蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

雪解け

雪解けが、だいぶすすみました。 
でもまだ肌寒い日もあって、27日は「山頂付近、雪と路面凍結」で半日エコーラインが通行止めとなりました。
5月のGW中は、天候も良さそうで気温も高くなりそうな予想です。

CIMG0001m_20170429103049358.jpg


CIMG0004m_20170429103051b73.jpg 


CIMG0006m_20170429103052c93.jpg 

「たいらぐら」からの道も、もうすぐ雪が解けて開通?です。
[ 2017/04/28 20:29 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

シナノキ

我が家の庭に、ナラの木に混じって2本だけ(根っこは1つかも)シナノキがありました。
今日はその木を伐採してもらいます。
1_20170426102607eb6.jpg 


CIMG0002m_20170426102608bd8.jpg 


CIMG0034m_20170426102611bf7.jpg
以前から、なんの穴だろう・・・と思っていたのですが、どうやら「カミキリムシ」の穴のようでした。
この穴が、幹の上までびっしりありました。
まだ落葉の季節でもないのに葉っぱが落ちたりして変だと思っていたのです。
残念ですが、いずれ朽ちて危なくなるので伐採をお願いしていたのです。


CIMG0008m_2017042610261049e.jpg

CIMG0009m_20170426102753dea.jpg 
クレーン作業に邪魔な手前のナラの太い枝を切って、シナノキの枝を払ってから、少しずつ切っていきます。
昼食時間をはさんで5時間くらいかかりました。

CIMG0010m_20170426105842498.jpg 
切り株に薬剤を撒いてビニールを掛けました。
枝も少し離れた所にまとめて同様の処置をしました。
庭が、ちょっと淋しくなりました。
 
[ 2017/04/25 22:51 ] 動植物 | TB(-) | CM(0)

徳網山

小国の徳網山に行ってきました。

CIMG0001m_201704251126198b3.jpg



IMG_0017m_20170425102612462.jpg
登山道脇の残雪の上を歩いて行きます。


IMG_0024m_2017042510261287a.jpg 
目指すはあのピーク


IMG_0027m_20170425102614d3e.jpg 
ブナ林の中に立派なミズナラ


CIMG0008m_20170425102726a27.jpg 
裏側はウロになっていました。


IMG_0029m_20170425102727238.jpg 
登山道脇にはイワウチワがいっぱい。まだ咲き始めです。

IMG_0072m.jpg 
イワウチワは強い日差しが苦手みたいです。


IMG_0033m_20170425103027279.jpg 



IMG_0064m_20170425103028e6b.jpg 
カタクリ


IMG_0071m.jpg 
ショウジョウバカマ

IMG_0075m_20170425103031572.jpg 
2時間ほどで山頂到着。
本当は向こうに見えている白太郎山に、山スキーで行く予定でした。
麓に住んでいる人の一昨日のブログを見たら、登り口にはまだ雪があったので ^^;
春だから1日で一気に解けたのかな?
夏道のない白太郎山は又雪のある時期の楽しみにということで、もう一つ前から気になっていた徳網山へと登ってきたのです。
(登山靴も持ってきていました)


IMG_0083m.jpg 
白太郎山のすぐ左には祝瓶山がちょこっと顔を覗かせています。左の白い峰は朝日。


IMG_0084m.jpg 
飯豊も白く輝いています。


IMG_0081l.jpg
飯豊up

山頂の景色を堪能して下山です。
IMG_0087m.jpg 
登りでは気が付かなかった芸術的は木!?


IMG_0093m.jpg 
穏やかな春の一日を楽しみました。
[ 2017/04/24 22:37 ] | TB(-) | CM(0)

蔵王エコーライン開通しました

昨年同様今までより一週間早めの開通式です。

CIMG0004m_201704221414322cc.jpg


CIMG0005m_201704221414335b6.jpg 
熊野岳が見えてきました。

CIMG0010m_2017042214143554d.jpg






式典が終わったあと宮城県側に行ってみました。

 


CIMG0028m_2017042214180087a.jpg
井戸沢の壁。



CIMG0047m.jpg 
コマクサ平まで行ってきました。 展望台から不帰の滝


CIMG0048m.jpg 
お釜(五色岳)の裏側 振子沢方面

CIMG0058m_20170422142131f24.jpg 
引き返します。 自転車の人もチラホラ見かけました。
今年も宮城県側では、5月21日(日)に「蔵王ヒルクライム・エコ」自転車レースが開催されます。


CIMG0060m.jpg
早々に井戸沢を滑ってきた人がいました。

CIMG0064m_20170422142134b22.jpg 
車窓から南蔵王方面


CIMG0066m_2017042214251613d.jpg 
刈田駐車場で下してもらい登山道沿いにスキーで滑って下ります。
ツアーコースは御田の神避難小屋の向こう側を通っています。


CIMG0069m_201704221425173b4.jpg 
ライザスキー場リフトトップから蔵王エコーラインを見る。

CIMG0070m.jpg 
ゲレンデもだいぶ土が見えてきました。

蔵王エコーラインは当分の間(例年GW明けまで)、夜間(17:00~翌朝8:00)通行止めとなります。
また山頂付近等で積雪や凍結のおそれがある時は、終日通行止めとなりますのでお気をつけ下さい。

[ 2017/04/21 22:38 ] | TB(-) | CM(0)

月山石跳沢

仕事中に脚を痛めた主人もなんとか回復してきたので、足慣らしに石跳沢に行くことにしました。

1_20170418120556515.jpg
湯殿山(左)と姥が岳(右)の間の沢を滑ります。
 

 2_20170418120558c08.jpg
志津野営場からバスに乗ります。池は解け始めたばかりです。


3_2017041812055947e.jpg
雪の壁。



4_201704181206011f0.jpg 
遊び心がいいですね!途中には木の枝に乗っているのもありました。


5_20170418120602145.jpg 
リフトトップから月山


6.jpg 
姥が岳


7_20170418120618bba.jpg 
振り返れば、今乗ってきたリフト上駅。


8.jpg 
金姥を目指します。


9.jpg 
山頂に向かう人達


10_20170418120622251.jpg 
金姥から回り込んで湯殿山方向に滑って行きます。
湯殿山の付け根からは石跳沢に沿ってなだらかな下り。
暖かな春の陽を浴びてのんびり滑り下りました。

帰り道は、あちこちで満開の桜がきれいでした。
[ 2017/04/17 22:10 ] | TB(-) | CM(0)