蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

花の月山

青空に誘われて月山に行ってきました。

IMG_0003m_20170708205536ce6.jpg 
リフトの下には、キスゲが咲いていました。


IMG_0007m_201707082046313b4.jpg 
リフト上駅から見る姥が岳。


uba.jpg 
スキーをする場所も限られてきました。
沢コースの雪がなくなったので、スキーヤーも登山の人も今は往復リフトです。


IMG_0011m_20170708204633494.jpg 
姥ヶ岳への登り。


IMG_0012m_20170708204635ae7.jpg 
姥ヶ岳上部


IMG_0014m_20170708204636a76.jpg 
稜線


CIMG0017m_20170711095958572.jpg 
チングルマとイワカガミ


CIMG0018m_2017071110000084b.jpg 


miyamarindou.jpg 
可憐なミヤマリンドウ


usuyukisou.jpg 
ミヤマウスユキソウ


kuroyuri.jpg 
登山道脇のクロユリ


IMG_0033m_201707082049176ac.jpg 
雪の消えたところからショウジョウバカマ


IMG_0047m_201707082049184ca.jpg 
ハクサンイチゲ


CIMG0024m_201707082052072da.jpg 
盛岡の高校生です。



CIMG0028m_20170708205208332.jpg 
登山道脇に咲くミヤマキンポウゲ


IMG_0039m_20170708205210881.jpg
キバナノコマノツメ


IMG_0046m.jpg 
山頂のハクサンイチゲ

その他諸々は記憶に焼き付けて、花の季節の月山に来れたことに感謝して下山となりました。
[ 2017/07/07 22:53 ] | TB(-) | CM(0)

女神山・和賀岳

北上線ほっとゆだ駅で東京からの山友達 I さんと待ち合わせして、今日は女神山を登ります。
昨年神室山で来年は・・・と約束していました。
その時一緒だったFちゃんは、今回は参加できなくて残念でした。
次回は是非ダンナさんのYちゃんも一緒に行きましょう!
皆古くからの山仲間です。

CIMG0003m_20170630021652a53.jpg
以前からブナのきれいな山と聞いていて、登りたいと思っていた山でした。


IMG_0004m_201706301025263b0.jpg 
陽があまり差さないせいか、ギンリョウソウがたくさんありました。
でも、こんなにおしくらまんじゅうでなくても・・・^ ^


CIMG0005m_20170630022627cb1.jpg


IMG_0006m_20170630021658499.jpg 
女神山頂。反対側は、少し開けていました。


CIMG0007m_20170630021653878.jpg 
気持ちの良いブナ林が続きます。


CIMG0011m_20170630103703141.jpg 


CIMG0012m_20170630022839171.jpg 
白糸の滝。ここまで来ると終点間近です。この滝だけを見に来る人も多いみたいです。


沢内バーデン泊。夕食が豪華でした。


翌日は和賀岳登山口5:50発。
登山届を出して出発です。

ブナ林を登って行き、高下分岐から下って和賀川を徒渉します。
沢床の石にコケが付いていて滑るので慎重に渡ります。
サンダルがあった方がいいですね。
10年前に来た時は、それほどサンダルが必要とは思いませんでした。
前後して歩いていたガイドさんの話では、川の流れが変わったとの事でした。
 
tosyou_20170630021945220.jpg 



CIMG0021m_20170630021656ce3.jpg
再びブナ林の急登を歩き、コケ平に出ると展望が開けて和賀岳が見えました。
花の季節には半月は早いようで、イワカガミやカラマツソウ、イワイチョウが咲いているだけでした。
あっ、雪の消えた斜面にシラネアオイが2つ咲いていましたね!
シラネアオイが残っているかな~と話ながら登ってきたので嬉しかったです。


IMG_0016m_201706300219426eb.jpg 
和賀岳到着!左後ろには田沢湖が見えています。
ガイド山行の3人が到着していて、間もなく女性3人パーティも賑やかに到着しました。


