蔵王の山ふところから

標高1000m、蔵王の中腹に住む私達の事、お客さんの事、山の事など・・・

敬老の日の連休 2つの合宿

尾花沢中学校スキー部の合宿

夏合宿は昨年から、今年は7月に引き続き2度目となります。
連休初日は、新潟十日町でのローラースキー大会に参加してから坊平入りとなりました。
そのローラースキーの大会、道路使用の許可のためなのでしょう午前6時スタートとのこと。
前夜に車を走らせ、夜中に到着、大会に臨み、その足で昼過ぎには来ていただきました。
コーチであり監督でもあるお父さんたちはほとんど寝ていないようで、「眠くて、眠くて」を連発しながらも、午後は早々にクロカンコースを走りに行きました。
翌日はクロカンコース、そして午後は中丸山のトレイルランでした。
最終日の3日目も、時々小雨の降る中でのクロカンコースでの走り込みでした。
来年1月の県大会は坊平ではなく真室川ですが、夏のトレーニングの成果を生かし、東北、全国へとつなげていってください。

CIMG0025m_201609201505019ad.jpg
お疲れ様でした。



山形大学ウエイトリフティング部の合宿

ウエイトリフティング部の創立はなんと1954年、しかし、昨年の復活までの20年間は部員がいない状態が続いていたそうです。
現在は女子2名を含めて10名ほどの部員がいて、復活後初めての合宿となりました。
はじめは10名でしたが、最終的に3名、そして、コーチは千葉と埼玉からこられたNさんとSさん、なんと、45~6年前に現役で全国の大会で活躍してきた方なのです。
20年という部としてのブランクで中堅層のコーチがいないので、現在も月1で山形まで通って指導に当たっていて、なんとボランティアとのことでした。
しかし、指導している目が生き生きとして本当に嬉しそうでした。
指導されているお二人も筋肉痛になるほどのハードな動きでした。

CIMG0016m_20160920150444c80.jpg 

CIMG0018m_20160920150445593.jpg

ウエイトリフティングはシュワルツネッガーのような筋肉ムキムキにするのではなく、全く異なる筋力をつけるのだそうです。


CIMG0014m_20160920150442a63.jpg
この1年生のSさん、千葉出身ですが山大に入り山形へ。
お父さんがなんと39年前に職場での同期の旅行でうちに来ていたのにはびっくりでした。


CIMG0021m_20160920150447341.jpg
4日間お疲れ様でした。

合宿の皆さん、可愛い赤ちゃん連れのKさんFamilyも・・・皆さん有難うございました。  hisa 

[ 2016/09/20 12:50 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

中秋の名月

ウドの大木に梨が??・・・いえいえ、顔が隠れていますがキビタキです。
熟した実を食べにきました。
黄色が鮮やかですね!
CIMG0001m_20160916000434c0d.jpg 



日中は太陽が出て汗ばむような陽気でしたが、夕方に少し雨が降りました。
雨は間もなく止み、雲の合間から月が顔を出しました。
きょうは中秋の名月、ちょっといびつだな~と思ったら満月は17日だそうです。

meigetu.jpg



[ 2016/09/15 23:18 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

刈田岳往復ランニング

新しいシューズの履き心地はいかに・・・きょうは夕方から雨になるというので、昼食を食べると出発、エコーラインを県境へと登っていきます。合宿中、利府高校や安孫子高校の皆さんは、この道を大きなストライドで駆け上っていったことでしょう。
そんな姿を想像しながら、息が上がらないゆっくりペースで行きます。

20160912142609.jpg
刈田リフトで従業員の方と談笑の後、登山道を刈田山頂へ。

宮城側に渦巻く霧でお釜は見えませんし寒いので早々に下ります。
この往復で約20キロぐらいでしょう。
右足の痛みもなく、大変気持ちよく走ることができました。
特にぶれないのが最高です。
こんなことなら、もっと早く購入していれば良かったと思っても、もう後の祭りというところでしょうか。

20160912144812.jpg
夏の間たくさんの花で人々を楽しませてくれた御田の神、もう草紅葉一色、その中にイワショウブの赤い実がきれいでした。


20160912145523.jpg
エコーライン沿いにはリンドウが咲いています。

また、ウメバチソウも真っ白でとても清楚に咲いてました。  hisa
[ 2016/09/12 22:36 ] | TB(-) | CM(0)

一生に一度かもしれない贅沢?

23歳の時に右足の親指と人差し指を凍傷のためなくしました。
でもそれからずっと、シューズのサイズは左右同じものでした。
タウンシューズ、登山靴、スキー靴、ランニングシューズetc、当然と初めは思っていましたが・・・
ごまかしの利かないのがランニングシューズです。
右足は中で遊んでいるのです。
長い距離を走れば、まめができたりは当たり前、それでも、100キロマラソンは30回ほど、フルマラソンが20回、それにハーフやら富士登山競争とか、そんな大会とは別に、時間があれば50キロ走や、3泊4日で200キロ走とか、トレイルランしたり、とにかく走るのが好きなんです。
今回、昨年のモデルですが、12000円のシューズが期間限定で半額というのを見つけ、26cmと25cmの2足を購入したのです。
今までスポーツ店で何度ためし履きしたことでしょう。
そのたびに、欲しい、買いたいと思いながら無駄になる片方づつのシューズを思うと買えないでいたのです。

CIMG0004m_20160910221634a82.jpg
早速、履いて走ってみました。
このフィット感の良さ、特に上り坂でのブレがありません。
まだいくらも走ってませんが、これからが楽しみになりました。
さてさて、余った左25センチ、右26センチのシューズの行方は・・・hisa

                                      
[ 2016/09/10 21:40 ] 日常 | TB(-) | CM(0)

韓国のトレイルランナー

このところ夕方にクロカンコースを走っています。
芝刈りはもちろんですが、芝のない所、へこんだ所へ山砂を入れたり、台風の影響でぬかった所へはマットを敷いたりと、メンテナンスがきちんと行き届いています。
今まで、たくさんのランナーが走った夏の後は、でこぼこで足元を見ないでは走れませんでした。
景色を見ながら、高く澄んだ青い空を見上げて走っていると、疲れも軽減されていつまででも走っていられそうなのです。

昨日の事、キャンプ場の管理センターの前で、管理人のYさんに「今韓国の女性ランナーが仙人沢の遊歩道から蔵王ラインを蔵王温泉へ行くと走って行ったけど凄いね」と。
キャンプ場内のクロカンコースをぐるっと回って管理センターの近くへきたら、それらしき人が地図を見ながら歩いていました。
片言の日本語と英語での会話、どうやら仙人沢の遊歩道がわからずウロウロとしているのでした。
もう5時になりこれから蔵王温泉まで走って行ったら暗くなってしまう、私は車で送ることにしたのです。


CIMG0002m_20160908103121881.jpg
彼女の名前は、jang Bo Youngさん 、先日蔵王で行われた、ZAOスカイランニングに参戦し、女子で9位とのことでした。

蔵王へ行く道々、彼女の口からは、日本のトレイルランの第一人者、鏑木さん、奥宮さん、松本さんの名前が・・・尊敬しているようでした。
そして、先月のツールドモンブランは55キロの部に出場したそうでした。
まだ若い彼女のこと、これからもたくさんの大会に出場し、トレイルランの楽しさを十分に堪能してください。
アンニョンイ カセヨ!!       hisa
[ 2016/09/08 09:40 ] 日常 | TB(-) | CM(0)