雨の晴れ間でもありました。

CIMG0066m_20190619143244189.jpg 
帰りに地蔵池に寄りました。
静かでミズスマシの波紋だけが広がっていました。


[ 2019/06/18 22:15 ] | TB(-) | CM(0)