CIMG0019m_20170630021655b65.jpg 
山頂の景色を暫し堪能して下山です。


CIMG0023m_2017063011171435a.jpg 
お天気に恵まれて良かったです。

往路を戻ります。
再び和賀川までの急斜面を下り、徒渉して高下分岐まで忍耐の急登です。
高下分岐からは最後の下り・・・登山口に戻ってきました。往復およそ8時間でした。
10年前と同じタイムで歩けたのが嬉しかったかな・・・そんなふうに思うのは年齢を重ねてきたからかもです。

帰り支度をしていると軽トラがやってきました。
この辺を管理されている方だそうで、入山者について聞かれました。
登山届は10人中2~3人出せば良い方で、出してくれない人が多いとの事でした。
登山届を出した人については下山したかも気にかけて下さっているようで、この間は中々下山して来ない人がいて心配したと話していました。
有難いことですね。

間もなくガイド山行の人達も下りて来るでしょう。
東京からの女性3人グループも、山頂で楽しんで元気で下りて来るでしょう。
3パーティ9名が、きょうの和賀岳オールメンバーでした。

沢内バーデンで汗を流し、ほっとゆだ駅で早目の夕食を食べて I  さんと別れました。
I  さん、来年もまた一緒に東北の山を歩きましょう!



IMG_0020m_20170630021943c8a.jpg 
帰路は鳥海山と月山を眺めながら、尾花沢で夕日が沈むのを眺めました。
楽しい2日間でした。

[ 2017/06/28 23:22 ] | TB(-) | CM(0)

花の綺麗な時期に

御田の神のチングルマ、ヒナザクラが満開となりました。
ワタスゲも8割がた綿毛になっています。

IMG_0011m_20170620234846f71.jpg


IMG_0040m_201706202356545a7.jpg 


IMG_0021m_20170620235912ffa.jpg 


IMG_0019mm.jpg
 
冬に何回も来ているkさんと I さんは、緑の季節は初めて。
ちょうどチングルマのきれいな時期に来ていただきました。


IMG_0026m_20170620234018838.jpg 



watasuge.jpg 
綿毛になるまでのワタスゲと、真ん中は綿毛完成のワタスゲ。
そういえばワタスゲの花を見た事がありませんでした。
来年は超地味だという花を見に来よう!


CIMG0002m_201706202340164b4.jpg
雲海の上に浮かぶ大朝日岳


CIMG0001m_201706202343215c6.jpg
2日目は芝草平に行かれました。  (南蔵王登山口にて)
やはりチングルマが満開で、木道から間近に見られて良かったと喜んでいらっしゃいました。
芝草平ではNHKの〝小さな旅〟の撮影が行われていたそうです。
旅人は山本哲也アナウンサーで、一緒に記念撮影もバッチリ!!
日頃からこの番組を見ていたそうで、良い思いでになりましたね。
放送は7月23日だそうです(首都圏)。

[ 2017/06/19 23:19 ] | TB(-) | CM(0)

チングルマ

御田の神のチングルマが見頃となりました。
この所の低温続きで、あと2~3日で咲き揃いそうです。

IMG_0039l.jpg 


20170615_103238m.jpg

[ 2017/06/15 14:36 ] | TB(-) | CM(0)

御田の神

御田の神に様子を見に行ってきました。

IMG_0007m_201706091410201e2.jpg 
ヒナザクラは咲き始めです。群生と言っても、こんな感じでバラバラ咲いています。


IMG_0026m_201706091410210a7.jpg 
チングルマもやっと咲き始めたところで、あと4~5日、来週半ばが良さそうです。

蔵王では珍しく山伏さんに会いました。
修行で、坊平のお清水の森から御田の神、刈田岳、熊野岳を通り中丸山を下る周回コースを歩くのだそうです。
登って来た登山道沿いのサラサドウダンもあと4~5日で見頃になるとか・・・チングルマと花期が一緒のようですね。
蔵王も花のきれいな季節を迎えました。

[ 2017/06/09 14:20 ] | TB(-) | CM(0)